ボンバーマン

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索
この記事にはユーモアが不足しています。治療には十分な栄養と日光愛情キノコが必要です。
ユーモアの摂取方法にも十分気をつけましょう。

ボンバーマンとは、ある種のを用いた球技、もしくはそれをビデオゲーム化したものである。爆死するとボンバーマンの腹が破裂して内臓が飛び散るバイオレンスゲーム。CEROがZランクをつけたため、18歳未満はやってはいけません。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「ボンバーマン」の項目を執筆しています。

目次

[編集] 歴史

ボンバーマンに登場する手榴弾型の爆弾

かつて1980年代の小学生のあいだで「爆弾男」と呼ばれるゲームが流行した。十字路の多い街中で、水風船を投げあい、飛び散った水にうまく相手を当ててゆき、最後の一人が勝ち残るまで対戦を続けるというルールであった。

その後、駄菓子屋で、このゲームに適した「水爆」「手榴弾」といわれる自動的に破裂する風船のおもちゃが販売されるようになると、これが一般的に使われるようになる。これらの風船は、中袋を破ると膨らみ、数秒後に破裂して大量の赤や白に着色された液体をまき散らす。

男子中学生の間では、水風船の代わりに、股間をこすって大量の白い液体を「ピー」「ガガガガガ」。

北海道札幌市のソフトウェア会社がこれをビデオゲーム化して、当時のパソコンに次々と移植した。さらに、ほぼ同一のルールである、下記のボンバーマンをアレンジした(爆弾男と同様に、玉は導火線のついた手榴弾になり、飛び出す猫も火のようなグラフィックに代わっている)家庭用ゲーム機用ゲームソフトを登場させ、大ヒットさせている。また、このゲームはリア充を爆発させるために開発されたとも言われている。

なお、「水爆」を用いるものは、他のゲーム会社から「水爆大冒険」としてアーケードゲーム化された。

[編集] 起源

これは元々は、中国に生息する、顔が茶色や黒で手が白い白猫を使用した、より洗練されたゲームであった。試合球は小さな風船ではなく、hydeの身長ほどもある黒い大きな玉であり、その中には前述の猫がつめ込まれる。

プレイヤーはこの玉を路地に置く。約四秒後には猫は玉を食い破って、他の玉やプレイヤーを捜して四方八方に散ってゆく。当然、他の玉を猫が見つけると、あっという間に玉が中と外から食われて、猫が大量に街路を濶歩する結果になる。猫に当たると負けである。玉はかつおぶしとまたたびの混合物でできており、プレイヤーの服も同様である。

ゲームは盆に行われ、バーマンという品種の猫が使われることから、ボンバーマンという名称で呼ばれた。

ボンバーマン自体は、バーマンを何匹も確保しなければならず、祭りの際にまれに行われるだけであったが、その後ビデオゲーム化されて人気ゲームソフトとなったことはいうまでもない。

(出典:民明書房刊「中国の知られざる祝祭とその歴史」)

[編集] オンライン対戦

[編集] 初期の対戦

ボンバーマンのうち1990年代にパソコン用として公開されたものは、チャットルームを利用して初歩的なオンライン対戦が可能であった。ただし突然対戦プレイを開始すると、大量のキャラクター位置情報や、猫玉、猫の位置情報がチャットルームに撒き散らされ、荒らし以外の何者でもないため、専用のチャットルームが使用されることが多かった。

[編集] 家庭用ゲーム機

最近はWi-Fi接続に対応しており、飛行中の旅客機内以外なら、本体を持ち寄ることで北海道庁、映画館、成田空港の出発ロビー、三菱重工本社ビル前、軽便事務所、よさこい騒乱祭会場、米軍基地、博多行き新幹線ひかり109号の車内、中央本線東浅川駅、西鉄高速バスの車内、安達由美の脳内、中央フリーウェイ葛飾署の独身寮浅草戦争寺、ロンドン地下鉄駅構内、急行が停まらない近鉄藤井寺駅、中国大使館、全国の小中学校、チョコレート工場、京王線初台駅などどこでも対戦プレイが可能となった。

インターネット接続環境があれば、海外のプレイヤーとの対戦も可能である。特に南レバノン、北アイルランド北朝鮮アフガニスタン、チェチェン共和国、ロシア共和国、エジプト、シリア、イスラエル、イラク、アメリカ、パキスタン、インドスペインのバスク地方などにプレイヤーが多いとされる。

[編集] ボンバーマンオンライン

パソコン用の対戦用ボンバーマンは、アイテム課金制で、プレイヤーキャラクターの外観や飛び出す猫の種類などを有料で変更できるが、ゲーム性には影響しないようになっている。しかし、ダスキンにしかみえないゴールデンチンチラや、大きすぎて画面からはみ出すサイベリアン、ノルウェイジアンなどはプレイに影響が出るグラフィックとして批判が多く、「デカ猫禁止」などのローカルルールがある。プレイヤーキャラクターも、小林幸子や美川憲一など画面からはみ出すキャラクター、光ってめざわりなピカチュウなどは使用を避けたほうがよい。プレイヤーグループ(ギルド)機能も有する。

オンラインでのギルドとしては、「日赤ナース」「戦えアルカイダ」「東アジア反日武装戦線娘。」「えたひにん祖国と自由」「電気抵抗教団」などが大規模な団体として知られており、海外との交流戦も行っている。

[編集] ボンバーマンオンラインjapan

今までのボンバーマンオンラインで非対応だった「じゃぽね」地方にのみに発展したゲームである。アイテムについて独自の企画を有し、初めから課金したアイテムを駆使して、最大戦力でねじり伏せ合うことが出来る。また、装備無しの状態で戦うと、ボムが置けなくなり、何も出来なくなる。

爆風を受けると、課金したアイテムをばら撒きながらステージから跡形もなく消えるが、死ぬ寸前に特殊なコマンド(セレクトBB)を入力すると、死して動ける爆弾人間になれる。しかし、この爆弾人間の状態が某ゲームに出てくるボム兵によく似ているため、運営元のショックウェーブは任天堂に訴えられないか日夜心配している。ちなみに、この爆弾人間はヒザに爆弾を抱えている。


(今のところ、任天堂に訴えられたらしく、オンラインをハンゲームに譲ろうと考えている)

[編集] エクストリーム対戦

運行中の旅客機や、寺院・政府施設など、許可されていない場所で対戦する者がたびたびおり、逮捕者も出ている。最近では、米軍基地で「ごるごるもあ」が、中国大使館で「中浦和の星」が、あらかじめインターネット掲示板で爆破予告を書いたうえで対戦を行い、逮捕されている。かつて、近鉄藤井寺駅が急行停車駅でないのに抗議して、同駅構内で対戦を行い列車の運行を妨害、「藤爆」と呼ばれた者もいる。

[編集] 超貴重な映像「ジブリ版ボンバーマン」

ジブリ映画「平成狸合戦ぽんぽこ」のあるシーンに、ボンバーマンっぽいゲームの映像が出てくる。予想だとそれは狸を燃やしていくという爽快なゲームだと思う。

[編集] 関連項目

このゲーム「ボンバーマン」には、致命的なバグ・不具合が含まれています。このままでは発売できませんし、仮に発売しても非難の嵐となるでしょう。発売を延期してでもデバッグに参加して下さる開発者を求めています。 (Portal:スタブ)
個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語