ヘヴィメタル

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索

ヘヴィメタル(Heavy metal)とは、日本語では重金属として分類される元素のことである。一般的には、鉄以上の比重をもつ金属の総称である。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「ヘヴィメタル」の項目を執筆しています。

目次

[編集] 概要

具体的には、比重が4以上となる金属のことを言うが、プラチナ、イリジウム、パラジウムなどは貴金属と呼んで別枠で扱う場合が多いので、ヘヴィメタルからは除外されている。これは決して高価で買えないからではなく、後に述べるヘヴィメタルの特徴と異なる部分が多いからである。これについては後述する。

[編集] 特徴

なんらかの形でヘヴィメタルがスピーカーなどを通過すると容易にイオン化し、その際に独特の歪んだ音を発生させる。この現象を「再生する」という。再生とは文字通り『再び生まれる』の意味であり、それまで重金属として圧縮されて固化していた元素がイオン化して自然へ還元されることを指す。ただし、デスメタルブラックメタルなどの特殊な性質を持った重金属を含む合金の場合は「再死する」という。また、サブリミナル効果により人を殺すこともできる。

生物に対して強い毒性を持つものが多い。ものによっては人間に対し中毒性や依存性を持つ。すぐに自然に還元されるが、再生中はさまざまな形で環境を汚染するために、取り扱いにはきわめて注意を要する。

歪んだ音にメロディを含有する場合、多くは刺激物を含有しており、それが目に染みるために「泣きのメロディ」という。中にはメロディを含有しすぎて異臭を放つものもあり、こちらは主に「クサメロ(Xa-Merody)」と呼ばれる。

微量であれば生物にとって必須微量元素である、とも言われているが、実際にはヘヴィメタルなどなくても生きていける人間の方がノーマルであり、中毒者にとってのみ必須であるとする学説が現在は主流である。しかしスポーツなどの報道ではアドレナリンを放出させるために現在も多く重金属の成分が含有されており、青少年にとって不健全であるとして問題視されている。

[編集] 貴金属とヘヴィメタルとの違い

貴金属とヘヴィメタルとの最大の違いは、貴金属はイオン化しにくく、また生物に対する害があまりない、という点である。医療用、歯科用に用いられることが多いのもこのためである。重金属は容易にイオン化して還元されてしまうため(円盤型の結晶では最大の半減期でも80分ほど。丁度CD一枚の最大再生時間に等しい)、一般の金属と同じ利用をすることはできない。
その他の目立った違いとしては、貴金属が高齢者や高所得者の癒しや心の支えとして大切にされるのに対して、ヘヴィメタルは高齢者や高所得者の神経を逆なでして疎まれることがあげられる。そのため、高級住宅街には貴金属の普及度が高いのに対し、黒服の多い街においてはヘヴィメタルの方が圧倒的に優位である。

[編集] 中毒者にみられる症状

急性中毒の場合
一時的に耳の聞こえが悪くなる。後頭部から首・肩に鈍痛または激痛を感じる、などの症状が一般的。治療法としては、しばらくの間ヘヴィメタルから隔離することが有効である。
慢性中毒の場合
服装に黒いものやレザーが増える、ささいな不快にも中指を立てる、必要もないのに常に楽器を持ち歩く、友人が似たようなタイプの人間ばかりになる、「ヘビメタ」といわれるとキレる、空気を読まない言動が増える、などの症状が出た場合は慢性化しているものと考えるべきである。この場合、依存症となっているので、急性期と同じ対処法は効果が小さいとされている。

[編集] 関連項目

個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語