マッハGoGoGo

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「マッハGoGoGo」の項目を執筆しています。

マッハGoGoGo』(マッハ ゴー ゴー ゴー)は、日本のアニメ作品。少年少女にはカーアクションとして楽しめ、成人にはギャグアニメとして楽しめる数少ない作品である。

目次

[編集] 概要

自動車レースをモチーフにした少年少女・成人向けテレビアニメである。1967年竜の子プロダクションが制作し、フジテレビ系で放送された。

スーパーレーサー三船剛が、サーキットという狭い世界にとどまらず、さらにはレースにとどまらない剛活躍を描くためにラリー形式の設定として数々の矛盾を跳ね除けて製作されている。

アメリカではあまりの面白さが受けて「Speed Racer」のタイトルで放送され、人気を博した。

2006年、アメリカで『スピード・レーサー』として実写映画化されることが決定した。しかし実際のアニメの設定では、全て実写で映像化することは到底不可能なため、アクションシーンではCGが使われている。

[編集] 登場マシン

[編集] マッハ号(第1作)

車体のマークはMをもじったものである。主人公の三船剛の搭乗するマッハ号にはレースには絶対に必要のない、幾つかの特別な機能があり、レースではありえないはず手の剛のピンチを救う。その殆どは、ステアリングパッドにあるボタンで操作される。

  1. オートジャッキ(Aボタン:下部にある特殊ジャッキ。路面を蹴ることによってジャンプすることが可能)。で、どうしてレースでジャッキが必要なのか?心配のし過ぎではないか?
  2. ベルトタイヤ(Bボタン:タイヤに特殊なベルトが装着され、山岳走行(急斜面など)ができるようになる)。レースではレインタイヤを使うことはあってもチェーンを使うことは絶対にない。しかもベルトタイヤはすばらしい吸着性があるらしく、ほとんど直角に切り立った崖の壁面でも走行できる。サーカスでもそんなことはできないであろう。
  3. カッター(Cボタン:丸鋸が車前面に出てくる。木などを切り倒しながら走行できる “チョッパー”とも呼ばれた)。だからどうしてレースで木を切り倒しながら走る必要性があるのか?そもそもチェーンソーでも木を一本倒すのにどれだけ時間がかかるのか知っているのか?それを200km/hはでているであろう速度でやってのけてしまうのだから相当なものである。
  4. ディフェンサー(Dボタン:座席上部のキャノピーが閉じる)。防弾機能があり、また潜水の際に使用する。どちらもレースには必要のない機能である。あえて戦争をしている国でレースをするのであれば必要かも知れない。
  5. イブニングアイ(Eボタン:赤外線灯 剛がかぶるヘルメットのシールドが暗視ゴーグルになる)。しかし通常のヘッドライトではダメなのだろうか?……というツッコミをかましてはいけない。そういう設定なのだから。
  6. フロッガー(Fボタン:ディフェンサーに加えて酸素ボンベより酸素が供給され水中走行を行なえる)。世界中のサーキット・ラリーコースで水中を走る所があったらぜひ見てみたいものである。
  7. ギズモ号(Gボタン:偵察用の小型飛行メカ)。なぜレースで偵察が必要なのであろう?おもちゃでしかない。レース中におもちゃで遊んでいるヒマがあったら他にすることがあると思うのが凡人の発想だが、そこはスーパーレーサーの剛。ちゃんと存在価値はある。はず。
  8. ホーミング(Hボタン:ギズモ号を自宅に戻す)。一旦飛ばしたおもちゃをご丁寧に元に戻す機能である。そもそもギズモ号はラジコン(作中ではリモコンと呼んでいる)操作ができるので自分で戻せばよさそうなものだが、そこは勘ぐってはいけない。


[編集] 主なキャラクター

  • 三船剛:18歳にしてスーパーレーサー。スポーツ万能でありとあらゆる格闘技に長けている。そこまではまだ許せるとしてどう考えても日本人なのに射撃にまで長けている。理由は彼がきっと幼少の頃アメリカあたりで射撃の訓練を積んだからであろう。なお「レーサーになぜ格闘技や射撃の腕が必要なのか?」と突っ込んではいけない。
  • 覆面レーサーX:本名・三船健一。三船剛の6歳違いの兄。父の指示を無視してレースに参加し、失敗したことを機に海外でレーサーとしての腕を磨く。通常この手の謎キャラは、最後まで謎のままであるが、登場するや、よい子のみんなにも解りやすい様、自ら細かに素性を話してくれる。ご丁寧に覆面まで外してくれるサービスは泣ける話である。
  • 志村ミチ:通称・ミッチー。剛のガールフレンド。レーサーなのに、とかく何かと事件に巻き込まれる剛を助ける。飛行機やヘリコプターの操縦までこなすスーパーガール。
  • 三船大介:剛の父。スーパーファニーマシン・マッハ号を設計・製作した。
  • 三船アヤ:号の母。それだけ。
  • 三船くりお:剛の弟。いつもマッハ号のトランクに隠れて乗り込み、時には剛が巻き込まれるピンチを救う。いつも遊んでいるのでまだ未就学児童である。昨今流行のNEETのはしり。
  • 三平:三船家のペット。チンパンジーだが、くりおと常に行動を共にし、時には剛のピンチを救う。だから何でレースにピンチが必要なんだよ、おい!
  • サブ:メカニック。文字通りのサブキャラなので特に活躍したりはしないが、実は結構な曲者である。
  • 六郷警部:レースに警察が必要とは到底思えない。…と考えてはいけない。
個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語