ボウリング

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「ボウリング」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「ボーリング」の項目を執筆しています。

ボウリングとは、スポーツの一種である。もしくは『ぷ。』と表すこともある。


[編集] 概要

細長い筒状の掘削機器で大地に錐のように穴を開け、湧き出した地下水の水圧によってボールを転がし、60フィートほど先のピンと呼ばれる棒を倒すというスポーツである。

時間と費用がかかる上、集団でいっせいに行なったり長時間継続した場合、地層が失った地下水の分量だけ収縮するため、地盤沈下が発生するという欠点がある。このため、近年ではボールを転がさずに地下水だけを湧き出させたり、ボールを人力によって転がす方式のいずれかだけを行うことも多くなっている。区別するために、前者を「ボーリング」、後者を「ボウリング」と呼び分けている。

上級者向けに、ボールの代わりに鶏卵を使用するルールも存在する。地下水の熱を利用し転がしつつ茹でるのだが、スピードが速ければ固まらずに割れてしまい、遅ければピンが倒れない。さらに転がる方向も予測することが難しい。そのためこのルールでパーフェクトを達成した者はまだ居ない。

この上級者向けルールでは大量にが使われるが、ゆで卵として美味しくいただくことができるので無駄になる数は少ない。

なお、原油を湧き出させた上で引火させ、爆風でボールを転がすという新ルールが提唱されているが、まだ公式には認められていない。競技が可能な地域が限定されることも一因であると思われる。

[編集] 「ボウリング」概要

古き良きボウリングでは直径二メートルほどの玉を、三角に並んだ10人のヒトに向かって転がし、ヒトをなぎ倒すルールであった。

転がす側は、倒れた人を見てゲラゲラ笑うことが慣用であった。

その様子はテレビで必ず中継された。

最近はヒトの代わりにピンを使用し、玉の直径も小さくなっている。

[編集] 関連

Stop crap.png クソ記事に注意!!
この記事はクソです。筆者自身がそれを認めます。
個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語