マティアス・ザマー

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

マティアス・ザマー:Matthias Sammer、1967年~)はドイツのサッカー選手であり、ヨーロッパサッカーに名を残す守備的ミッドフィルダー、ディフェンダーである。そして日本における大番狂わせの。ミスター・ジャイアントキリング。存在そのものが大金星な名選手である。

Look at Sammer!」は日本人の心にしみこんだ名台詞としてサッカー場や野球場、果ては時代劇やバラエティ番組にまで使用されている。

経歴[編集]

統一前の東ドイツ、ドレスデン市に生まれたザマーは1985年に地元のサッカーチーム「ディナモ・ドレスデン」でキャリアをスタートさせている。ドイツ統一後の1990年、「VfBシュトゥットガルト」に移籍した頃には若き才能として知られる存在となっており、実際、統一ドイツとして初めて代表チームを選出する際には東ドイツ出身選手として最も早く代表入りを果たしている。

その特徴は、身長180センチのディフェンダーとしては小ぶりな体でも大きな相手に競り勝つ強さと、機を見ては前線にボールを運び得点をあげるといった予想外な活躍を起こしたことが挙げられる。そして、1996年に行われたサッカー欧州選手権ではドイツ優勝に大きく貢献。守備的な選手であるにも関わらず同年の欧州年間最優秀選手賞、通称「バロンドール」を獲得している。

さらに、2000年に引退したあとは監督として活躍。ボルシア・ドルトムントを率いてドイツ・リーグで優勝するなど、指導者としても才能を示している。

日本での活躍[編集]

そんなヨーロッパの名選手であった彼の名前が一躍日本に知られるようになったのは江戸時代である。チャキチャキの江戸っ子連中は実力差が大きい2人が戦う場合は判官びいきで実力が劣っているはずの相手を無条件で応援することがよくあり、大抵の場合は弱ければ即敗北につながるのだけれど、ときと場合によっては、実力差を跳ね除けて弱者が勝利する場合もある。そんなとき、往時の江戸っ子たちは「およそ200年後のドイツ人サッカー選手を見習いなさい」という言葉をしきりに残し、勝者を称えつつ敗者に反省を促すのである。

使用方法[編集]

江戸弁は発音が難しいので、ここでは一般的な文法で記述する。

用例その1
ザマーを見てください
用例その2
ザマーを見て、その姿をさらしてください。今動物の目」
用例その3
ザマーはカンカン照りの日差しです。そして、緑色をした水辺の妖怪でん部から放出される気体です。

正式な発音[編集]

外部リンクを参照のこと

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「マティアス・ザマー」の項目を執筆しています。