プロジェリア症候群

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
医療情報に関する注意 ご自身の健康問題に関しては、ためしてガッテンDHCで何とかしてください。免責事項もお読みください。

プロジェリア症候群( - しょうこうぐん)とは、先祖の「遺伝子年齢」を引き継ぐという、「先祖返り」の極めて特殊な例である。

概要[編集]

先祖返りとは、通常の意味では、遺伝子組換えでできた雑種同士を交配した時に、それを生み出す元となった種の形質が組み合わさった子孫が生まれてくることだが、この病気は元となった種の「遺伝子年齢」まで引き継いで生まれてくる病気である。(これはクローンを作った時と同じ現象である。そのクローンは元にした細胞の年齢を引き継ぐため寿命は本来のものから元の生命の年齢を引いたものになる。)そのため早老症という別名がつくほど遺伝子の寿命が短く、驚くほど早く細胞の老化が外面に現れてしまう。正式名称をハッチンソン・ギルフォード・プロジェリア症候群というがそんなことを誰も気にしないくらいの難病である。

外面的症状[編集]

生まれたときに多少皺があるならこの病気が疑われる。その時点で先祖の遺伝子年齢まで細胞が老化しているので、それが成長とともに外面に現れてだるんだるんだるんだるんと皮膚に張りがなくなっていき、老人顔になってしまう。その後は悲しいことに煙草も吸えない年齢で死を迎えてしまう場合が多い。酷い場合AVエロゲを買えないまま死んでしまったり、中二病にかからずに死んでしまう不幸な例も報告されている。

対処法[編集]

  • 病院に頼ってもどうしようもない
  • 最終手段として光速の99.999999%で六時間宇宙旅行をすれば、着いた先は約60年後であり、ちょうど同級生たちが老後を過ごしているころである。もしくは検閲により削除で亡くなっているかもしれない。したがってこの病気にかかっても先立って死ぬことはなく、病気で先立つ空泣かせ映画のような展開だけは避けられるので人生の長さについては誰も気にしないであげてください。SF的手段でもどうにもならない病気なんです。

関連項目[編集]

ハルヒ時計 時間がなかったので、この項目「プロジェリア症候群」は時間に関連したまだ書きかけの項目です。時間を自在に操る超能力をお持ちの方は、この記事の執筆にぜひご協力ください。執筆してくれるを待っています。 (Portal:スタブ)