ホンダ・NRV

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ホンダ・NR」の項目を執筆しています。

ホンダ・NRV(えぬあーるぶい)は、おもしろくないオートバイばっかり製造するホンダが1990年代まで製造していた変態オートバイ。

背景[編集]

ホンダは当時MotoGPをはじめとするモータースポーツの世界では、スズキやカワサキに負けず劣らずの変態車を製造していた。

たとえばウイングカーが禁止されたからといって、車体に65535本のウィングを設置してみたり、タイヤを六輪にすることが禁止されたからといってタイヤを一般的なF1マシンの半分に減らしたり、である。これらの車は正式なホンダの歴史からは、なかったことになっている。商品化もされていない。製品で遊ぶようなはしたない行為をしないのが、業界トップメーカーのたしなみ、とされるが例外もいくらか見られる。

当時、ホンダは検閲により削除からの技術を導入し、通称UFOピストンと呼ばれる車両をMotoGPに持ち込んだ。NR750と呼ばれるこの競技車は、しばしばコーナーから飛ぶ程度の能力を持ち、地球上には存在しないオーバーテクノロジーでMotoGPを席捲した。ただしライダーを振り落としたため、サーキットで飛行したNR750はたいていの場合リタイアとなっている。

名称[編集]

NR750を、なにをどう間違ったか市販車として商品化した車種であり、V型四気筒のエンジンを搭載することからNRVと呼称される。

外観[編集]

楕円形を基調としたレーサーレプリカ(スーパースポーツ)である。ペダル、グリップ、ハンドル、タンク、カウルなど全てが楕円形となっており、実のところ、オートバイではなくトライクに分類される。タイヤは車体下部に3個ドーム状のものが装着される。フロントカウルは楕円形でライダーを完全に覆うもので、実際には戦闘機のキャノピーに近い形状であった。コーナリング性能は、当時の車両をはるかに上回るものであり、夜間の峠道では、夜空をジグザグに飛びまわるNRVをよく見ることができた。

外装はレーダーに写らない特殊な塗装がされており、円盤状のカウルはひとコケ100万円と噂された。

また、色は一部カーボン地を残した赤塗装一種類であり、フェラーリのイメージを付加しつつ大胆に残したカーボン地がいかにも成金趣味でウインドシールドがオーロラである事が更に下品さに輪をかけている。

性能[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「空飛ぶ円盤」の項目を執筆しています。

ホンダ・NRVは実のところ、世界最速の走行性能があり空を飛ぶ程度の能力すら付与されていた。

ただし航空法では明らかに標識灯も着陸灯も衝突防止灯もない空飛ぶ円盤オートバイが人里離れた場所でのみ飛び回ることは違法であり、20世紀の技術では部品継続生産も難しく、惜しまれつつ部品供給が停止されたかに見えた。

しかし実際は

死亡確認.jpg
死亡確認

ごめんなさい。ごめんなさい。
この時代ではお伝えできない事実が含まれていたため、投稿者は消去しました。

価格は鳩山由起夫違法子供手当て一ヶ月分でありまさにバブルの申し子である。