プルトニウム

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

プルトニウム
(Plutonium)

一般特性
名称, 記号, 番号プルトニウム, Pu, 94
分類アクチノイド
族, 周期3, 7
密度19.816 g/m3
銀白色
原子特性
原子量[239] u
原子半径175 pm
酸化数3,4,5,6,7
一応なるべく国際単位系使用
及び標準状態下。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「プルトニウム」の項目を執筆しています。

プルトニウム(Plutonium)は、原子番号94の元素であり、アルミニウム同様に金属の一種である。

また、リトビネンコ氏を始末した物質とは違うようだ。

地球上には存在しない物質であり、名前の通り、冥王星(プルト)で採取されるものである。しかし、冥王星まで人類はおろか、ロケットも到着していないはずなのだが、恐らくはドラえもんが何とかしたのであろう。

また、放射性物質で、分裂連鎖反応によって日本を沈没させたという記録も残っている。ドラえもんのいない時代にどうやって採取したかは不明だが、冥王星の軌道は非常にきまぐれなため、地球までかなり接近していたという説もある。

高速増殖炉に放り込むことによって無限に増やすことができる。その間にネオ元素を製造したり発電もできる夢の物質でもある。

販売[編集]

アンサイクロペディア・ネットショッピング♪ 本日の目玉商品はプルトニウム製ネックレスです。プルトニウムから出てくるナンとか線が、肩こり・腰痛・筋肉痛を治します。昔は高嶺の花のプルトニウムですが、当社が北朝鮮から大量に直接輸入しましたので激安特価になっております。皆様、この機会にプルトニウムの素晴らしい効果を試してみて下さい!ただし一部の人はぶっ倒れるのでご注意ください。

道具[編集]

古代にプルトニウムは、地上最強の金属とも言われ、様々に改良されていたと伝わっている。ちなみに非常に神聖なものとされていため一般には流通しなかったようだ。

古代日本ではヒヒイロカネと呼ばれ、中二病バリバリのラノベなどに書かれるものがこれであると推測される。竹内文書には、古代皇族がたくさん自分たちのもとにプルトニウムがあるのをいいことに、酢に溶かして飲んだり、尻を拭いたりしていたので今はもう無くなってしまったと記述がある。

食用[編集]

世界に先駆け日本では食品への添加が認められた。嘘みたいな本当の話である。

関連[編集]



1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18
1 1
H
2
He
2 3
Li
4
Be
5
B
6
C
7
N
8
O
9
F
10
Ne
3 11
Na
12
Mg
13
Al
14
Si
15
P
16
S
17
Cl
18
Ar
4 19
K
20
Ca
21
Sc
22
Ti
23
V
24
Cr
25
Mn
26
Fe
27
Co
28
Ni
29
Cu
30
Zn
31
Ga
32
Ge
33
As
34
Se
35
Br
36
Kr
5 37
Rb
38
Sr
39
Y
40
Zr
41
Nb
42
Mo
43
Tc
44
Ru
45
Rh
46
Pd
47
Ag
48
Cd
49
In
50
Sn
51
Sb
52
Te
53
I
54
Xe
6 55
Cs
56
Ba
*1 72
Hf
73
Ta
74
W
75
Re
76
Os
77
Ir
78
Pt
79
Au
80
Hg
81
Tl
82
Pb
83
Bi
84
Po
85
At
86
Rn
7 87
Fr
88
Ra
*2 104
Rf
105
Db
106
Sg
107
Bh
108
Hs
109
Mt
110
Ds
111
Rg
112
Cn
113
Nh
114
Fl
115
Mc
116
Lv
117
Ts
118
Og
 
  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15
*1 ランタノイド:
(Lanthanoid)
57
La
58
Ce
59
Pr
60
Nd
61
Pm
62
Sm
63
Eu
64
Gd
65
Tb
66
Dy
67
Ho
68
Er
69
Tm
70
Yb
71
Lu
*2 アクチノイド:
(Actinoid)
89
Ac
90
Th
91
Pa
92
U
93
Np
94
Pu
95
Am
96
Cm
97
Bk
98
Cf
99
Es
100
Fm
101
Md
102
No
103
Lr
 
  水素用別枠   アルカリ金属   準アルカリ土類金属   純アルカリ土類金属
  希土類   遷移金属   典型元素
  半金属   非金属   ハロゲン   希ガス
  ランタノイド   アクチノイド