PlayStation

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
プレイステーションから転送)
移動先: 案内検索
この記事には冗長性が不足しています。
改善には十分なメモリーとブロードバンド回線と大きなディスプレイが必要です。
アンサイクロペディア法
を熟読した上で、分量を増やして下さい。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「PlayStation」の項目を執筆しています。

PlayStation(プレイステーション)は、日本の軍事機関ソニーによって作られた軍事兵器。家庭内で使用できるため日本国内のみならずアメリカなど全世界で利用されている。開発はソニーアメリカの開発部。デザイナーはアメリカ人。なお、軍には配備されていない。

プレステ.jpg

機能[編集]

これまでの兵器とは一線を画し、千輪や三次元解析装置を搭載。また振動機能による「当局の検閲により削除。」も使える。本格的な軍事兵器として全世界に出荷された。超能力開発装置としての一面も有しており、ニュータイプ育成に貢献した。しかし地下鉄サリンやテポドン発射といった事件の原因ではないかと非難される。

また普通の虹色ミラー砲CD-ROMと異なり、黒ミラー砲CD-ROMと呼ばれる、反射率が低くなった家庭での使いやすさを追求した武器が搭載されることもある。1年ほどで使えなくなる時限装置がある。

初回限定特典として長時間の使用で発動する熱粒子砲があった。また内部のコンピュータが思わぬ機能を発揮し、使用者をサプライズさせて楽しませることもできた。

開発悲話[編集]

本当のPlayStationコントローラー

プレイステーション。それは、今までのソニーであれば、いつもの様に早々に消えてソニーの痛い黒歴史の一つにすぎなかったはず。それは、花札屋への怨念憎悪

ソニーと花札屋はかつて親友であり、企画当初は超ファミコンの互換機にすぎなかった。 しかし、ソニーの才能(CD-ROMライセンス権)に恐怖した花札屋の突然の裏切により、ソニーは地獄のずんどこべろんちょへ叩き落された。

既に試作機の製造も済ませていたが、カセット口とCD-ROMドライブ両搭載のプレイステーションは日の目を見ることはなかった。

ソニーは、花札屋への復讐ただそれだけの為に、あらゆる手段を用いて行動を開始した。

ハードは、2Dグラフィックス処理機能をあえて外して、なんかワークステーション用のスゴイCPU使っているのが自慢。

シリーズ[編集]

プレイステーション3に於いては、内部のコンピュータ高機能化とともに、兵器としての手軽さおよび性能が大幅に上がったため、侵略戦争のために大勢の外国人が複数台買い求めた。その勢いは凄まじく販売日当日は各国で紛争が勃発。中でも某国の軍幹部は販売店側に「物売るってレベルじゃねぇぞ」と憤怒した映像が日本中を駆け巡った。

販売戦略[編集]

PlayStationの販売戦略はまさにソニーならではの先進性に富んでおり、これをもって花札屋やセガからシェアを奪い取ることに成功した。これらの戦略はすべて現在でも十二分に通用する。

業界を変えたイノベーション戦略[編集]

玩具業界の原理で動くゲーム業界に音楽業界の手法を持ち込み[1]「ソニーはこんなに新しい。これまでは旧手法であり格好悪い、ダサい」という印象論を植え付ける戦略を実行。ソニーの名を使えばこの程度の世論操作は造作もなく、3DOとは対照的にPlayStationはいとも簡単にそのシェアを広げていった。

あたかも新しいことであるとしながら既存他業種のルールを持ち込む、これは最も手軽なイノベーションの起こし方である。[テストに出るよ!]

ゲームに対するネガティブな印象を浄化する広報戦略[編集]

当時はまだ「ゲーム」は不良オタクがやるものというネガティブな印象があり、教育ママPTAの目の敵にされていた。これを払拭するためにPlayStation界隈では周到なまでの言葉の言い換えが行われた。

まず、ゲームという言葉を使わない。コンピュータエンタテインメントとすることを徹底。社名までソニーコンピュータエンタテインメントにした。ソニーはゲームなどという低俗なものは作らない、という内外へのアピールである。この語はPlayStationソフトだけが対象であり、そうでないものは低俗な「ゲーム」であるというプロパガンダも併せて行った。また、開発者の呼び名もクリエイターとし、開発者の虚栄心を刺激。非PlayStationソフト開発者を差別する風潮を作り上げることにも成功する。

これらはソニーの広報力をもってすれば容易いことであった。そうでなくとも人はその身に降りかかる醜聞に弱く、栄誉にはより弱いのだから。

開発者を惹きつける営業戦略[編集]

ソニーはクリエイターに対して手厚いサポートを行った。ソニー営業の十八番、接待である。これで落ちない奴はいない。底辺職だったゲーム開発者ならなおさらである。

単純だがこれで彼らは100万本売れるソフトを作ってくれるのだから追加で女斡旋しても余裕でペイできる。ソニーからすればそれをしない競合他社の愚かさを笑っていただろう。

企業をがっちりサポートした宣伝戦略[編集]

ゲームショップなどに置かれた宣伝素材で、他機種版もあるはずなのにPlayStationのことしか記載されていないものを見たことがあるだろうか。これはもちろんPlayStation版だけ表記するのであれば宣伝費を肩代わりしていた。ソニーの資金力ならではの力技である。

企業からすれば宣伝費を抑えられるこの提案に乗らない理由はない。しかしソニーの目的はヘビーゲーマー達に「多機種で出るけど○○版を売る気はないんだな。」と思わせることであった。ゲーマーの機微を的確に読んだいぶし銀の戦略と言えよう。

ハードウェアの弱点をカバーする草の根戦略[編集]

PlayStationは2Dの表現が弱く、当時ゲームセンターを席巻していた2Dの格闘ゲームシューティングゲームの移植度が低い傾向があった。これに対しては「ネガティブキャンペーン」を広く実施してカバーした。

具体的にはこれらのジャンルのゲームは成熟期であったこと逆手に取り、「初心者をないがしろにしている。」、「廃人レベルのゲームキガイがやるもの。」、「やってるやつはクズ、ゴミ、ゲーオタ。」といった風評を流した。結果、これらのジャンルはゲームセンターごと衰退する。オーディオ業界で培った熱狂的ファン育成マニュアルと、それにより育成されたファンの協力あってこそなしえたソニーにしかできない草の根戦略である。

オタクを刺激し味方につけるアングラ戦略[編集]

PlayStation発売時期はCDを媒体とするゲーム機の誕生の時期でもあるが、1つ問題があった。CD-Rによるゲームコピー問題である。これについては各社対応を行っていたが、ソニーは建前だけのコピー対策を施し、簡単な電子工作で突破できるようにハードを設計したのである。むろん意図的であるが、オタクもゆとり世代が出始めた時期であり、ここまであざとい戦略でありながらいとも簡単に乗ってしまうこととなる。

この影響により秋葉原の電子パーツショップは連日の大盛況となり、秋葉原関係者もソニーには足を向けて寝られなくなった。

関連項目[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 再販制度の導入には失敗した。