ペプシコーラ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

この記事については以下のようなことが主張されているようです。

  • この記事は誤りと嘘八百でいっぱいの百科事典であるアンサイクロペディアに掲載されています。ここにあるコンテンツはその全て、もしくは一部がフィクションですが、同時にそうではない可能性もあるなど、言うなれば「超フィクション」の状態にあります。つまり、全て嘘八百ということです!したがって実在する人物・事件・団体とは一切関係ありません!
  • ここにはあなたの社会的評価を害するに足る事実はありません!名誉毀損で刑事告訴しないでください!
  • あなたの社会的評価は全く傷付いておらず、損害は全く生じていません!損害賠償請求しないでください!
  • あなたの経済的評価を損なう危険は全くありません!信用毀損で刑事告訴出来ますが、時間の無駄です!
  • この記事を読んであなたが当局に逮捕されても、一切責任を負いません!
  • Akajisoshou.gifそのほかこの記事のために発生した損失や損害について、一切責任を負いません!
2010年受賞商品全画像.jpg
モンドセレクション最高金賞受賞
ペプシコーラはベルギー連邦に本部を置く、製品の技術的水準を審査する
国際評価機関モンドセレクションの厳正な審査により、最高金賞を受賞しました。
この優秀品質賞は完全に独立した専門家によってその高品質を表彰するラベルであり、
消費者ならび生産者にとって様々なメリットのある賞と認識されております。

ペプシコーラ(英:Pepsi-Cola)は、アメリカ合衆国が世界征服のために販売を推し進める第二のコーラである。サントリーの子会社であるペプシコインク(英:PepsiCo, Inc)という企業がその手先となって販売を担っており、コカ・コーラマクドナルドKFC(ペプシ系列)などと共に飲食界におけるアメリカ(資本主義)帝国の象徴と位置づけられている。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ペプシコーラ」の項目を執筆しています。

ペプシコーラの概要[編集]

コカ・コーラに対する反感を抱くペプシコーラも多い

ペプシコーラの歴史は何故か、創業の方に向かうにつれて黒歴史している。社の公式ページでも多くは語られていない。

それはペプシコーラは、胃薬として作ってみたものが、飲んでみたら美味かったので嗜好品にしちゃいましょうという、医薬品を医薬部外品とごまかして売るような、現代ならばかなり問題化しそうな経緯で生まれたものだからである。「ペプシ」の名前自体、の消化酵素であるペプシンに由来するものであり、本来は薬局栄養ドリンクの棚に並べておくような代物だったが、美味くごまかして他のコーラと同様に飲料市場に流通させることに成功した。

しかし第一次世界大戦終了後、何度も倒産ないし営業譲渡を強いられ、挙句に3回ほどコカ・コーラに買収を要請して断られる(見捨てられる)という屈辱の歴史も歩んだ。この辺りもペプシにとっては黒歴史化している。さらに、世界征服以前にその主導権を巡り、ペプシが最初のコーラ販売会社であるコカ・コーラと紛争を開始してしまったため、世界征服どころか統一した侵略計画すら立てられない有様となっている。そのせいでコーラ業界に限ってみてもトップのコカ・コーラは世界の53%(2007年)のシェアしか獲得できておらず、共倒れではないかという噂も立てられている。

だがこのときの経験は、臥薪嘗胆となって後にコカ・コーラを「あっといわせる」ような数々の活動の原動力となった。第二次世界大戦後、コカ・コーラがアメリカで低迷するのに対してペプシは急速にシェアを伸ばし、1985年にはアメリカにおけるシェア1位を一時的に獲得、同年のコカ・コーラが味を変えて失敗するという有名なカンザス計画と共に、この躍進はコーラ史に刻まれている。最も、味を戻したコカ・コーラにすぐ逆転されたが。

ちなみに、冷戦時代にいち早くソビエト連邦にコーラを提供しており、コカコーラのソビエト進出を妨害したことは有名。

尚、中国語では「百事可乐」と表記する。「全ての事は楽しい」という意味らしい。ここでの「百事」は「ペプシ」(原音とは少しかけ離れているが、縁起のいい字をあてている)、「可乐」は「コーラ」を表している。

コカ・コーラへの挑戦活動[編集]

ペプシは販促に当たって、コカ・コーラへ様々な妨害挑戦を仕掛けたという。両者の社員同士で喧嘩になることは日常茶飯事だし、両者の社員が結婚したことで片方が解雇されたことに対し、訴訟が起こされたことなどはアメリカの流通史にも残されているという。

しかしアメリカではシェアが接近しており、更にこういった妨害まがいのこともジョークとして許容できる文化が育っているから良いが、日本のようにCoca:PEPSI=75:25とPEPSIが受け入れられておらず、更にやたら堅い国民性の国では、ここまで過激(アメリカ等では普通だったとしても)な広告宣伝活動は実施できていない。MCハマーを起用して日本で放送された比較広告が、すぐ差し替えられた逸話などはそれを象徴している。

そのため日本では、以下に記すペプシマンという生命体を開発してCMを流したり、TwistやNEXなどコカ・コーラとはかぶりそうに無い分野の品をメインにして、競合を避ける(良く言えば「共存」、悪く言えば「逃げる」)動きも見られたりする。というか、TwistでもNEXでもないフツーのペプシコーラを飲ませろ!!コンチクショウ!!!!

まぁ、でも最近ではコカ・コーラがレモンやzeroの名でペプシをパクってみたりビタミンを入れたコーラ(ペプシの起源に対する皮肉なのだろうか)を作らせることに成功した辺り、日本特有のじめじめとした妨害工作は水面下で行われている。というか、レモンでもzeroでもないフツーのコカ・コーラを飲ませろ!!コンチクショウ!!!!

ペプシマン[編集]

ペプシマンは体液の多くがペプシコーラで出来ているという、ペプシが開発したミュータントである。アメリカで活躍しているような印象をCMからは受けるが、実は活躍舞台は日本である。

上記したように日本ではアメリカほどの過激な宣伝活動が出来ないため、このように奇をてらった生物を活用してまずはイメージ向上に乗り出したという訳である。しかしイメージダウンにもなりそうな活動も見せたため、現在は登場していない。

なおコカ・コーラを誤って飲むと、大衆の前で自決してしまうという。

ペプシファン[編集]

ペプシのコアなファンは、ペプシ以外のコーラ(特にコカ・コーラ(コーク))を飲むと性格が変化してしまったり、異常行動を引き起こすようになるという。

上にも記したMCハマーはその代表で、後にその性格変化もたたって破産してしまったと言われている。ペプシファンという病気にかかってしまった人は、日本では少ないがアメリカやカナダではかなりいるようで、右に記した画像のように幼少期にかかる事例も存在する。

それゆえコカ・コーラと共に、ペプシコーラは依存症が強い麻薬ではないかという噂も立てられている。現在の所はアメリカの圧力のせいか、大きな騒ぎにはなっていないが…。

商品[編集]

ケミカルペプシの潮流を作った最悪の戦犯偉大なパイオニア。
一体、ペプシ(と言うよりサントリー)は何処へ行こうとしているのだろうか?
なに味?とか聞いてはいけない。考えるな、感じろ
またまた、やってくれました。
甘くな……甘い!
夏の恒例「キチペプ」2012年はスイカ味。

関連項目[編集]

私の氷はちょっぴりコールド、あなたの悪事を完全ホールド!
「ペプシネックス」CMキャラ(2007年・途中で粛清されました
「ペプシネックス」CMキャラ(2011年)
「ペプシネックス」CMキャラ(2011年~2012年)
「ペプシネックス&ペプシスペシャル」CMキャラ(2013年)
「ペプシスペシャル」CMキャラ(と言っても恐竜。)
「ペプシネックス」CMキャラ(2014年、よりも、男塾桃太郎である!


ドーピングコンソメ.jpg フゥ~この「ペプシコーラ」わぁ~、我が帝国に関する記事だぁ~。おまえ達にこの記事をより愉快に出来るかな。加筆しろーいいから加筆しろー!俺の料理は至高にして究極だー! (Portal:スタブ)