魔貫光殺砲

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「魔貫光殺砲」の項目を執筆しています。

魔貫光殺砲(まかんこうさっぽう)は、『ドラゴンボール』に登場する気功系(光線系)の技の1つ。

開発経緯[編集]

技の開発者

ピッコロ(マジュニア)が孫悟空用に開発した技。

気を指先に集中して、螺旋状の気をまとった光線状の気を指先から放つ。貫通力は非常に高く、ラディッツと孫悟空というサイヤ人を2人も倒した必殺技である。

使用者[編集]

ピッコロのほか、セル・セルジュニア・魔人ブウ・未来の孫悟飯 ほか多数。

流通[編集]

使用者は、ピッコロを知る数名であったが、酔った孫悟飯が日本の女子高生たちに次々と技を伝授。

2013年以降、twitterやNAVERまとめなどネット上に「マカンコウサッポウ」と呼ばれる技を使用し、友人を惨殺する女子高生の姿を写した写真があがるようになった。また、2014年には佐世保で女子高生がこの技を使って同級生を惨殺して話題になった。

この技は「マカンコウサッポウ」とは名ばかりの「爆力魔波」であり、酔った孫悟飯が「魔貫光殺砲」とともに「爆力魔波」や「超爆裂魔波」を伝授したことが原因である。

ピッコロはこの事態にショックを受ける。それは「爆力魔波(マカンコウサッポウ)」が「太陽拳」や「舞空術」よろしくコツさえつかめば誰でもできる簡単な術になってしまったかたでも、女子高生が次々と殺されるといった連続殺人事件につながったからでもない。弟子の孫悟飯が酔っていたとはいえ技名を間違えて教えていたためである。

反撃[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「かめはめ波」の項目を執筆しています。
か~め~は~め~波!!

ピッコロは、孫悟飯にも同様のショックを受けさせるため、悟飯や孫悟空に使用する「かめはめ波」を女子高生たちに「HADOUKEN」として伝授。

自身の酔った失態が、自身の流派(亀仙流)の技名を変えてしまうという事態に、悟飯も反省するだろうと考えていた。

だが、ピッコロは伝授の際、思わず「か~め~は~め~波!!」と言ってしまっていたため、技名は「カメハメハ」として流通してしまう。

発展[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「波動拳」の項目を執筆しています。

「かめはめ波(カメハメハ)」や「爆力魔波(マカンコウサッポウ)」を使い女子高生同士が殺し合いをする荒んだ世界となった現代。

玉川南高校に通う女子高生の春日野さくらは、殺し合いを止めるため、戦いに身を投じる

「かめはめ波(カメハメハ)」を伝授したピッコロが言った「HADOUKEN」とは何だったのかという答えを得るため、「ハドウケン」を知るとされる火引弾(ダン)に弟子入りする。

その殺し合いを制してでも手に入れたかったのはドラゴンボール。

ときにはリュウと呼ばれる謎の青年に助けられながら、ときには「爆力魔波(マカンコウサッポウ)」を使う友人さえも殺しながら、手に入れたドラゴンボール。

誰もが春日野さくらは「女子高生同士の殺し合いに心を痛め、あえて自分も戦いに身を投じ、勝者となって、戦い自体をなかった事にする」と思われたが、彼女がドラゴンボールに望んだのは永遠の若さだった。

これにより春日野さくらは永遠の女子高生の異名を得ることとなる。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「春日野さくら」の項目を執筆しています。

関連項目[編集]

スーパーサイヤ人3 おっす!オラ悟空。みんな!この記事「マカンコウサッポウ」に元気を分けてくれぇぇぇ!!! (Portal:スタブ)