プール

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「プール」の項目を執筆しています。
DHMOの摂取のし過ぎに注意。

プール(ぷーる)とは、主に危険な依存性物質である液体DHMOを大量に溜め込んだ人工の池であり、日本中数多くの地域に様々な目的・形状で存在する施設である。なお大量に溜め込むものはDHMO以外に国民の血税を横領した裏金、地球温暖化の原因である車などが上げられ、それらを専門に扱う裏商売プールバーなるものまで存在し社会問題化している。さらにガソリンなどの燃料をプールに保管しようとする非常に愉快な動きもあったと見られる。

目次

[編集] 概要

プールは主にDHMO中毒者のレジャーや体育などのために使われ、主に学校、公営の体育施設・保養施設、民間のスイミングクラブフィットネスクラブ、レジャー施設、ホテルなどで見られる。しかし、特に学校などに設置するということは子供が小さいときからDHMO中毒になってしまう危険性が非常に高く、様々なところで議論が起こっている。なお、屋外に設置されるだけ使用されるものと、屋内に設置され、室温や水温が管理された通年使用可能なもの、またそのうち通常より水温が高い温水プールも呼ばれるもの、さらには飛び込み用、競泳用プールなど様々な種類がある。

[編集] 危険性・副作用

  • プールに満たされている液体は大量のDHMOを含有しているが、DHMOを大量に摂取すると死亡する恐れがある。
  • 屋外プールにおいては、紫外線を浴びすぎる恐れがある。紫外線を浴びすぎると皮膚がんなどの原因にもなる。したがって、プールを利用することにより皮膚がんになってしまうことがある。プールはその構造上、水面を泳いでいると上からの直射日光とプールの底に反射して帰ってくる下からの反射光で両面焼きになったり、プールサイドに居たらいたで水面からの乱反射と上からの直射日光に晒されるため、非常にその危険性が高い。
  • プールの排水溝などに吸い込まれ、窒息死や、上記のDHMO中毒死に至る恐れがある。
  • 他人が水中で排出した唾液不可抗力で飲み込んでしまい、貞操が奪われる恐れがある。
  • また、他人の排泄物を不可抗力により摂取してしまう可能性も高い。

以上のようにプールの危険性は限りないものがある。死にたくなければプールには行かないことだ。

[編集] 水泳の授業における格差化

前述の危険性もさることながら、このプールには別の面からの議論がなされている。小学校から高等学校まで様々な教育機関で水泳の授業が必須科目として取り入れられているが、格差社会を象徴するかのような格差化が進んでいるのだ。

一般に、水泳の授業において生徒はある基準において下記の3つの種類に分けることが可能である。

  • スイミングスクールなどの習い事を経て水泳が得意な生徒。
  • 独学で絶対境界線である25メートルを泳破できる生徒。
  • 絶対境界線である25メートルを泳破できない生徒。

この三階級は俗に「水泳カースト制度」と呼ばれ、水泳の得意な生徒を頂点とする厳しい階級制度がほぼ完成している。

これは夏季限定いじめの温床となる可能性があり、非常に深刻な問題として、特に下位に属する生徒から早期解決が望まれている。また、体育の教師をはじめとする水泳授業指導者によって最下層に位置する生徒は、他の生徒達の前でマンツーマンの指導を受けるなどの世にも恐ろしい屈辱的な指導がなされることもあるのである。

水泳カースト制度の頂点に立つ生徒達が自由自在にプールを泳いでいる最中、最下層に位置する生徒たちは一方的に見世物の立場に立たされるのである。このような憂鬱な時間を過ごした生徒が水泳の技術を向上させる可能性は極めて低く、それどころか水泳やプール、引いてはにまで過剰な恐怖心やトラウマを抱く事例が後を絶たない。いわゆる水恐怖症にまで発展するのである。

トラウマや恐怖症を抱いてしまった若者の増加が、現代社会におけるニートの増加につながっているという声もある。また、この水泳の授業の際に目撃した女子生徒のスク水が若年者のオタク化を促進すると指摘する向きもある。

[編集] 関連項目


人はこのプールの事を嘘だとかいい加減とかいうかもしれない。
でも、見たんだから仕方がない。行ってきたんだから仕方がない。
間違いない、太鼓判。 (Portal:スタブ)
Stop crap.png クソ記事に注意!!
この記事はクソです。筆者自身がそれを認めます。
個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語