ホワイトハウス

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ホワイトハウス」の項目を執筆しています。

ホワイトハウス(:White House)とは、積水ハウス株式会社が提供する、富裕層向けの住宅ブランドのこと。

概要[編集]

表側。シンプルな形状から標準オプションで建設されたものとわかる
裏側。屋上にシークレット・サービスのバックヤードがあることから大統領オプションのもの

積水ハウスが1960年代から展開している住宅サービスで、アメリカ合衆国ワシントンD.C.のホワイトハウスも積水ハウスによるもの。建設時には間取り、図面などは全て最高機密とされ設計者・施工者ともに最低限の者にしか知らされてこなかったが、情報公開法の煽りを受けた近年では公式HPで間取りを公表[1]している。

アメリカ合衆国大統領のみの住宅という印象が強いが、積水ハウスは一般向けに販売もしている。価格はおよそ20億円(標準オプション)。これは積水ハウスの商品の中でも最も高いものであり、中国やインドなどで何件かの販売実績があるという。なお、標準オプションからプラス10億円でワシントンのホワイトハウスをある程度模倣した「大統領オプション」を選ぶことができ、以下の執務室や屋上、地下などの設備が若干変化する。

執務室

  • 大統領オプションにより核ミサイルボタン付きの机をオーダーメイドで注文できる。
  • クレムリン広報部にしか繋がらない、無料で通話し放題の黒電話が設置可能(=クレムリン・ホットラインサービス)。なお、標準オプションではロシア国内への24時間無料の国際回線サービス(通称ソビエトホーダイ)を提供する黒電話が設置される。
  • ジョージ・ワシントンが偉そうに描かれた油絵(プリント)の寄贈

屋上

地下

  • 核爆発にも耐えられる地下防空壕
  • 危機管理センターの増築。テレビ、大規模なサラウンドシステム、ワイン貯蔵庫付きの快適なもの

  • 大規模な洋式庭園「ザ・エリプス」の造園

歴史[編集]

800px-North Façade White House.JPG.jpg

1930年代日窒コンツェルン化学事業部門(現在の積水化学工業、なおこれは積水ハウスの母体でもある)が社長野口遵のために広島市内に「白亜館」を建設した。地上2階建て、床面積1440平方hyde(=およそ3500平方メートル)にも及ぶ邸宅であり、日本庭園も付属していたという壮大な洋館であったが、第二次世界大戦太平洋戦争)末期の1945年(昭和20年)8月6日午前8時15分の広島市への原子爆弾投下により全館が焼失してしまった(なお持ち主であった野口遵はこの一年前の1944年に既に亡くなっている)。

その後、日窒コンツェルンは財閥解体を経ていくつかのグループに解体されたが、「白亜館」再建には強い意欲を見せていた。1960年に積水ハウス産業株式会社が設立されると、その動きはさらに高まり、戦前の資料を探し出して白亜館を復興させる計画が動き出した。1962年には広島市と用地取得の交渉するまでに計画は前進したが、結局地権者との交渉が行き詰まり白亜館が再興されることは無かった。その代わりに富裕層向けの邸宅として「ホワイトハウス」の販売を開始したのが商品としての始まりである。なお名称は「白亜館」をそのまま英訳したものから取られている。

1965年にアメリカ合衆国の大統領官邸が大規模修繕される際、アメリカ政府は学園闘争などで冷え込んでいた日米関係改善のために大統領官邸建設に日本のゼネコンを起用することを提案。日本の外務省などと協議の結果、鹿島建設、清水建設、大成建設、竹中工務店、大林組など大手九社によるコンペが行われた。そして最終的に積水ハウスが選ばれてホワイトハウスが建設される運びとなった。だが実はこのとき、積水ハウス側がコンペに出品したがっていたのはセキスイハイムであり、建設実績のないホワイトハウスをコンペに出品するのを渋っていたことが近年明らかになった(コンペ出品直前に日本政府の圧力によりホワイトハウスが出品されることになっただけで、積水ハウス側はホワイトハウスというブランドにあまり自信が持てていなかったとされる)。そのため、あともう少しでアメリカ合衆国大統領官邸の名前は「セキスイハイム」になるところであったという逸話はアメリカ国民に衝撃をもって迎えられた。

工法[編集]

工場で鉄骨ラーメン構造のボックス型ユニットを生産し、それを建築現場において組み合わせるという方式。20億円の住宅にしては安っぽすぎる工法だという批判もあるが、あくまで積水ハウス側は「大統領官邸という建物の重要性を考えた際、コストに見合った旧来の工法よりも耐久性が高い現行の工法を行わなければならなかった」とコメントし、伝統的な工法よりもこの工法の方が耐久性が高いとしている。

脚注[編集]

  1. ^ かつての機密情報が書かれた闇サイト。これを閲覧したあなたがCIAなどの関係機関に連行されてもアンサイクロペディアは責任を持たない[1]

関連事項[編集]

ミッキーマンソン.jpg この記事「ホワイトハウス」を書いた人は大いなる権力により抹消されました。この記事を読んでいるそこの君も抹消される覚悟があろうとなかろうと編集し…あれ?こんな時間に客?誰だ? (Portal:スタブ)