ヘキチスタン

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

ヘキチスタンとは、僻地や僻地の近隣区域がトカイから僻地と蔑まれる中で発生する国家。ここでは関東地方のヘキチスタン諸国について記述する。

現代の東京の周囲に広がるヘキチとその都内領土の概要

各ヘキチスタンの発生は、大都会帝都東京の存在が大きく関係している。各ヘキチスタンの説明の後、大都会帝都東京の説明を行う。

西ヘキチスタン[編集]

西ヘキチスタンは長年東京都としての地位を保っていたが、それゆえヘキチからの僻みも積もり重なっていた。その僻みが20世紀の終わりに東京の西に広がる地帯を西ヘキチスタンとして確立させた。ライフラインは中山道線であるが、よく止まる。

西ヘキチスタンには以下の領土が含まれる。

  • 東京の全ての市町村(離島除く)
  • 練馬区西南部(石神井町、石神井台、南田中、大泉学園町、南大泉及びその周辺)
  • 中野区
  • 世田谷区北西部(喜多見、砧、成城、大蔵、粕谷、烏山及びその周辺)

さいたま[編集]

又、都外の首都圏には、首都圏とは名ばかりの寒村が広がるが、北方にはさいたまが位置している。

さいたまがベッドタウンとしての役割を果たせなくなるにつれて、東京都内でその役割を果たす準ヘキチが現れるようになり、これがさいたま誤解区と呼ばれるようになるまで長くかからなかった。

さいたま誤解区には以下の領土が含まれる。

  • 練馬区の大部分
  • 板橋区
  • 豊島区
  • 北区
  • 荒川区
  • 足立区

南蛮ヘキチ[編集]

東京南方には安保条約後に米軍に占領され独自の発展をしてきた南蛮ヘキチが広がる。

南蛮ヘキチは北南蛮ヘキチ線の中心都市、自由ヶ丘が発展するにつれて自分たちこそがトカイだと考えるようになった。このような南蛮ヘキチ思考をする軍閥横東軍によって横東事変が引き起こされ、自由ヶ丘を中心とした山手線外の各区が南蛮ヘキチの傀儡区となった。

南蛮ヘキチの傀儡区には以下の領土が含まれる。

  • 世田谷区の大部分
  • 大田区
  • 目黒区の大部分
  • 品川区の大部分

なお、南蛮ヘキチと西ヘキチスタンの国境は国道246号線であるという説がもっとも有力である。

東ヘキチスタン[編集]

東ヘキチスタンは別名トチバラギであり、20世紀の初めには既にヘキチと呼ばれていた事が明らかになっている。これはチバラギ共和国とは別物である。過去にはヘキチスタンと呼ばれていたが、西ヘキチスタンの確立と共に東ヘキチスタン、又はトチバラギという呼称が広まった。

東京都の東部にはシタマチと呼ばれるオールドシティが広がるが、これらは時代が経つにつれて中途半端に近代化が進み、東ヘキチスタンとの区別がつきにくくなった。このような考えが世間に受け入れられるにつれて、荒川が帝都東京と東ヘキチスタンとの国境であるという説が説得力を持つようになり、画して国境線が変更された。

東ヘキチスタンの東京新領地には以下の領土が含まれる。

  • 江戸川区
  • 葛飾区の大部分
    • 亀有前派出所はシタマチの象徴的存在が現存していると言われており、ここは帝都東京の領土であると主張するサイレントマジョリティーもある。

また、東ヘキチスタンには1960年より米国の入植を受け入れており、鼠ヶ丘(ネズミガオカ、旧東方鼠入植地)と呼ばれている。また、21世紀に入ってからは鼠ヶ丘に隣接した場所に鼠浜新地(ネズミハマシンチ)が建設された。この2つの入植地に休日に遊びにやってくるトカイ人をあざ笑いながら、東ヘキチスタン国民休日に入植地に遊びに行く瞬間が東ヘキチスタン人の一年に一度の楽しみである。

なお、かつて、うすい駅を中心とするウスイペキスタン自治州があったが、2007年にウスイペキスタンとして独立した。

トカイ[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「東京特別区」の項目を執筆しています。

トカイは帝都東京そのものである。ヘキチを切り捨てていく中で帝都東京はトカイの確固たる地位を確立した。トカイには帝都環状グリーン鉄道の内部とその外部沿線が含まれる。この鉄道はトカイ人専用のグリーン車のみで構成されており、ヘキチスタン人は乗る事は出来ない。しかし、世界有数のトカイである東京には大量のトカイ人がいるため、座席が開いている事はまれである。

トカイ人は普通の都バスに乗るが、ヘキチスタン人はヘキチスタン人向けぼったくりバス(みんくるが書かれている物だけを指す)にだけ乗る事が出来る。これは200円もの運賃を取るトカイ有数の超高級移動手段である。

網の目のように張り巡らされた帝都高速度交通営団も存在するが、これもぼったくりなのでヘキチスタン人はせいぜい初乗り運賃までしか乗る事は出来ない。なお、今のところどの列車に乗ってもかまわないが、大江戸線に乗ったヘキチスタン人はたいてい地下にたまったCO2によって酸欠になって強制送還される。

最中心部にはマルノウチが存在する。

マルノウチ[編集]

マルノウチは帝都東京そのものであるトカイの更に中心部に位置する超巨大公園を中心とした区域。ここはいろいろな意味で帝都の中心であるが、鉄の森であるトカイを羨望するあまり、木々の生い茂るこの場所を重要だと理解できるヘキチスタン人は少ないし、そもそもヘキチスタン人は立ち入る事は出来ず、外堀の外から覗いたり、外堀で泳ぐ事だけが許されている。

関連事項[編集]

この項目「ヘキチスタン」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)