ホットケーキ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索

ホットケーキとは、日本で家庭的なお菓子として親しまれる簡単なケーキの一種である。原料として日本で豊富に産出される熱素が練り込まれているため、いつまでも高い温度を保てることが好まれている。熱素が日本ほど豊富に産出されず、また、熱い料理が好まれない欧米では熱素を入れないパンケーキが好まれ、ホットケーキはほとんど食されていない。

しかし、アメリカ人のパンケーキ消費量は年間600枚とも言われ、まさに水の代わりに摂取しているといっても差し支えない。日本に留学しに来た留学生たちがホットケーキを発見すると日本にもパンケーキがあるものと勘違いして狂喜して飛びつくが、パンケーキに慣れた舌で一気食いしたために、口腔内から咽頭部まで火傷を負うという事態がたびたび発生し、毎年相手に賠償を求める訴訟が数件発生している、だが粉に罪はないため、留学生たちはことごとく敗訴していくのであった。

[編集] 作り方

  1. 原料として、小麦粉ベーキングパウダー砂糖食塩牛乳バター、熱素を用意する。バニラエッセンスがあるとさらによい。小麦粉、ベーキングパウダー、砂糖を混合し、ホットケーキミックスとして販売されている商品を使用すると手軽である。
  2. 粉類をよくふるい、混ぜ合わせる。ミックスを使う場合はボールにあける。
  3. 2に牛乳、卵を入れ、ダマがなく均一にどろっとするまでよく混ぜる。バニラエッセンスを入れる場合はここで入れる。また、天板フライパンにバターを塗って用意しておく。
  4. 3に熱素を混ぜ合わせる。混ぜ合わせた瞬間から焼け始めるため、手早く混ぜあわせなければならない、また、粒状の熱素を潰すようにしてしっかりと混ぜる。
  5. 4をバターを塗った天板またはフライパンに乗せ、丸く形作る。ここで表面に熱素を振りかけると色よく、香ばしく焼け上がる。
  6. 全体的にこんがりと焼き色がつき、串を刺しても生の液体が出てこなくなれば焼き上がり。皿に盛り、バターやメイプルシロップをつけて食べる。

[編集] 注意点

製法上熱素を豊富に含むため、食すときには火傷に注意しなければならないうえ、放置しているとどんどん焼け進み、ケシズミのようになってしまう。冷たい果物生クリームなどと共に食べることが、味の取り合わせもよく、熱を和らげることも出来るためすすめられる。ただし、幼い子供に供する際には、保護者がしっかりと監督することが望ましい。

また、非常に熱いため、甘みを感じにくく、ついついさらに甘くしてしまい、味覚が崩壊することもあるため、「ホットケーキは生活習慣病への近道」と、消費者団体などから攻撃の槍玉にあげられることもある。だが粉に罪はない。

ちなみに、熱素は日本近海の海底から主に産する物質で、白色の粒状で酸素に触れると激しく酸化し、同時に熱を発する。余ってしまった熱素はジップロックに入れ、冷暗所で保存するとよい。

個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語