マウス

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「マウス」の項目を執筆しています。

マウスは、家畜の一種。ネズミを家畜化し家庭で飼育できるように改良したものである。

目次

[編集] 特徴

一般的なマウスの体長は10から13センチメートル程度、体重は50から100グラム程度である。大多数のマウスは数10cmの長さに及ぶ長い尾を持つが、近年では尾を持たない改良種の存在も確認されている。この長い尾は口の役割を果たし、ここから栄養を得る。尾を持たない種は、飼育者が体内を割腹して、栄養となるエサを胃へセットしなければならない。マウスはエサを食べないと仮死状態になってしまうが、仮死状態のマウスにエサを与えれば即座に動き出す。足は退化しており、足の代わりとなる腹部に存在する1個の球で、移動する品種がほとんどであったが、最近は球を持たず、這うことで移動する品種が主流である。また、一般のネズミとは異なり、体は毛ではなく、硬い外骨格で覆われている。体色はさまざまであるが、黒や白、灰色のものが多い。外骨格が透き通っている種も散見される。

[編集] マウスの利用

マウスは現在生体デバイスとして用いられている。これはマウスの体内に電子チップを埋め込み、コンピューターと接続した尾に電流を流す事で人間の意図した行動をする習性を利用したものである。マウスは20センチ四方程度の囲いに入れられ、そこで死ぬまで働かせられる。そのため、動物虐待であるとの批判もあり、一部の動物愛護団体がマウスの使用禁止を求めている。

[編集] 主な品種

ボール
マウスの原始種。ボール種のもつ球はゴムのように摩擦力が強いため、囲いの中のチリやホコリを体内に集める掃除機としても機能する。体内にゴミを溜め込みすぎるとあまり動かなくなるため、こまめな手入れが必要である。今なお、数多くのボール種が飼育されているが、新品種であるコウガク種の登場により、飼育者がボール種を逃がす事例が数多く報告されており、近年ではボール種の減少が顕著に見られる。
コウガク
安価で購入できる上に、球を持たず、球の手入れが必要ないという利点から、現在最も飼育されている種。コウガク種が放つ、妖しい光は人の目に悪いため、飼育には注意を要する。
レーザー
コウガク種の次に産出された最新の品種。コウガク種では苦手としていたツルツルぴかぴかの面をも活動領域とするほどのバイタリティを持つ。コウガク種同様に光を発射するが、その光は人の目に悪いどころの話ではない。うっかり裏返そうものならその光により失明することは必至であるため、飼育にはコウガク種以上に注意を払わねばならない。
ワイヤレス
尾を持たない品種。邪魔な尾を持たないので飼育しやすい利点があるが、体が重く、エサを多く消費する欠点がある。飼育しやすい利点から、近年、飼育者が増加している。
トラックボール
ボールの亜種で、別名逆さネズミもしくはネコとも言われている。上記3つと比べて希少価値があるためレッドデータアニマルに登録されている。その外観から敬遠されることも多いが、一度飼育すると二度とマウスに戻れないという禁断の品種でもある。
マウス超重戦車
ネズミという名前に反し、大人がいっぱい乗れる。188tの怪物であるが速度は遅い。武装は強化済み。後継機はE100とラーテ
設計者は天才で有名なフェルディナント・ポルシェ博士。
ロシアに実物が残っている。興味があるなら見るが良い。旅費は出さんぞ。
メガマウス
マウスという名前のとおりとてもmouthが大きいマウスではない生き物である。

もともとマウスは天から人を見下す生物であり、約3000年前のマウス戦争では苦戦を強いられたがロシア軍とスペイン軍との対立に巻き込まれ、数が減少し、いまでは、天然のマウスは存在せず、機械(人工)のもとだけになっている。 だが、最近になって、アメリカで古代マウスを信仰するもとたちの集まりによって、生物化されてきている。

捕獲された様子

[編集] 関連項目

この項目「マウス」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)
個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語