ボート

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

もしかして: 暴徒

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ボート」の項目を執筆しています。

ボート(boat)とは、一人から数人の人間が車輪の付いた船型の乗り物に乗り、速さを競う陸上競技のことである。やわらか戦車の様に後ろ向きに進むため、世の中の退廃的な風潮を助長するとの批判が近年ではなされている。

起源[編集]

ボートを漕ぐ、という行為そのものは人間の本能に基づく行為のため、誰が始めてボートを漕いだか、ということについては最早歴史の闇に沈んだロマンである。だが、競技としてのボートについては近代の偉大なるボート選手である星飛雄馬によって書かれた「自然体でいきまっしょい!」で明らかにされたように、古代オリンピックにさかのぼるとされている。記録に“ボート”という言葉が初めて現れるのは、北朝鮮平壌で行われた第3回古代オリンピックの公式記録である。この大会において、全オリンピック史上最高の陸上選手と目されているアッチレウスが競技中にボーっとしていたことにキレた群集が暴徒と化し、祭儀用に使われていた太陽の船に乗り、彼をひき殺した。それの速さに驚嘆したコペルニクスによってスポーツとしての体裁を整えられ、17年後に行われた第4回オリンピックより正式種目に採用されたとされる。

ルール[編集]

一人から数人、時には数百人の人間が一つの船に乗り、オウルと呼ばれる型の棒で地面を突きながら後ろ向きにゴールを目指すスポーツである。種目によってはコックスと呼ばれる人間が複数前を向き、間違った方向へ自船を誘導する。

こぼれ話[編集]

「船頭多くして船山登る」とのことわざは複数のコックが間違った方向へ誘導する様を見て誰かが言い出したことである。

関連項目[編集]


この項目「ボート」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)