マリオ (ゲームキャラクター)

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
マリオから転送)
移動: 案内検索
マリオ (ゲームキャラクター)
GoGoMario.jpg
月光に映える26歳
基本資料
本名 マリオ・マリオ 
通り名 マリオ、M、ヒゲオヤジ 
身体情報 頑丈、2頭身 
職業 大工、配管工、医者、格闘家 
好物 (いろいろな意味で)冒険、キノコ 
嫌物 卑怯なこと、亀 
出身地 キノコ王国 
出没場所 キノコ王国、地球 
所属 フリー(自宅警備員を除く)
親戚等
「マリオは滅びぬ。何度でも何度でも何度でも甦るさ!」
マリオ について、ムスカ
マリオを操作している人が妄想してるだけで、マリオに責任はないんだ」
マリオ について、さよならを教えて
「無限1UPしてハートが増えていくのを見て、自分のハートもドキドキしちゃったんです。」
マリオを操る男 について、浅香唯

マリオとは、キノコ王国陸軍所有の、対クッパ民主主義人民共和国用イタリア任天堂大量破壊兵器

マリ踊り.gif 概要 マリ踊り.gif[編集]

動物虐待、ブロック塀破壊で逮捕。また、キノコ、花を盗み、姫を誘拐した罪で再逮捕。そして、キノコを密輸入し、使用した罪で再々逮捕。

口癖は「マンマミーア」。マリオファミリーのドン。身長は0.994hyde(=155cm)。帽子にMと書いてあるためよくマゾと勘違いされるが、ご存知の通りバリバリのドSである。

表向きはイタリアで土木作業員(配管工)をしているが実は栗拾いとカメいじめが本業との説も。特技は高跳び、踏み付け。重度のキノコ中毒者にして波紋法の使い手。父親は宮本茂。カメいじめについてだが、カメたちのファンからしたら永遠の敵だ。

普段着は赤い帽子コッペパンみたいなヒゲ・団子っ鼻・デニムのオーバーオール・赤いシャツ・軍手とぶっちゃけかなりダサい。おまけに筋金入りのメタボ腹、低身長、顔デカの短足。あれ? 海外の人間なのに日本人とそっくりの特徴だ。さぞかし運動不足で女にモテないのだろうと思いきや、これがそうでもない。

手から魔法(火の玉・およそ1,400℃)を出す、たぬきのしっぽで空を飛ぶ、地蔵に変身、水中息止め25分、最大で身長の30倍もジャンプする、10秒程度なら生身でも宇宙空間で生きられる、数十秒だが体全体が虹色に光り輝き、触れた相手を即死に追いやったり、地上200メートルから平然と着地できるなど、CIAエージェントも凌駕する超人的な肉体を持つ。また、飛行機免許(航宙機含む)、潜水艦免許、医師免許といった多彩な免許を保有している上、ゴルファーでもあり、テニスプレイヤーでもあり、レーサーでもある万能人間。その他に、ビルの解体業や、ボクシングの審判までやってのける。その割にはかなりの脆弱体質で、カメにかまれただけで死ぬ、もしくはダメージを受ける。ただし足の裏だけは例外。また、精神的にも非常に弱く、鳥から罵倒されただけで命を落とす。              

死亡するとき、驚異の大ジャンプをした後、地面をすり抜けると言うスタイリッシュな死に方である。

様々なバッジをコレクションとしており、装着することにより「トゲを踏んでも平気」「炎の敵に触れても平気」「敵を倒したときに経験値コインがたくさん貰える」など、さらに強力な幻覚症状がおこるのを楽しんでいる。その延長線上か、世紀末の頃からそこそこ大きなハンマーを振り回して歩きまわっている。もはや末期症状だ。

日本に常習性の高い麻薬であるキノコ密輸入し巨万の富を築き、それをバックに愛しの王女と結婚をもくろむが、後一歩でいつも王女がデカいカメにさらわれ、進展がない。また、過去には他国の王女をたらしこむなど、なかなかのプレイボーイと伝わる。また、誘拐も得意であり、過去にはドンキーコングをさらい、世間の不評を買った。

マリ踊り.gif 歴史 マリ踊り.gif[編集]

1980年代[編集]

  • 生まれた直後にをさらわれる。本人はヨッシーアイランド不時着、心優し協力者ヨッシーを移動の足、攻撃手段、肉の盾として容赦なくこき使いを奪還。0歳児にしてサディストの天分を発揮し周囲は驚愕。このころからスターという麻薬を摂取しており、摂取するとマントが生え走り回るという幻覚を見る。
  • 成長後、配管業開始、このころから類稀なるジャンプ力を発揮。しかし容姿はすでにおっさん。
  • 同じ職に就いたルイージと仕事そっちのけでトゲゾーのなすりつけあい、互いの踏みつけあいと仲良く切磋琢磨し戦闘技術の向上に余念がなかった。
  • 配管業の傍らでテニスの審判やビルの解体作業員として活躍。生コンクリート工場の作業も一人でこなしていた。
  • 配管業が好調でペットとして後の老ゴリラを買うが、ストレスの影響で脱走、最愛のポリーンをさらうもわずか3分で奪還。この当時マリオは「ミスター・ビデオ」や「ジャンプマン」という偽名を使っていた。
    • そこまでは良いが、当初任天堂はマリオにはあまり期待していなかったようで「おっさん」呼ばわりしていたことも。
  • 動物愛護団体からこの行為を見て動物虐待などを抗議しゴリラの解放を要求も拒否したため、団体側から息子のドンキーコングJrを派遣。徹底抗戦の末、マリオはビルから転落。その後任天堂が登場し強制的に幕引き、さらにドンキーコングJrは姿を消す(第1回カート大会にはひょっこり姿を現したがまた行方不明に)など、任天堂が影で糸を引いていたという噂も。ちなみに任天堂としてはこの事件を黒歴史にするつもりはないが、『今となってはめずらしい悪役』…?後にも先にもこれだけのような…
    • また、Jrにより解放されたゴリラ昆虫軍団を率いて叛乱を起こした際、マリオは治療中、もしくは左遷されていたものか、スタンリーという男が派遣されており、虫を駆除できるのみならずゴリラの足の裏にまでダメージを与えられる成分の殺虫剤「パワースプレー」を武器として用いている。この非常に危険とおぼしき殺虫剤の成分に関して、任天堂からは未だ正式な解答は得られていない。
  • この直後に第一次ピーチ姫誘拐事件発生、任天堂がマリオを実戦投入。強化されたジャンプ力と麻薬花の摂取により火の玉を出せるようになり、スターを摂取により無敵(全身無感覚)になることもできた。強化アイテムとして任天堂が用意したキノコ等は何も取らず、任天堂の首脳の想定外の行動と言える特攻を慣行、僅か5分でピーチ姫の奪還に成功し、以降奪還に成功するたびにパーティーを開催。
  • そのころから中毒性の高い麻薬キノコの違法輸入を始める。以降、大きくなる(夢を見る)にもキノコ、1UP(分身の幻覚を見る)にもキノコ、ピーチ姫と戯れるにもキノコと、彼の生活にはキノコが欠かせなくなる。
  • これにより巨万の富を築き後にテーマパークすごろくを建設。
  • その後マリオは各国へ派遣されカメ退治に奔走、その度にスーツ改良を受けカエル型、タヌキ型、ハンマーブロス型に改造される、第三次ピーチ姫誘拐事件解決、テイジー姫誘拐事件解決などの功績を残す。
  • そのときの報酬金を使ってマリオレジャーランド建設、しかし留守中にワリオに奪われる。後に奪還。
  • レジャーランドの売れ行きが悪く閉園、その後医者、審判、レーシングカーのアシスタントと職を転々とする。しかし、宇宙空間の中で息ができるということの理屈はお察し下さい

1990年代[編集]

  • 第4次ピーチ姫誘拐事件発生、ヨッシーと再会。このころから、ルイージとの別居が発覚。
  • ピーチ城立てこもり事件発生。ピーチ城の構造欠陥をうまく利用し、クッパとの三度の決闘をわずか5分でこなしピーチ姫救出。

  • 第1回カート大会に出場し、総合優勝。
  • 自分のアトリエを設立するも、鳴かず飛ばず。 マウス何に使えちゅうねん!
  • 第5次ピーチ姫誘拐事件にて銃刀法違反の容疑がかかる(スーパースコープ事件)。
  • 麻薬中毒が悪化、本人いわく「ワンダと言う妖精が導いてくれたんだ」、ルイージも時同じくして失踪を続ける。
  • 第X次ピーチ姫誘拐事件発生、この事件の際、ポーションという新種の麻薬輸入に絡み、某RPGからの不法入国者クリスタラーをリンチにかけて国外追放。この事件が元で、任天堂と某ゲーム会社との関係が悪化し、数年間の交戦状態に突入。ジーノ? マロ? 誰それ? …と思ったら黒歴史にはならずに済んだようだ。
  • 度々のピーチ姫救出の功績を認められ、その模様がハリウッドで実写映画化されるがマジで黒歴史になった。

2000年代[編集]

  • キノコ王国防衛システム「パワースター」がクッパに奪われたが、奪還。
  • スマブラ第一回大会に出場。このときから麻薬の影響により痛覚が麻痺しており吹っ飛ばされたときに陽気に笑っていた。
  • しばらく自宅療養のためテニス、ゴルフ、パーティを始める。
  • 何とか復帰するものの薬漬けの為か、体はガリガリと紙のように。
  • サムイサムイ村の村長を粛清されました
  • 例のカメからスターのつえを奪取。
  • キノコの症状により体が小さくなり自分は「宇宙を走り回る運び屋」という幻覚を長きにわたって見続ける。
  • その後、夢のなかでガラクタ拾いや小さな軍隊で虫王国を支配。
  • ドルピックタウンでの落書きがばれ、捕まってしまう(→ドルピック島ラクガキ冤罪事件)。落書きの真犯人はクッパJr.と囁かれているが、あの知能指数の低さでそんなことできるはずが無い。どうみてもマリオの仕業です。本当にありがとうございました。
    • しかし、2015年11月11日11時11分11秒、マリオに逆転無罪の判決が下された。 理由はお察し下さい
  • スマブラ第二回大会に出場。
  • 2人乗り運転のレース大会に出場。相方ルイージをこき使い優勝の栄誉のみはしっかりかっさらう。
  • ゴンザレスという偽名を使ってウーロン街の闘技大会で優勝。
  • 世界を破滅から救う。ピーチ姫、クッパ、ルイージと共に違う次元の世界を訪れ、某敵集団と激戦を繰り広げる。
  • 超次元サッカーの特許を取得し、サッカー大会に出場。人並み外れたチートプレイで優勝。
  • 少し目を放した隙にピーチ姫がクッパの子供によって浚われる。
  • いただきストリートと称してリアル双六に没頭する。乳揺れ姫や拳法姫など他国の姫を口説く姿がたびたび目撃される。
  • いつも通りにピーチ姫がクッパに誘拐される。しかも今回のクッパの潜伏先は宇宙の果て。マリオ氏は新しく出会った愛人、ロゼッタと浮気をしながら、ピーチ姫救出任務を遂行。
  • 北京オリンピックにも出場。遂にトップアスリートとしてデビュー。
  • 自分より万能なピンク球にキラーソフトの地位を脅かされつつあるが、強運と強力な後ろ盾のお陰で何とか撃退。

現在[編集]

  • スマブラ第三回大会に出場。某ダンボール職人音速なハリネズミと共演中。
  • 12人同時対戦ができるカート大会に出場。カート大会のはずがバイクに乗る。
  • 配管工、宇宙へ。正直ここまできたら配管工ってレベルじゃない気がするが、一国の姫(一応)と交流持つ時点で普通の配管工じゃないから多分大丈夫
  • スポーツ大会に忍者シロマその他もろもろと参加。途中でベヒーモスが乱入してきたが、マリオは手から光の剣を出し、あっさりと撃破する。どうやらマリオは竜騎士の力を持っているらしい。流石『何事にも適応する程度の能力』。
  • 3Dなのに2Dのような最新作に登場。「2周目」や「裏ステージ」があったり、何より後半の弾幕の多さを見るかぎり、本作には恐らく某IKD率いる弾幕大好き最終鬼畜ゲームメーカーの協力もあるものと推測される。当初のタイトルは「怒首領亀 髭親父」となる予定だったとの説もあり。
  • 3Dになったカート大会に出場。今度はバイクどころか潜水機能と滑空機能が追加された。カートってなんだっけ…?
  • 3Dで錬金術を習得して、敵・ブロック・時間・ピーチ姫をコインに換え、経営難を脱出した。
  • 3Dでペラペラ化し、マリオ氏はルーシーと共にピーチ姫救出&シールフェスタ再開を遂行。ルーシーの持つ「ペパライズ」と言う能力をこき使い、ぼろシールを強化させクッパをダンボールから紙切れにズタズタにした。
  • 幻覚にムササビが追加されてドングリを食べて飛び回る
  • 3Dで土管の世界に住む妖精をクッパから助ける。彼が久々に配管工の本職へ出戻る他に、姫がクッパの人質にならない珍しい事件。
  • ベンツを運転しグロテスクにクリボーを踏み潰していく実写化に成功。しかし生き残っているはぐれのクリボーに噛まれる。
  • スマブラ第4大会で黄色い捕食者  青いロボ 青い音速ハリネズミなどと乱闘。ツンツン頭の傭兵上空運びの痴女が遅れて参戦するも、だいたい互角に渡り合う。但しカムイ、てめーは駄目だ。
  • 反重力機能がカートについた バギーものりこなす カートの領域を越えた。
  • 時を止める能力を得る。自分で時空を操り、鬼畜ステージを作っては、自分で死ぬということをしたり、さらに、無敵スターを故意に発生させ、クッパ軍団をボコボコにする。
  • 某ピンク玉クッパ、さらにはジャンプ台リンクになる幻覚を見て楽しんでいる。といっても所詮マリオであり、飛ぶことも、火炎放射も、を使うこともできない。
  • 3DSでペラペラマリオは絵本の世界の住人で、普通のマリオは別人であることが発覚。ルイージとともに3人で冒険。巨大ペーパークラフトハンマーで敵を潰し、ワープ先でも潰す。また、ペーパークラフトの巨大なやつに乗って、平原や砂漠、山の自然を荒らす。普通のマリオとルイージはピーチ姫が二人になったことの方を意識しているようである。ペラペラルイージは、検閲により削除
  • Wii Uでもペラペラマリオが発見されている。ペンキの出るハンマーで敵をベタベタにするであろう。
  • キノコ王国パズドラ世界から侵略行為を受ける。しかし、キノコ王国侵入前に侵略軍はマリオとクッパによって全滅させられ、その後は戦利品である『ドロップ』なるエネルギーを利用したエクストリーム・スポーツの開発に打ち出す。
  • リオオリンピックを記念して出汁業界に進出、「マリオ派アメリカだしW(ダブル)」をツイッターにてネット発売開始。
  • ただただ走り続けるスマホソシャゲーに参入。ソシャゲといっても買い切り型でアイテム課金要素は無い。人々に自分が優しいと思いこませるためであろうか。
  • 自分の帽子そっくりのバケモノを使役し、それを被せた者に自らが憑依するという悪霊レリクス的な存在になった。この能力でピーチ姫に憑依し、何かうらやましいけしからんことをするのではないかとの懸念の声が上がっている。

未来[編集]

  • マリオが某ゴリラを騙し、再び巨万の富を得る。
  • 冬のオリンピックに出場。もちろんソニックシリーズも。今回は、夏のオリンピックに登場したキャラを含めて20人となる。マリオ側からはクッパJr.とドンキー「まぬけロバ」が参戦。

マリ踊り.gif マリオの性能・技 マリ踊り.gif[編集]

昇龍拳(しょ~りゅ~けん)
ジャンプ中は常に昇龍拳となる、ただし敵には無効。無敵時間も無い。
壁キック
壁を蹴り上げて登っていく技。良い運動になる。
ヒップドロップ
空中で一回転し、尻を敵に押し付け、窒息死させる。だが最近トゲメットにこの技をして痔になったらしい。
ファイアボール
炎のエネルギー弾。普段から連射できるはずなのになぜか使おうとしない。水の中でも利用できる理由は検閲により削除
アイスボール
氷のエネルギー弾。連射不能なため使おうとしない。
ファイナルフラッシュ
マリオの必殺技。本気になったマリオは鬼霊夢の遥か上の強さを見せる。
フレイムブラスター
ファイアボールを光線にしたような技。威力は完全体セルかめはめ波と同等の威力がある。
マリオファイナル
よくわからない1円玉ぐらいのあやしい玉を叩いてファイアボールを出そうとすると偶然出る。発動中は無敵。すごいぞ! 1円玉
ドラゴンフレイム
マリオの切り札とも思われる技
実際は非常に弱くクッパさえも吹っ飛ばすことが出来るが上に行くとかなり弱い。
だが普通に考えると麻薬のほうが強い気がする。たまにバグで自分も吹っ飛ぶほど馬鹿な技である。というか糞である。
ペンキハンマー
色の抜けたアイテムを復活させる。某陣取りゲームで見たようなこともあるようなないような。
キャプチャー

敵の体に乗り移る。戦車やタクシー、挙句の果てには他の人間に乗り移ることもできるって噂ですわよ。マリオは一説に反逆し、祖国アメリカから北朝鮮へ寝返り北朝鮮製マグナムキラー『テポドン』へ憑依しホワイトハウスを狙う模様。こんな犯罪じみたことをしていてはCERO:Bになるのも仕方ないだろう。

マリ踊り.gif 冒険での仲間たち マリ踊り.gif[編集]

マリオ氏と彼の弟ルイージ氏、そして何故かポケモンのナギ
  • クッパ:普段はやられマニアだが、仲間になると頼れるヤツ。ある種のツンデレなのはバレバレ。
  • ピーチ:普段はさらわれマニアだが、実はマリオやクッパより強いとの噂。だが、か弱いヒロインを演じ危険を顧みず助けてもらえる自分に酔っているとか。通称「永遠の二番手」
  • ルイージ:特に語るべきことはない。影が薄いだけだぞ。(っといってもなんだかんだでてたりする。)はっきりいって、邪魔なだけである、完全にマイナスキャラである。
  • キノピオ:ピーチの執事。同じ姿の者が多数おり、おそらくそれらの総称。基本、役立たず。ただし、アメリカに進出した際は、現在、お台場に居を構えるテレビ局が主催したイベントに基づいた戦闘に、その代役ながら赴く。でも沢山いる内のどいつかは判別のしようがない。
  • ヨッシー:でっていう。マリオのジャンプを手伝う、己の身を犠牲にして・・・。
  • ポチ:マリオは物心つく前に逢ったきり。ヨッシーのジャンプを手伝う、己の身を犠牲にして・・・しかしこちらは、一切悲観していない様子・・・。
  • ジーノ:おもちゃの人形で手から銃を放つ。また、ラスボスを一撃で倒すことのできる技を持つ殺人ロボ。
  • マロ:もふもふしている泣くだけで雨を降らす。
  • クリオ:マリオストーリー最初の仲間。クリボーだがマリオの仲間。自称「マリオの大ファン」。しかし帽子が青色であることから、完全に好きなわけではない。即座に相手の能力を見抜く千里眼の持ち主。怒りを貯めることにより「チャージ」ができる。
  • カメキ:マリオストーリー2人目の仲間。ノコノコだがマリオの仲間。語尾に「〜っス」と付く。摩擦熱で甲羅に引火させての捨て身タックルが得意。憎めないやつである。
  • ピンキー:マリオストーリー3人目の仲間。ボムへいだがマリオの仲間。砦で25時間働かされていた(実際にはあり得ない時間)。もっと省エネに貢献しなさい。
  • パレッタ:マリオストーリー4人目の仲間。パタパタだがマリオの仲間。誰に対しても敬語。天空の覇者だが普段はドジッ子郵便局員で、手紙をキノコ王国中にばらまく大失態を犯した。
  • レサレサ:マリオストーリー5人目の仲間。テレサだがマリオの仲間。高飛車でハリセンが愛用品。ツンデレ比率9:1の黄金比率の持ち主。威勢の割に相手の防御力が「1」以上あればダメージすら与えられない、完全なヘタレである。
  • アカリン:マリオストーリー6人目の仲間。ケセランだがマリオの仲間。敵に誘拐されていた。身体から電気を、口から毒を吐く。攻撃は防御を無視するので、かなり使えるが、雲系には全く聞かない欠点がある。
  • おプク:マリオストーリー7人目の仲間。プクプクだがマリオの仲間。子供達から煙たがられる。布団叩きRAPを習得済み。また、陸を泳ぐことも可能である。
  • ポコピー:マリオストーリー最後の仲間。ジュゲムだがマリオの仲間。元々はオズモーンの手下。普段は偽名を名乗りセフレ持ちのリア充DQN。頭はあまりよくないようである。
  • クリスチーヌ:ペーパーマリオRPG最初の仲間。女クリボーだが大学生。千里眼は無いが、サイコキネシスで辞書を空中に浮かす事は出来る。実はずつき技が「思念の頭突き」であり、エスパー技である。
  • ノコタロウ:ペーパーマリオRPG2人目の仲間。かなりヘタレなノコノコ。いい気になるとアクロバティックなブレイクダンスを披露。明らかにいじめを受けそうな雰囲気が漂っている。
  • クラウダ:ペーパーマリオRPG3人目の仲間。ムッチンムチンな容姿とは裏腹に元女優。敵の体力を吸い取る魔の接吻の使い手である恐ろしき雲の精霊。しかしきもい。
  • チビヨッシー:ペーパーマリオRPG4人目の仲間。幼少時代のでっていう。ものすっっっっっごく生意気。色が時間によって変化するというナンチャッテカメレオン。
  • ビビアン:ペーパーマリオRPG5人目の仲間。実は男。性悪姑な姉と、精神破綻者の姉を持つ。ある意味シンデレラ☆ボーイ。何故か人気がある上に使い勝手がいい!!
  • バレル:ペーパーマリオRPG6人目の仲間。年寄りなボムへい。かつては伝説の船乗りだったが、妻を航海中に失って自宅で腐ってた。おじさんだが、体力は仲間一高い。
  • チュチュリーナ:ペーパーマリオRPG最後の仲間。泥棒ネズミだが、DSの星のカービィに出てくるアレとは無関係。あだ名は『店長』。はっきりいってドロボーを使わないのであれば必要なし。
  • スーツケース:マリオ&ルイージ2で登場 検閲により削除などの能力を持つ
  • イエロースター:マリオ&ルイージRPG3から登場する星の精。靴を履いてる全裸の検閲により削除 RPG4で眠るルイージをいじる。本人曰く八頭身美少女になって繰り出す必殺技があるらしい。
  • ユメルイージ:ルイージの夢の中のルイージ ルイージが寝ている時にルイージをお察し下さいさせる
  • ユメップ:マリオ&ルイージ4で夢の国ガイド ダークストーンを破壊されてマクラとなる
  • ルーシー:王冠型シール シールとして使うとお察し下さい
  • キャッピー: 生きた帽子。悪霊と化したマリオが憑りつくための依代をこさえ、その悪行の片棒を担ぐ。

マリ踊り.gif 冒険で出会った最大の敵達 マリ踊り.gif[編集]

  • バツガルフ:所謂重度厨二病患者。世界征服を目指すが胴体を吹っ飛ばされるという大失態に終わる。
  • ペケダー:怒濤の中間管理職。月面基地でボイジャー一号と同じ運命をたどる事となる。
  • ランペル:つまらない動機でどこかの村の人をブタに変える意味不明な魔法を使う。さらに、マリオをコピーし、本物のマリオを偽物に仕立て上げるなど、マリオシリーズには無い展開を見せてくる。マリオに変身しているときは、常にゆらゆら。
  • カゲの女王:ピーチに憑依した真っ黒なババア。マリオにワシノシモベニナレと、どこかの宗教団体のように勧誘してくる。
  • ノワール伯爵:予言の執行人。ザ・伯爵ズの首領。彼女がいなくなったことを理由に世界を破壊を目論むどうしようもねぇ奴。
  • ナスタシア:伯爵の大側近。通称「ナッちゃん」。ルイージを拉致・監禁・催眠・洗脳。
  • ドドンタス:無敵の武人。マリオをマレオと呼ぶ。いわゆる馬鹿
  • マネーラ:変身の名手。要はコスプレマニア。だけどとってもグロリアス。
  • ディメーン:魅惑の道化師。んっふっふ♪ ルイージと合体することで「スーパーディメーン」に。でもスーパーって付いただけで死ぬほど強い訳ではなく、ただのカッコツケである。
  • ミスターL:緑色の貴公子。すっげぇキモイデザインだな!!
  • カゲマリオ御一行様:マリオ達の能力を完全にコピーした呪われし力。古代の民にバカにされていたのか、マリオと入れ替わってフェアリンの力を手に入れようとする。アンナによると、「できの悪いコピーにすぎない」。3Dランドのトラウマ。
  • カジオー:クッパ城に刺さり占領するが、ある技で一撃
  • ゲラゲモーナ:クッパに憑依してゲラクッパに でも弱い
  • ゲドンコたち:マリオが赤ちゃんの時代を襲う しかしベビィの涙で粛清されました
  • ゲラコビッツ:ゲラゲモーナの元部下 ダークスターを利用して世界征服を狙ったが、やつあいつとマリオにより殺られた。発明家中年の。口調がマルク。
  • アックーム:ダークストーンを破壊して立ちはだかる魔王。しかし、所詮は大魔王のクッパより下位の存在


ルイージとの関係[編集]

  1. ルイージの登場シーンを邪魔する(ルイージが「ヤッホー」っと言ってるときに、新ゲームのCMをするなど)。
  2. ルイージのご飯を横取り。
  3. ルイージをクッパ城へ放り投げられるが、毎回違う方へ投げ飛ばす。
  4. ルイージをレインボージュエルを盗んだ犯人扱いに。もちろん犯人はお察し下さい
  5. ルイージがテニスで優勝した際に、意図的に足を踏みつけている(マリオテニスGCより)。
  6. ルイージがお風呂のお湯を捨てる間にDVDをマグマへ投げる(中身はお察し下さい)。
  7. ルイージだけパーティに招待しない。
  8. ルイージが主人公のゲーム、『ルイージマンション』『ルイージマンション2』を捨てる。
  9. ルイージを宇宙に捨てる(以後、見つけては彼方へ)。
  10. レース最中にスターで何回も突撃する。

マリ踊り.gif 関連項目 マリ踊り.gif[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「マリオ (ゲームキャラクター)」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「マリオ」の項目を執筆しています。
Uncyclomedia Commons.png
アンコモンズに、マリオ (ゲームキャラクター)に関するガラクタがあります。
Mario.png マリオ土管に入れません。
とりあえず早く入れるためにパックンフラワーを倒すか穴をあけてください。
できるだけ早くお願いします。 (Portal:スタブ)
Clay pipe.jpg