棒ジョレヌーボ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索


医療情報に関する注意 ご自身の健康問題に関しては、ためしてガッテンDHCで何とかしてください。免責事項もお読みください。

棒ジョレヌーボ(ぼうじょれぬーぼ)は、1883年フランスで発明された棒のうち、特に11月の間に出荷されたものをいう。理由は不明

2002年に出荷された棒ジョレヌーボ

概要[編集]

フランスの棒ジョレーで生産されるこの棒には疲労回復、気つけ、滋養強壮などの効能があり、肩こりや腰痛、冷え性にも効果があるとされている。この棒を持って患者を殴るとたちどころに病が治るとして広く普及しており、第二次世界大戦頃までは、一般の医療機関でも使用されていた。現在の日本においては、よしもと新喜劇中にハリセンで患者を殴るハリセン治療という演出がある。棒ジョレヌーボはブドウを急速に醗酵させる事によってごく僅かながら炭酸ガスを含有するため、の中に入れるとシュワシュワする。

使用方法[編集]

  1. 上部の細くなっている持ち手の部分をしっかり握って持つ。
  2. 太い部分を上にして持ち、棍棒の様に構える。
  3. 患者を用意する。
  4. 患者の患部を殴る。
  5. 数発。
  6. 観察する。

頭部などに対してこれを行うと、患者が動かなくなってしまう場合があります。そのような場合はこちらを参照してください。

現在の棒ジョレヌーボ[編集]

医療技術が発展した今日では、棒ジョレヌーボを使用した医療行為を行っている医療機関は少ないが、ヨーロッパアジアの一部地域ではショック療法として、これに似た形をとっているものが残っている。2000年に発足した棒ジョレヌーボ再興発起委員会が、棒ジョレヌーボを再び世界に広めようと頑張っているが、あまり目立っていない。

関連記事[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ボジョレー・ヌーヴォー」の項目を執筆しています。
Bouncypotato.gif
この記事「ボジョレー・ヌーヴォー」は何故か「ボジョレー」とネタや題材がダブっています。どちらが真実なのかは神のみぞ知ります。
番組内で棒ジョレヌーボの絵描き歌が放送された。