マサオ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「マサオ」の記事を執筆しています。
Wikipedia
海外安全情報
ウィキペディアの「マサオ」周辺は治安が悪化しているため、渡航の延期をお勧めします。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「マサオ」の項目を執筆してくれています。

もしかして: マリオ

もしかして: 金正男

就寝なさるマサオさん

マサオとは、主にpixivを仕事の場とする一流のトレス職人である。反論を一切認めない姿勢から裸の王様にクラスチェンジしたと言う噂もある。

人物[編集]

元々は朝目新聞で活躍していた同人作家であるが、その後活動の場をpixivに移す。朝目新聞時代に培った知名度を武器に、pixiv上でも彼のイラストが投稿されるや否や、すぐに数千点の評価に100を超えるブックマークは当たり前、デイリーランキングで常に上位を獲得する、いわゆる『トップランカー』の称号を得ていた。その人気が高じてイラストの仕事や商業誌での漫画連載も開始され、同人作家からプロ作家になるという同人作家の王道ルートを突き進んでいた。

特徴[編集]

作例その1:商業誌に連載されている『石田とあさくら』に使われているコマの1つだが、ご覧のようにGoogle画像検索でヒットした桜の画像をPhotoshopの「焼き込みカラー」を使って着物の柄にしている。
作例その2:あの有名な電気ネズミのコラ画像であるが、画像の引用元は任天堂のゲームの公式サイト。任天堂法務部に喧嘩を売っているあたりがさすがである。

冒頭にもあるように彼は一流のトレス職人である。あるいはただの糞虫

まず彼の作品の制作はGoogle先生で素材を探すところから始まる。Google画像検索の1ページ目でヒットした写真をダウソして、自分のPCにコピペ。そして、Photoshopを駆使して元絵を丁寧に、バレないように塗っていくのが彼の基本的な制作スタイルである。

最近ではトレスするのも面倒くさくなってきたのか、画像を軽くレタッチしてそのまま貼りつけたりする行為も散見され、プロ作家として仕事量が増えてきたために作業を簡略化する目的でこのような行為が行われるようになったと推測されている。このことから、レタッチ職人マサオという呼び声も獲得した。

ちなみにトレスという技法は他のプロ作家でも稀に見られるものであるが、発覚したときの見返りがかなりのものであるために、そのことを公表している作家は滅多にいない。専ら、2ちゃんねらーなどによる特定作業から発覚するのがほとんどである。

最近の動向[編集]

こうしてできたまるで実写かと思わせるかのような美麗イラストは多くの人に賞賛され、pixiv内で絶対的な地位を確立していたマサオであったが、一部の敵対勢力によって上記のトレス、レタッチ行為が検証された結果、大量の顰蹙ポイントを稼ぐことに成功。このことに対してマサオは雲隠れの術を使って身を潜めているが、密かに自分のファンへのフォローはしていることが発覚して、またもや顰蹙ポイントを獲得。更に、当時連載していた『石田とあさくら』の連載も打ち切りとなり更なるボーナスポイントも獲得。エクストリーム・謝罪にエントリーすれば決勝ラウンド進出はほぼ確実とまで言われていたが、マサオ本人は肝心の謝罪行為を未だに行っていないために、エクストリーム・謝罪/2012年へのエントリーは未だに実現していない。

マサオ本人はその後も雲隠れを続けていたが、炎上から半年後に活動を再開。しかし、その時に疑惑のあったイラストをすべて削除して証拠隠滅を成し遂げた。そして2013年2月現在、自分にとって不都合なコメントは削除・書き込んだ人をブロック(アクセス禁止)を延々と続けている。

ちなみに2014年1月現在、復帰後のpixiv内でのイラストにつけられた批判コメントはおろか、謝罪したほうがいいのではないかと言うような忠告のコメントまでも全て削除されている。連載打ち切りになったのでヒマがあるらしい。ご丁寧なことだ。

マサオキッズ[編集]

典型的なマサオキッズ。擁護のつもりらしいが、並の叩きより遥かに辛辣である。

マサオキッズとは、マサオを教祖として崇めるカルト教団の狂信者たちのことである。

彼らの活動は、主にpixivに上がったマサオの絵に10点を付けてブックマークするという至って簡単なものである。

上記の盗作疑惑が発覚した際もマサオのフォローに必死であり、「マサオさんがトレパクなんてするはずがありません」「マサオさんはトレパクするほど画力が低くありません」などといった発言を繰り返して敵対勢力と対抗していた。

ところが一方で「マサオさんがトレスしてたのは知ってた」などとぬかすやつも存在する。マサオ自身はトレパクやレタッチに関しては黙秘しているので完全に後ろから援護射撃のつもりでマサオを撃ち抜いてる状態である。

なお単なるマサオファンと、キッズとは明確な違いがあるので注意。実際、マサオを庇いつつも「マサオさんにはトレパクの件について回答をして、謝罪なりなんなりしてやり直して欲しい」と願う者もいた[1]

ヲチスレへの降臨[編集]

ここ最近はpixivにおいてトレスと狂いデッサン満載の奇形女性イラストを数枚描き溜めた上で一気に放出するという奏でるという行為が見られる。それくらいしか活動してないのかと思いきや、なんと2ちゃんねるの自分のヲチスレにてファンの振り(動向としてはキッズに近い)をして、ヲチ民にかなり的外れな攻撃を行っているらしい。

主な攻撃方法として嫉妬底辺という言葉の連発、狙ったわけでもないのに「釣れたww」と必死な顔して言い放つ後釣り宣言など、「義務教育からやり直したほうがいいんじゃないか」というレベルの語彙力の欠如が見られる書き込みが多く、しかも深夜3時以降も平然として書き綴られるためほとんど自動投稿に近い状態である。尚、ヲチ民の反論に対しては基本ガンスルーであり、「論破できるな」と思った書き込みに対してのみ安価を付ける(でも論破はできてない)。

このキッズの振りをしたマサオ本人は、日付変更によるIDの変化を利用した自己レスなどの自演行為を多々行っているが、IDが上手く変化しておらず、自演行為が明らかになるなど馬鹿丸出しの失敗を何回も繰り返している。そのためか最初にIDの確認のために住人に紛れるための書き込みを行うのだが、それも「何が起こった?」という状況確認の書き込みしか行わないため、3日ほどで見破られる羽目になった。

また学歴コンプレックスの気があるのか、自称「司法書士志望の高校生」「医学生」という厨二丸出しな設定で擁護(にもなってない駄文)を行う。そして勉強をしているなどと言っておきながら30分おきに書き込みを行っている。本物の司法書士志願者や医学生に失礼極まりない。

なお彼の中ではリッチな食事とはラーメン屋での外食である。

こんな感じに捕まえてください。
WANTED マサオ

この「マサオ」は、研究中に逃げていきました捕まえてくださるハンターまたはトレーナーを求めています。よろしくお願いします、そこのあなた!
モンスターボールを持って、捕まえに行ってください。賞金は無量大数円です。 (Portal:スタブ)

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 過去形なのは、こういってただ賞賛するばかりのキッズを非難していたマサオファンが、マサオ直々の手によりブロックされたため。その人物はマサオを完全に見限る結果となった。なお非難されたキッズはなんとお咎めなしである。