マングース

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
この記事にはもっと改善が必要です。 こちらのページと以下のコメントを参考に何とかしてください。
期限までに改善できないと削除されます。これを勝手に外すとブロックされる可能性があります。
貼付人:--あなた (会話) 2019年4月21日 (日) 09:47 (JST)から7日以内に内容をより良くしてください。
Construction.png 要約:全体的にユーモアや風刺が欠けている。推敲しよう。
  • 退屈なネタを使っている限り、いくら加筆しても面白い記事にはならない。
  • 「マングースは紀元前1378年にオプラにより発明された」 のような支離滅裂な記述は一掃しよう
  • 秀逸な記事の単純な二番煎じや、仲間内でしか通用しない内輪ネタは歓迎されていない。
  • 何を書けばよいのか分からない時は、Uncyclopedia:馬鹿にならずにバカバカしくやる方法を読んでみよう。

マングースとは、紀元前1378年にオプラにより発明されたどうしようもない記事作成装置である。

概要[編集]

古代のアンサイクロペディアンは、面白い記事を書くために大量の人を雇っていた。そしてその記事を量産させるための人材もあまりにふざけた記事を書くのに嫌気が差し、どんどん仕事をやめていった。そこで、古代の管理者たちは、新たにアンサイクロペディアの記事を量産させるためのロボットの作成に取り掛かることになった。

外見[編集]

マングースの名が表すように、人間の顔がついたガチョウのような姿である。イタチのような姿のロボットを想像していた人もいたようだが、この奇妙な姿を見て落胆してしまった。しかし、そのへんな格好のマングースにも一部の変わった人たちからは好評で、愛玩動物のように可愛がる人も続出した。 人をおちょくったような目、本物のガチョウのようなリアルな足、人間の顔にくちばしの付いた滑稽な外見などを見れば、マングースを見た人が大笑いするのも無理はない。

その効果[編集]

しかし、いざマングースにアンサイクロペディアの記事を量産させようとしてもマングースは意味のないふざけた全く面白くない記事を量産してくるようになった。このことに開発者たちは怒り狂い、マングースにどうしようもないロボットの烙印をつけてしまったのである。やはり高度な技術が必要となるアンサイクロペディアへの記事の作成に人工知能で動くロボットなどが太刀打ちできるはずがなかった。これによって、自動的に記事を作成するプロジェクトは打ち切られることとなった。

しかし、この事件は長きに渡りアンサイクロペディアのつまらない記事の代名詞になり、ICUのテンプレートにその名が刻まれることとなった。そもそも紀元前に失敗作とはいえこのような人工知能が付いたロボットを作れるということが驚愕であり、オプラ女史もまた、ICUのテンプレートに名前が刻まれるのであった。 紀元前にはロボット作成の技術はあったようだが、写真を取る機械であるカメラは存在しなかったようであり、マングースの姿形は文章で表したものしか残っていない。 それでも今でもアンサイクロペディアンの心をつかんで離さず、様々なマングースの絵や人形などが作られるようになった。

現在[編集]

今の所まともな記事を作成するロボットが作成されたという話は聞いたことがないが、どうしようもない記事が量産されているのを見ると、やはりマングースが新たに開発されたという噂が流れている。 もちろんこれはただの都市伝説であり、本当は頭の悪い人間がやっているのだが、その人は「人間マングース」と呼ばれ嘲笑われている。

マングースの支援者[編集]

ハリー・ポッター

目からレーザービームを放つオランダ人のミンク養殖業者である。自分のことをすごく笑える面白い人物と捉えていて、そのことをアンサイクロペディアに書き込んだが、あっという間に消されてしまった。この悔しさにマングースを導入したに至ったが、前述のように全く役には立たなかった。

しかし、自身と同じようにどうしようもない記事を量産している様をハリーはまるで自分の分身のように感じ、ペットのようにかわいがっていた。彼もまた、ICUを語るには欠かせない人物と扱われており、同じようにテンプレートにその名が刻まれている。

沖縄のマングースとの関係[編集]

沖縄のマングースの由来はマブグースであり、こちらのマングースとは一見何の関係もないように思われるが、島の住民の命を脅かす毒蛇であるハブの退治に持ち込まれたのにもかかわらず、そのような恐ろしく自らの命も危うい動物にはほとんど手を出さず、島の天然記念物である動物たちを襲うようになってしまった。これではマングースを連れてきた意味が全くなくなってしまった。

果敢にもハブに堂々と襲いかかるマングースもいるに入るのだが、その強烈な毒牙により殺されてしまう個体もいるという体たらく。毒が効かないというのは沖縄の住民の妄想であり、全くのでたらめであるため、マングースの死体を見て住民たちは落胆した。

そしてとうとう外来生物の害獣という扱いを受けるようになってしまった。沖縄のマングースもどうしようもない存在であることはこちらのマングースと共通しており、一部の研究者は両方のマングースの関連性について研究しているようである。

関連事項[編集]

金
流行記事大賞 金賞受賞記事

この記事は2018年流行記事大賞にて金賞を受賞しました。
歴代の金賞受賞記事を探す