マクラーレン

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

マクラーレン(MACLAREN/McLaren)とは、イギリスの乗り物メーカー。イギリスの福祉標語「ゆりかごから墓場まで」にインスパイアされ乳母車からF1までをスローガンとした幅広い商品展開を行っている。

概要[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「マクラーレン」の項目を執筆しています。

1965年代に乳母車メーカーとして創立されたマクラーレンは、折りたたみ式ベビーカーの特許で大金を手に入れ、「子ども達の夢を育む」ため[1]にレーシングチームを設立する。もともとベビーカーに求められる「安全性」「軽量化」などのノウハウが幸いし、翌年1966年には早くもモナコGPでF1デビューを果たす。1968年のベルギーGPでF1初優勝を果たした後、創設者の事故死などのいくつかのトラブルを乗り越えて現在まで名門チームとしての地位を確立している。優勝回数ではフェラーリに次ぎ二位、コンストラクタータイトルはフェラーリウィリアムスに次ぎ三位である。

また一方、その車体製造のノウハウを活かし、スポーティーなDQN向け商品も製造している。

F1チーム[編集]

F1参戦チームとしては前述の通り名門といわれいるが、これはルーツを育児用品に持つが故の社会的責任感の表れである。完全主義で規律を重んじることで有名。チームクルーは規則でがんじがらめであり、その規則たるや軍隊方式といわれている愛知県の公立学校なみである。男性の長髪は当然ご法度であり(これは監督がぴーであることとは関係ない、とされている)、爪が伸びていると爪きりを渡されてきちんと短く整えたりきっちりとした身だしなみになるまでは仕事に入ることはできない。(ただし、一時期はこれを徹底させ過ぎ、ベビーカー部門のユーザーにまで指先を切りそろえることを強要した[1]として問題となっている)

アイルトン・セナミカ・ハッキネンという、日本で(特にベビーカーのメインユーザー層である女子どもに)人気のあったドライバーを有しているチームとして日本国内では特に人気があった……はずなのだが、実際のところフェラーリのほうが人気があるのは日本においても他国と変わりはない。

また、規律を重んじるチームの割には、牧場の情報を盗み出す産業スパイ事件が疑われたりもしている。

市販車ラインナップ[編集]

Stop crap.png クソ記事に注意!!
この記事はクソです。筆者自身がそれを認めます。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「マクラーレン・F1」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「マクラーレン・MP4-12C」の項目を執筆しています。
マクラーレンの出来損ない達。
マクラーレンの最高傑作でやはりベビーカーが最速である。
マクラーレン・F1
3人乗り。バタフライドア、6.1l V型12気筒 627馬力でたったの1140kgの化け物マシン。最高速は公称391km/hだが実際にはアクセルを踏み続けていると音速を突破してしまうので、危険なため誰もそれ以上のスピードを測れなかったための仮記録である。その仮記録のまま見過ごした挙句、残念ながら後にケーニグセグ・CCXやブガッティ・ヴェイロンにその座を奪われた。
この車は気違いじみた速さの割には乗り心地がいいと言われている。乗り心地を良くすることに拘った理由は、フェラーリ・F40やポルシェ・959等と言った速い車の乗り心地が便器並みに悪かったため、それらとの差別化を図ったのである。設計者のゴードンがお手本としたホンダ・NSXは「乗り心地が良い」と言われており、他社からも羨ましがられた車であった。ゴードン曰く「F1が最高傑作ならば、NSXは結構良い車でF40や959、EB110等はクソ過ぎて話にならない」である。
エンジンにはBMWの6.1L V型12気筒を搭載。本来このエンジンはBMW 8シリーズの王者である「M8」に搭載される予定だったが、世界的なバブル崩壊や環境問題が発生し、M8自体がなかったことにされたため、どさくさにまぎれてこの車に搭載されることとなった。ちなみに当初はホンダ製のV型8気筒又は10気筒のエンジンが搭載される予定だったが、ホンダが「乳母車ごときに俺らが作ったエンジンを搭載するのは嫌だ」と拒否。それに比べてBMWはさすがの太っ腹ぶりである。
95年のルマン・24時間レースは大荒れの天候でスタート。ダウンフォースがかなり不足しており(極端な話0とも言われている)クラッチやトランスミッションが24時間保つかどうかも懸念された中、、実質的なマクラーレンのワークスチームである国際開発UKが[2]59号車が総合優勝した[3]
1996年からは全日本GT選手権にチーム・ラーク・マクラーレンとして参戦し総合優勝したが、あまりにも速すぎたため「化け物だ!」「こんな乳母車見たことない!」と言われ、出る杭は叩くという日本古来の美しい風習に従い日本車勢から徹底的に潰され、黒歴史化した。
なお、この車の一号車は当初アイルトン・セナに納車される予定だったが、残念ながら納車よりも先にセナ自身が棺に納められてしまった[4]
メルセデス・ベンツ SLRマクラーレン
2人乗り。バタフライドア、5.4l V8スーパーチャージャー626馬力で1.8t強、と上に比べるとかなりどんくさい。お値段も上のに比べると半分くらい[5]とだいぶお手ごろになっている。
この車は同クラスのスーパーカーでは類を見ない5速ATで、Sクラス重視のベンツにとっては大容量のトルクを受け止めるにはやはりこれが良い!と思ったらしい。
マクラーレンMP4-12C
2人乗り。上のに比べるとデザインもおとなしい。BMWやメルセデスにも頼れなくなった今、マクラーレンは新たなエンジンを作る事に成功、搭載した。そのエンジンは3.8リッター V型8気筒 ツインターボである。これは会社の売りを「乳母車から墓場まで」としないための配慮であるといわれている。2011年発売予定。価格は上のよりも半分以下で買えるのでさらにお手ごろになってる。ヨーロッパでは必要以上に環境に配慮することが求められ、この車も同クラスのスポーツカーに比べて最も二酸化炭素排出量が少ないとも言われており、トヨタ・プリウスよりも燃費が良いとも。
当初、メルセデス・ベンツ SLS AMGのエンジンを積む予定だったが、「この乳母車野郎!俺達は乳母車に積むためにエンジン作ってるんじゃねえ!」と拒否され、マクラーレンが裏切ってメルセデス・ベンツとの提携を解消した。歴史は繰り返す。
マクラーレンP1
2人乗り。上のとは違い限定生産車。エンジンは12Cと同じ3.8リッターV型8気筒だが、その出力は高められ、更に時代の流れに乗って電気モーターアシストも搭載し、2つの合計は916PSにも達する。また、KERSみたいなやつや、DRSみたいなやつも搭載するF1もどきである。だが、皮肉にもP1がデビューした年は本業のF1が近年稀に見る低迷に苦しんでいたことは誰も気にしない
マクラーレンsport
1人乗り。軽量ボディでスタイリッシュ、シートリクライニングは最大150度でゆったりとしたシートポジションが特徴。また、この車種のような廉価モデルであっても、シートベルトには上級車種と同等以上の5点式を搭載するなど安全性に配慮されているのがマクラーレンの最大の特徴である。
twin triumph Zodiac
2人乗り。非力な女性でも楽に取りまわせる軽量スタイリッシュボディが特徴。オープンエアの快適性と居住性を両立、乗員は快適さについうとうとしてしまいがちであるが、そのような場合も外部からの制御により安全確保ができることもマクラーレンの売り物である。
ヴォロー
1人乗り。フルアルミ合金フレームが6から7ヶ月の重くなった赤ちゃんでもがっしり受け止め、しかも非力な女性でも楽に取りまわせる軽量ボディ。ベビーカーの「2台目」としてもお勧めの一品で、根強い人気がある。また、メッシュ素材を世界で初めて使ったクールなスタイリング。これも同じくマクラーレンの売り物である。


Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

[編集]

  1. ^ もちろんイギリスではお金持ちの子どもにとってカーレーサーが憧れの職業だからである。
  2. ^ 包茎治療のために勝つ!と言ったために上野クリニックがスポンサーとなった。
  3. ^ なぜ総合優勝したのかというとそのときに包茎治療が成功したからである。それが成功しなかったら優勝してなかったであろう。
  4. ^ ただし、セナ死亡時の所属チームはマクラーレンではなく日産のボスである。
  5. ^ 首都圏でマンションが買えるくらい。


関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「マクラーレン」の項目を執筆しています。