マツダ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索
マツダ株式会社
MAZDA Motor Corporation
種類 株式会社
略称 マシダ
本社所在地 730-8670
広島県安芸郡府中町新地3番1号
設立 1920年1月30日
業種 製造業
事業内容 乗用車・トラック・コルクの製造・販売・広島東洋カープのお守り等
代表者 代表取締役社長 山内孝
資本金 1486億4302万6687円(2006年9月30日現在)
売上高 単体2兆0321億円、連結2兆9198億円(2006年3月期)
総資産 単体1兆3956億円、連結1兆7887億円(2006年3月期)
従業員数 単体1万9893人、連結3万6626人(2006年4月1日現在)
決算期 毎年3月
主要株主 フォード・モーター (33.9%)
主要子会社 株式会社マツダオートザム
関係する人物 松田重次郎(創業者)
外部リンク http://www.mazda.co.jp/

マツダ株式会社 (ロータリーエンジン大好き!!マツダかぶしきがいしゃ、MAZDA Motor Corporation漢字表記は「松田株式会社」)は、日本にある自動車ロリコン模擬体験ロボット製造会社。

目次

[編集] 概要

世界で唯一ロータリーエンジン(社運をかけたエンジンであり、開発したのはロータリー47士と呼ばれる集団で、そのリーダーだった人は、後にマツダの社長にまで上り詰めた)を搭載したロリコン模擬ロボットを量産している企業。マツダが本来得意とする日本人離れしたスタイルと、誘惑性を重視した独自の商品戦略で幅広く好評を得ており、長期にわたって低迷していた業績のV字回復を果たした。特に海外諸国で販売好調が続いており、2005年度の営業収益は1,234億円と大きな記録を残した。

[編集] 経営難とその脱出

かつてロータリーエンジンのバスまで作るくらいロータリーエンジン大好き!!なマツダは日産いすゞ同様90年代に多チャンネル化の大失敗によって死にそうになっていた。日産のように手を差し伸べるものもおらず大変だったが、スーパーヒーロー・デミオ異世界より召喚し経営難を脱出したとされている。しかし今でもマツダは「パッとしない車の会社」と評されておりデミオ以外の車が一般ユーザーに知れ渡っていないという。目つきが悪い車ばっか作ってるからなんだけどね。

[編集] 車種一覧

軽自動車は以前マツダで製造していたが、現在はスズ菌からのOEMとなっている。

[編集] 現行車種

車種 初登場年 現行型 備考
発表 マイナーチェンジ
セダソ(サルーン)
AXELA アクセラ 2003年 2013年11月21日(3代目) ファミリアの後継。3代目ではトヨタからハイブリッドシステムを付与したハイブリッド車も追加された。
ATENZA アテンザ 2002年 2012年11月20日(3代目) カペラの後継。3代目のデザインがBMWっぽいとちらほら。
ハッチバック
AXELA アクセラスポーツ 2003年 2013年11月21日(3代目) ファミリアS-ワゴンの後継。3代目では2.2Lのクリーンディーゼル車も追加された。
DEMIO デミオ 1996年 2007年7月5日(3代目) 2011年6月9日 CX-5が出るまでの顔はこれ。
VERISA ベリーサ 2004年 2004年6月28日 2006年8月4日 2代目デミオの姉妹車。3代目マダー?
SUV/クロスカントリー
CX-5 CX-5 2012年 2012年2月16日 日本におけるCX-7の後継。名前が既に中二病臭いコンセプトカーの「勢(みなぎ)」をベースにしている。最近のマツダ車の顔はこれ。
ステーションワゴン
ATENZA アテンザワゴン 2002年 2012年11月20日(3代目) カペラワゴンの後継。これも3代目のデザインがBMWっぽk(
ミニバン/1BOX
MPV MPV 1990年 2006年2月2日(3代目) 2008年1月15日 8人の性格がプログラムできる高度なロボット。245馬力の前輪駆動(もしくは四輪駆動)の6速ATの変態グレード(マツダスピードアクセラと同じエンジンの改盤)も2010年7月末まで存在していたが、消息を絶つ。(マツダのメーカーとしての平均燃費向上のため、ターボとNAの混在するMPVは燃費で劣るターボを廃止せざるを得なかった。)
PREMACY プレマシー 1999年 2010年7月1日(3代目) 2013年1月24日 3列シートのミニバンの姿をしているが、実は中身はスポーツカー顔負けのアクセラ譲りの足回りを装備する変態向けファミリーカー。子供と一緒にドライブをするときはゲロ袋が必需品です。
BIANTE ビアンテ 2008年 2008年7月8日 2013年5月27日 マツダにとっての普通のミニバン。泣く子も一瞬で引付を起こす、おっちゃんが笑いかけたようなフロントマスクが全ての印象を決定付ける。
ええ、内装や使い勝手などのイメージを吹き飛ばす勢いで。売れ行きは禁則事項です
クーペ
ROADSTER ロードスター 1989年 2005年8月25日(3代目) 2008年12月9日 RX-8と同じくロリ系キャラクターだがロータリーエンジンは搭載していない。ロードスターにロータリーエンジンを無理やり搭載し無免許でラリーをやらかすという糞漫画があったが、内容が糞過ぎたため当然のように打ち切りとなってしまった。このせいもあってか、ロータリーエンジン搭載計画は頓挫してしまったようである。しかし、2シーターとしては販売台数としては世界一を誇るロボット。お目めぱっちりのNAちゃん、シリーズ中最も空気だったNBさん、鋼鉄の貞操帯を純正装備するNC様と続いている。
軽自動車
CAROL キャロル 1962年 2009年12月17日(6代目) 現・マツダ版アルト。同じ自動車生産会社のスズ菌から提供された、ロータリーエンジンで動く欧米人系の少女ロボット。1962年に登場した初代キャロルはマツダオリジナルで画期的デザイン機能なロリメイドだった。
FLAIR フレア 2012年 2012年10月25日 マツダ版ワゴンR。AZ-ワゴンの後継。
AZ-OFFROAD AZ-オフロード 1998年 1998年10月13日 マツダ版ジムニー。街中でほとんど見かけない。ジムニーかと思ったらあのエンブレム…。
FLAIR WAGON フレアワゴン 2012年 2013年3月18日(2代目) マツダ版スペーシア。わずか1年足らずでパレットからスペーシアベースにフルモデルチェンジ。
SCRUM WAGON スクラムワゴン 1989年 2005年9月13日(4代目) マツダ版エブリイワゴン

[編集] 商用車の一部

  • スクラム:マツダ版エブリイキャリイ
  • タイタン: 主に土星の衛星タイタンで使われる。近年タイタンには生命がいるのではないかと騒がれているため宇宙関係者から大量生産の申し込みがきているらしい。頭以外はボンゴ。
  • ボンゴ: スターウォーズの技術を使った。深海を動くのに使う。

[編集] 過去の主な販売車種

[編集] スポーツ商品

  • RX-8:最新鋭のロータリーエンジン2006を搭載している、とっても可愛く走るロボット。RX-7(後述)の妹と紹介されがちだが、公式『従妹ぐらいの関係』とされている。後部座席はオッサン二人が入っても大丈夫なように、RX-7の取って付けたようなヤツよりは大きめにとられている点などファミリーロボットとしての機能が高い。最近ではエンジンと水素との相性が良いらしく、展開によっては天下を奪える可能性もある。
  • RX-7:ガチで走りこむために専用のロータリーエンジンを搭載した日本史上最強クラスのツンデレ系ロボット。スペック的には日産・スカイラインGT-Rトヨタ・スープラといったライバルには劣るがハンドリング性能は特筆に値し、何よりツンとデレのバランスが50:50と絶妙で多くのマニアの支持を受けた。復活を望む声も多いが「今の時代にあのツンデレ具合を再現するのは無理」と悲観的な見方をするものも多い。某映画ではFD型が悲惨な事になっていたが、誰も気にしない
  • コスモ:元祖ロリ。エンジンからワンダバダバダバという軽快な音を出して走る。最終モデルはアレが3つもついてた究極のロリ搭載。踏むとリッター2キロとかバブルの頃はよかったなぁ・・・
  • RX-78-2(予定):ロータリーエンジンというか車に見切りをつけ、宇宙史上最強クラスのロボット。ライバルのホンダ・アツモ(後のMS-05)には開発は遅れを取ったもののスペック的には大変優秀で大気圏突入もできる。世界中のマニアの支持を受け、数多のマイナーチェンジを施し00型まで発売が予定されている(予定)。就職活動シーズンには、このロボットを作りたい学生が「RX-78はいつ開発しますか?」社員は「わしらは、まだRX-9すらつくってないけん!」といったやり取は毎年の恒例である。尚エントリーシートにRX-78の内容を書くことは面接への近道であり、下手な推薦より内定に近い。また面接において、社員から何かしらほめられた場合「おだてないでください」と言い返せば内定確実である。
  • MAZDASPEED AXELA:264馬力の前輪駆動のMT6速のド変態グレード。

[編集] 普通型

[編集] 小型

  • レビュー:コンパクトセダン。最大のライバルは言うまでも無くWill Viだがこっちの方が数段可愛い。あまりにも可愛すぎたせいで狙い過ぎているとロリコン達に大不評で人気はなかったが、後にデミオの元となったことを考えるとマツダの隠れた救世主である。

[編集] SUV型

  • CX-7:トリビュート?(いやいや、一応は後継ですよ)

[編集] 軽量型

この看板に要注意だ。
  • マツダR360クーペ:マツダが初めて製造販売した軽自動車。看板もお察し下さいにより制作されている。
  • スピアーノ:女性の数少ないロリコン欲を満たすために、開発されたイケメンロボットである。軽量型としては性能がそこそこ良く、あれまで付き合ってくれるロボットである。
  • AZ-1:ミッドシップマウントのターボエンジンで動く少女ロボットだが、性格がキツすぎるうえにあれをするには体が小さすぎて男性自身のサイズがかなり制限されるためライバルのホンダ・ビートスズキ・カプチーノよりは売れ具合が悪かった。ボディパネルがプラスチックな為、販売当時死亡事故率が全国産車中一番高かった。
  • ラピュタ:ラピュタは滅びぬ!!何度でも蘇るさ!ちなみにスペイン語ではばいしゅn以下略)。


[編集] 商用型

  • ボンゴブローニイ: ボンゴが戦艦大和並に巨大化し、戦闘能力はこの一つだけでアメリカ海軍を全滅させる火力であるがマツダが作ろうとしないため世界中の世界征服を狙う悪の組織から不満が高まっている。だがマツダがこのマシンを所有しているため悪の組織もうかつに手が出せず広島は今現在も平和である。

[編集] 関連事項

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「マツダ」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文を読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「マツダ」の項目を執筆しています。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者 (略してニコ厨) のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「マツダ」の項目を執筆してくれています。

[編集] 外部リンク

マツダのロリコン体験ロボットの原型?注意:18歳未満禁止です


個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語