ポップコーン

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
「上手い」
ポップコーン について、アルベルト・アインシュタイン

ポップコーンとは、ポップなコーンのことである。多くの人が、これを食後のデザートや、午前3時のおやつ、映画館でパクパクと…という感じで食べるため、アフガニスタンは肥満大国となっている。日本で見かけることはまず無いので、知らない人の方が多いだろう。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ポップコーン」の項目を執筆しています。

歴史[編集]

111年・ウズベキスタンのウズベキ・スタンチーニョさんが、トウモロコシを誤って核原子炉に入れてしまったところトウモロコシが大爆発を起こしポップコーンが生まれた。このことは、「ポップなスタンチーニョさんの表と裏」と言う絵本でも書かれ、世界的に有名である。

2000年2000円札が発行されポップコーンが買いやすくなった。

食べ方[編集]

普通に喰ったらいいでしょう。というか食べ方が分からない人は食べなければいいでしょう。食べなくて死ぬことはまずないと思われます。でも一応載せときます。

  1. ポップコーンに気合いを込める。
  2. 近くにいる人に「お前をポップコーンにしてやろうか」と脅し、ニヒヒと笑う。
  3. 本当にポップコーンを食べるのか筋肉に聞いてみる。
  4. ポップコーンを絶妙な力加減でつかみ取る。
  5. 食べると見せかけて近くにいる人に思い切り浴びせかける。
  6. 食べられませんでした。

上のようにポップコーンを食べることは初心者には出来ないことだと思われます。落ちている小石などで練習してから食べましょう!

注意[編集]

死なない程度に。

トルクメニスタン[編集]

トルクメニスタンが発祥地ではないかという説は邪説です。

河童[編集]

河童が好きなのはキュウリと本マグロです。

適当[編集]

適当なのは気のせいではないのかもしれませんね。