マルコ・マテラッツィ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「マルコ・マテラッツィ」の項目を執筆しています。
「トチホノナフチ」
日本 について、マルコ・マテラッツィ
マテ兄.jpg

マルコ・マテラッツィMarco MATERAZZI, 1973年8月19日 - )はイタリアレッチェ出身の慈善活動家。 息子のジャンマルコとダビド、娘のアンナに惜しみない愛情を注ぐ善き父親でもある。 サッカーが趣味。愛称は「マトリックス」。その面倒見の良い性格から、「兄貴」「マテ兄」とも呼ばれている。

目次

[編集] 慈善活動

幅広く精力的に活動をこなす彼の功績は枚挙に遑がなく、これを漏らさずに記すことは不可能に近い。あるときは撲滅運動に参加し、またあるときは人種差別撲滅に奔走している。刑務所等への慰問活動にも積極的である。子煩悩な彼は、もちろん子供を対象にした慈善活動にもおおいに貢献している。病院へ慰問に訪れた彼の眼前で、長らく昏睡状態だった一人の少年が奇跡的に目覚めた一件は、世界中を感動の渦に巻き込んだ。

これらの活動が認められ、2006年には国連親善大使にも選ばれている。

[編集] 生い立ち

慈善活動家として惜しみない愛を人々に注ぎ続ける背景には、彼の幼少時代の家庭環境が大きな影響を与えている。 セリエAで監督を務めた父、ジョゼッペ・マテラッツィの家庭は貧しさとは無縁であった。しかし母が病気に倒れ、後に継母となる父の愛人からの陰湿ないじめもあって、マテラッツィは両親からの愛情を十分に受けることなく育った。このことが逆に、家族への無限の愛情であふれるマテラッツィと、その愛を人々にも分け与える慈善活動家としての彼を形作ったといえるだろう。

[編集] 趣味

彼の趣味がサッカーであることは世界的に有名である。普段は善き人間であるマテラッツィだが、ことサッカーのプレイに関しては別の人格に変貌してしまったのではないかと思わせるほど攻撃的で、時に残虐な性格を顕にする。このことは、一部専門家の「サッカー選手はヘディングばっかりやってるから、脳細胞が死滅してアホになる」という学説の有力な根拠となっており、更なる研究が期待されている。

例の件

例の件でのジダンへの舌禍事件や、セザールネスタに対するそれを始めとした数々の暴力行為、マテラッツィの挑発に対し抗議に来たチリッロへのカウンターパンチ一閃、コンテを勧める等々の問題行為は、マテラッツィの声望を貶めるものであることは間違いない。しかし一方で、完璧な慈善活動家である彼の『人間マテラッツィ』としてのこういった一面が、彼の新たなファンを生み出し続けていることもまた事実である。

[編集] 関連項目

個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語