マハトマ・ガンジー

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「マハトマ・ガンジー」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「ダルシム」の項目を執筆しています。

ガンジーでも助走をつけて殴るレベル

マッド・トマホーク・ガンディー(Mad Tomahawk Gandhi, 1869年10月2日-1948年1月30日)は、インドの民族運動指導者。格闘ゲームファンにはダルシム(DHALSIM)の別称でも知られている。

目次

[編集] 人物

どうやら非暴力・不服従でインドを独立させたことになっているらしい。しかし、実際の彼は奇声を上げながら凶器を振りかざし、政府関係施設を襲撃した格闘家にして印度の父である。

平和と野菜を愛した男が、その穏やかな紳士の仮面をかなぐり捨てて渾身のフルスイングで政府を没したという。温室育ちの英国領事館など一溜まりもないだろう。

後に発見された彼が使ったと思われる凶器のメリケンサックは所々赤黒くくすんでいて、理想と現実の狭間に翻弄された男の苦悩がひしひしと伝わってきたとのこと。非暴力・不服従など所詮は夢物語ということだろう。真実はいつも過酷である。

[編集] 経歴

[編集] インド独立

マハトマ・ガンジーの真の姿

ヨガをする傍らストリートファイトに参加し、帰国後はヨガを駆使して英国からの独立運動を指揮した。このやり方はインドを独立させ、英国の多数の軍人を焼死させた。何とか生還した当時の英国の軍人は「ヨガファイヤーと叫ぶ化け物が襲ってきた」「やつは間違いなくガンジーだ」と証言している。しかし、ガンジーはヨガが生物兵器に利用されることを懸念してそれを否定し、さらには、ストリートファイトに参加していたことを隠し、当時不可能だと言われていた非暴力・非服従でインドを独立させたことにした。

[編集] 塩の行進

ラーメンと夢の競演

こっそり格闘技研究をしていたガンジーは、極東の新興国日本の国技に注目した。日本の相撲でばら撒く多量の塩、これを格闘に用いることは出来ないだろうか。そして長年の技の研鑽により、イギリス当局の目が厳しくなって使えなくなったヨガファイヤーに代わり、体内から塩分を抽出して、敵の目にめがけて飛ばす「ヨガソルト」を開発した。これならば人を殺すことはない。しかしヨガソルトは体内の多量の塩分を消耗するため、こっそり支持者とともに海岸に出かけ、海から塩分を補充しする必要があった。とっておきの必殺技である。このネタをバラされるわけにはいかない。ところがイギリス官憲がこれをあやしみ、植民地政府に塩税を払わない運動と誤解したため、インド独立支持者がガンジーのそばに集まって暴れまくったのである。これを史上「塩の行進」またの名を「大塩の乱」と呼んでおり、ガンジーは責任を取って「ヨガソルト」の使用を封印したのである。

[編集] 宗教暴動

独立後まもなく宗教暴動が活発になり、ガンジーは自ら出演している格闘ゲームが宗教上の理由で売れなくなることを恐れ、「空腹を忘れる方法」を習得し、断食して宗教暴動を抑えようとしたが、ヒンドゥー原理主義者に暗殺された。(松永久秀による暗殺という説もある)

[編集] ガンジー暗殺後

ヒンドゥー原理主義者がすり替えた優しい人の写真

ヒンドゥー原理主義者はガンジーの存在を否定するために、ガンジーが非暴力・非服従でインドを独立させたことを世界に広め、ガンジーの写真を優しそうな人の写真にすり替え、その銅像を造り、ガンジーが出演している格闘ゲームのガンジーのキャラクター名を「怠いしむちゃ弱い」を略して「ダルシム」に変更した。キャラクター画像も変更しようとしたがヒンドゥー原理主義者のパソコンがAntinnyに感染し、Winny経由でその陰謀がばれることを恐れたヒンドゥー原理主義者はパソコンを破壊した。そのため、その格闘ゲームのダルシムのキャラクター画像はガンジーの真の姿である。

[編集] 技の解説

火を吹いたり手足を伸ばしたり、常人には使用不可能な技ばかりである。

[編集] 投げ技

ヨガスルー
掴んだ相手をブン投げる。
ヨガスマッシュ
掴んだ相手の頭部を連続で殴り続ける。

[編集] 特殊技

ドリルキック
錐揉み状に回転しながら斜め下に降下していく。ネクロも使用する。
ドリル頭突き
ドリルキックの要領で頭突きを行う。
ヨガショック
手刀を振り落す。発生が遅く、威力も低いため、使い辛い。
浮遊
放屁によってお空にプカプカ浮く。
ヨガタワー
足を伸ばしてあらゆる技を躱す。
ガンディーフラッシュ
私は光を投げるの名言とともに頭部より繰り出される激しい光線。

[編集] 必殺技

ヨガファイヤー
口から火の玉を吐き相手に飛ばす。
ヨガフレイム
口から大きな炎を一定時間目の前に放射する。なぜか炎の根元にいるとヒットしない。
ヨガブラスト
「ヨガフレイム」と同様の炎を上空に向けて放射する。
ヨガテレポート
画面中の別の場所に瞬間移動する。
ヨガキャッチ
最早伝説となった技。

[編集] スーパーコンボ

ヨガインフェルノ
火炎放射器のような獄炎を周囲数メートルにわたってまき散らす。
ヨガテンペスト
「ヨガフレイム」を連続5回射出した後、放屁して追撃を与える荒技。
ヨガレジェンド
伝説となった荒技。相手を強力な打撃で空中に浮かせ、「ヨガテレポート」を繰り返しながら殴り、相手が戦意喪失するまで地に落とさない。
ヨガストライク
フランケンシュタイナーみたいな技。
ヨガドリルキック
ドリルキックの強化版。それだけ。
ヨガストリーム
地面を這うヨg(ry
ヨガボルケイノ
ヨガブラストの強(ry

[編集] ウルトラコンボ

非常に強力且つ危険なため、自身が封印したといわれる究極の奥義。

ヨガカタストロフィー
体を大きくそらし、超ド級の豪火球を打ち出す技。攻撃範囲が広く、さらに弾速が非常に遅いため、躱すことは不可能なうえ、食らうと一瞬で炭の塊と化してしまう。まさにカタストロフィー
ヨガシャングリラ
空中から腕を伸ばして相手を捕らえ、何度も頭突きを繰り出す荒技。その威力と引き換えに使用後は自分と相手両方の髪の毛を捧げる必要があるため、対戦相手から忌み嫌われている。釈迦はこの技の習得と引き換えにハゲとなられた。一体どこがシャングリラなのか。

[編集] 関連項目

Quqpacmanlogo3.png
後世の物好きのためにマハトマ・ガンジーが放った発言は、有志たちによって「Unquotable/政治家」へ収録されています。
個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語