マルハニチロ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Stop hand.png どくいり きけん よんだら しぬで
この記事にはが含まれており、読むことで不快感に襲われる場合があります。

この記事については以下のようなことが主張されているようです。

  • この記事は誤りと嘘八百でいっぱいの百科事典であるアンサイクロペディアに掲載されています。ここにあるコンテンツはその全て、もしくは一部がフィクションですが、同時にそうではない可能性もあるなど、言うなれば「超フィクション」の状態にあります。つまり、全て嘘八百ということです!したがって実在する人物・事件・団体とは一切関係ありません!
  • ここにはあなたの社会的評価を害するに足る事実はありません!名誉毀損で刑事告訴しないでください!
  • あなたの社会的評価は全く傷付いておらず、損害は全く生じていません!損害賠償請求しないでください!
  • あなたの経済的評価を損なう危険は全くありません!信用毀損で刑事告訴出来ますが、時間の無駄です!
  • この記事を読んであなたが当局に逮捕されても、一切責任を負いません!
  • Akajisoshou.gifそのほかこの記事のために発生した損失や損害について、一切責任を負いません!
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「マルハニチロ」の項目を執筆しています。

マルハニチロ株式会社(Maruha Nichiro Corporation)とは、日本の水産加工業を支える製造メーカーであり、通じて様々な食品加工物および子会社を通じて殺畜剤、殺魚剤、殺粛清されました剤の販売も行う総合商社である。その昔、マルハ時代は旧横浜大洋ホエールズの親会社であったことからも分かるように、の呪いを一身に受けていることでも知られている。

概要[編集]

1947年に創業した殺魚殺鯨会社マルハ(旧大洋漁業)が2006年、同じ殺魚メーカーとして争っていたニチロを吸収したことでマルハニチロホールディングスが設立される。これは、旧ニチロ時代から発売していた各々の殺魚製品の関連会社を統合・新設し2007年に経営の統合したものである。その後は安定した経営をし、冷凍食品界に名乗りを上げたこともあったが、それでも特に話題になることもなく安定した経営をしていたが、しかし、2013年12月30日に子会社であるアクリフーズから人に対して効果のある殺虫剤を初夏に販売していたことを発表した。また、その技術を消費者庁表彰された。

現在、海軍コスプレをしてバイクに乗る契約社員が急増している。

尚、開発中から各々の子会社と合併し、2014年4月からマルハニチロ株式会社となったため、マルハニチロホールディングスとして日の目を浴びた最初で最後の出来事であった。

人への殺虫剤 -アクリフーズ農薬混入事件-[編集]

2013年に、マルハニチロの子会社であるアクリフーズが販売した殺虫剤は、それほど珍しいものではない。事実、中国から輸入された試作品段階のメタミドホス餃子が2007年に大ヒット、日本中が日中の食品衛生意識の違いに目覚めるという話が存在したように、国の内外で様々な話が存在しまくっている。そして、今回のアクリフーズのおかげで、6年以上もの月日をかけてついに正規品が誕生したこととを意味している。

なお、今回採用された方法は冷凍食品人体に有害となる薬品を入れるという極めて斬新な方法であるが、子供が52個食べても影響はないため今後の精度のアップが急がれる。

そのため、今回のマルハニチロホールディングスの行いは、中国から飛来するPM2.5に負けないよう、日本人に一つの指針を与えるものである。

また、マルハニチロホールディングスの子会社が販売した冷凍食品は先述の通り子供が1日に52個食しても効果はない。しかし、現在のところ効果、確実性のアップを研究しているせいか、関連会社の工場で様々な調査を実施。全国1500人以上、47都道府県の国民に体調不良を起こすことに成功させたマルハニチロの行為を賞賛すると同時に、日本人が困れば特に問題視しないという彼らの行動原理に則したものである。まったくもっていつもどおりの話である。しかもマルハニチロ自体、日陰の身でありイオンセブン-イレブンなどとのコラボで社名を出さずに世の中に商品を提供する立場であったことから、売名行為を基準とする彼らにとってがまったく食いつく意味のない対象であった。

あわせて、向上のための工場の検査の結果、工場内に薬品が大量に持ち込まれていることも判明。協力者は工場関係者であった。また、人への殺虫剤の効果が薄く返品が相次いだため責任を取って親会社・マルハニチロHD、子会社・アクリフーズの両社長が引責辞任することを発表した。

先駆者[編集]

ちなみに、こういった事例の先駆者は中国よりも日本にある。実は1970年代にコカ・コーラ愛好家が自動販売機に自前で免疫力向上コーラを置いた事例や、1980年代、子供の食べるお菓子をキツネ目をしたおじさんが免疫力向上製品にレベルアップさせ、全国的なニュースになったという事例も存在する。

関連項目[編集]

Uporg659371.jpg 株式会社マルハニチロは資本金が不足しています。
増資をしていただける投資家の方を募集しています。
(Portal:スタブ)