プレゼント

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

プレゼント:ぷれぜんと :present)とは、いわば「贈り物」であるが、法律上規制されていない合法的賄賂の総称を指す。

善意によるものでも、タイミング次第である

利用[編集]

親交の意味合い[編集]

主に交際中の異性間において行われる。女性が動作主ならば「こんなにお高い物くれてやったんだから、勿論倍にして返してくれるわよねぇ?あと、もらいっぱなしで別れるなんて有り得ないからね」という意思を相手の無意識下に訴えることができる。男性が動作主ならば「お前は俺のものだからな、ちょっとマーキングしてやる」という思惑のもと暗に「さっさと結婚まで踏み切ってくれよマジで」と相手に示すことが出来る。

また、交際を目指す男女間にも行われることがある。ただし、これはあくまで20世紀頃の話であり、最近は気持ちだけで済ませることが多い。この場合のプレゼントは、どちらにせよ「好きですから付き合ってください」という意味合いを持っている。大概、男性がプレゼントする場合は男性がかませ犬タイプであるかブサイクであり、女性がプレゼントする場合は男性がイケメンであったりモテ系であったりする。

あくまで異性間におけるケースに限ったが、実際には同性間にもある話である。

大人の事情的意味合い[編集]

大人の事情である。それ以上でもそれ以下でもない

大体就職者により贈られる。敢えてそれを営業サラリーマンと仮定すると、実行するのは主に次のような理由の際である。

給料が十分でない(→上司)[編集]

要は言い換えてしまえば上司に媚を売るということである。あくまでそのような気持ちを表に出してはならない。それは明らかに贈収賄となってしまい、プレゼントにおける失敗例とされる。上司の殆どは妻子持ちであるため、家族で食べられるお菓子などを贈るのが望ましい。

商談を成立させたい(→お得意様)[編集]

上記とは過程が異なるだけで、実際には同じ結論へ辿り着く。「プレゼントとして」相手に贈るだけならば、商談先が黙っていさえすれば上司には本人の成果とみなされて、自身の評価は上がる。ただし、そこで相手に皆が欲しいものを上乗せして「ただ商談成立した、というだけにしてください」などと口に出してしまうと、同じくバッドエンドへ向かって終末を迎えるので、「つまらないものですが・・・」と言いつつ奥ゆかしく渡すのが良い。

どちらにせよ、プレゼントする以上のことを為してはならない。

使用例[編集]

前者の場合α[編集]

A(女性)「ずっとあなたのことが気になっていました・・・好きですっ!」(このようなタイミングは付加価値的役割として利用される)
B(男性)「・・・ありがとう。考えておくよ。」

前者の場合β[編集]

C(男性)「ハイ、誕生日おめでとう」(このようなタイミングは定期契約更新的役割として利用される)
D(男性)「サンキュー」

後者の場合α[編集]

E(平社員)「部長!えーと、(ガサガサ・・・)こちらの・・・北海道のお土産を・・・家族で召し上がってください。」(このようなタイミングは願望暗示的役割として利用される)
F(上司)「おお、ありがとう!うちで美味しくいただくとしよう。」(他意は無い)

後者の場合β[編集]

G(イロハ社社員)「というわけで、ご検討を宜しくお願い致します。それで・・・こちら、つまらないものですが・・・。」(願望暗示的役割
H(ニホヘ社社員)「はぁ・・・、どうも・・・。」

注意していただきたいのは、これらはすべて失敗例であるということである。本例においては至るまでの過程が省かれているものの、ここで分かるのは全てにおいて「さりげなさが足りない」ことだ。このような例では、相手からは「何だ・・・下心付きか・・・」と思わせてしまう。

実情[編集]

そもそもプレゼントするにあたって気をつけなくてはならないのは、相手の一存に全て任されているということである。使用例の欄通り、相手が「コイツは下心がありやがるな」と思えば、プレゼントは即座にただのゴミクズと化し、ごみ箱へまっしぐらであることは間違いない。

あくまで、「無意識下に訴える」ことが目標である。この目標を達成できない場合は十中八九失敗となる。

しっかりと本来の目標を果たすためには、善意の上でのただの「ギフト」であると思わせなくてはならない。いや、思い込ませなければならない。それがプレゼント賄賂境界の曖昧で難しいところなのである。

関連項目[編集]


前原K1.PNG
この項目「プレゼント」は、執筆放棄を狙われています。
ぜ、誰に、執筆放棄を狙われているのかは判りません。
ただひとつ判る事は、執筆者のやる気と関係があるということです。
(ここまでが一段落目。ここから下は削除されている。)
(ここからが二段落目。ここから上は削除されている。)
どうしてこんことにったのか、私にはわかりません。
これをあたが読んだら、その時、私の目は死んでいるでしょう。
…やる気があるか、いかの違いはあるでしょうが。
これを読んだあた。
どうか記事加筆してください。
それだけが私の望みです。(Portal:スタブ)
前原圭一