ホームレス

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「ホームレス」の項目を執筆しています。

ホームレスとは、兎角固定資産税が高い地域で行われている節税・節制の方法。ないし特定の少数民族。

ホームレスのイメージ

[編集] 概要

この行為は、名前が書いておらずバッグに入れて持ち歩ける訳でもない土地にも価値があると主張したり、あるいはその評価額に見合った課税が行われる事を良しとせず、またその所有権の延長で賃貸契約なども否定し、家を持たないこと。またはそれを実行している民族の事。

しばしば誤解されるところではあるが、彼らは「家を必要としない」のであり、「家を持たないか失った」のではない。

彼らは主に大地をねぐらとし、ダンボール布団に、を天井として生活している。必要最低限かつ質素な暮らしが可能だと言うことを主張し、事実実現させているのである。しかし日本アメリカ合衆国など先進国では、そのような価値観が理解されず、就職時に住所を記入する欄が履歴書にあることから就職差別を被るケースも多く、しばしば「ホームレス=失業した家を持たない人」という誤解が付きまとう。

しかし近年資源の浪費を抑えリサイクルやリユースに貢献しているとして、環境省より賞与が送られた。しかし彼らの代表は賞状自体も紙の無駄遣いとして受賞を拒否、仲間内で落ち葉や泥水を使ったパーティを嗜むにとどめていた。

最近、中学生でもホームレスになれること、ダンボールを食べられることなどが明らかになって、新たな社会現象となっている。

[編集] 民族として

彼らの幾らかは遺伝的遊牧民族であり、その原型をモンゴルなどの騎馬遊牧民族にまでさかのぼる事ができる。ただ、日本国内では山羊、あるいはラクダなどを遊牧させることができない。このため東京都荒川区ではウサギを放牧する者がいるほか、地方都市などではネコの遊牧を行っている者も少なく無い。この他にはハトカラスの放牧を行う姿も目撃されている。 このため彼等は肉食の傾向が強い。

残りのホームレスの遺伝子には、北インドを起源とする移動型民族のロマニー(ロマやジプシーとも)の特徴が覗える。ロマニーの歴史は古く、その成立は定かでは無い。日本のロマ型ホームレスらは恐らく最後の氷期に地続きであった大陸から渡来して、そのまま日本海に隔てられて取り残されたのだろうと考えられている。アメリカのロマ型ホームレスはベーリング海峡を流氷の上を渡って伝来したと見られている。

[編集] 関連項目

  • 野良猫 - しばしば見られる「家を持たないか失った」という誤解による連想で、都市部の野良猫を指して「ホームレス猫」だなどと失礼な言い換え語を使う者がいる。
  • ニート - 「親が死んだら早晩ホームレスになるだろう」などとも言われるが、彼らはどう足掻いてもホームレス民族にはなれないで、類似した行動様式をするだけである。価値観も大きく異なる点も注意が必要で、両者を混同すべきではない。
  • 日本ひきこもり協会 - ホームレスに陥る者を増やし、金を搾取するため、資本家が組織した秘密結社。
  • 仙人 - やっていることは同じでも、に住むだけで呼称が変わる。中国が本場。
  • 野伏修験者 - 日本の伝統的ホームレス。
  • ヒッピー - 若者の間で流行ると呼称が変わる。
  • ホーボー - どこら辺が違(ry
  • 東京都- 東京の概念。家賃未払期間は驚異の三十年。以後ずっと職場に住んでいる。
個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語