ミイラ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「ミイラ」の項目を執筆しています。

ミイラ(正式名称:魅力的な羅刹)とは、従来は「現実には存在しない架空のUMAである」と一般に言われていた。近年では、様々な調査、研究よって「人間の身体などを媒体とした、人の姿を模したトイレットペーパーの妖怪ではないか?」と言われるようになっている。

目次

[編集] ミイラ取りがミイラになる

「架空のUMA」と呼ばれていた頃から、ピラミッドなどの遺跡で度々目撃情報があった。何人もの研究者が、ミイラの謎を解き明かすべく捕獲に赴いたが、全員、行方不明になっている。

  • その直後にミイラの目撃数が鰻登りに増加した。
  • その上、「行方不明になった調査員の一人が「俺はミイラだ~」とつぶやきながら徘徊していた」などと言う、とんでもない目撃情報まで流れた(ただし、真偽は不明)。

以上により、「調査に行った者達は、全員ミイラに取り込まれ、彼ら自身がミイラになってしまったのではないか?」と囁かれるようになった。「ミイラ取りがミイラになる」と言う有名な言葉が生まれた由来である。

[編集] ミイラの生態

王位争いに負けたミイラ

かつての目撃例によると、「体中を包帯でグルグル巻きにした、奇怪な形相」であったと言う。

夜な夜な、ミイラが野生のラクダに襲いかかる姿も目撃されている(以下は手順)。

  • 包帯でグルグル巻きにし、身動きを封じて窒息死させる。
  • その後、捕食する。

このような光景もしばしば目撃されたので、「悪鬼羅刹の化身」として怖れられた。

しかし、このような危険な生命体でもあるにもかかわらず、ミイラには不思議と人の好奇心、探究心を誘うらしく、ミイラ見たさに、あるいは調査したさに遺跡に入り行方不明になる調査員らが後を絶たなかった。また、ミイラ捕りがミイラになるだけなのに。

近年の研究で、

  • 「ミイラが身体に巻きつけている包帯こそが、ミイラそのものではないか?」
  • 「ミイラは、人間の身体を媒体として活動している」

と言う説が有力になっている。そうなれば、「調査に行った者達が取り込まれてミイラになった」と言う迷信も説得力を帯びてくる(「単なる迷信」とは言えなくなる)。

また、「ミイラの本体」と言われる包帯は、「古代文明のトイレットペーパーであった」との説が、現在濃厚になってきている。

[編集] トイレットペーパーとミイラにまつわる話

トイレットペーパーの祟り。

「トイレにうんこと一緒に流されたトイレットペーパーは、下水道を通って、そこでミイラとなる。そして、自分を汚いうんこと一緒に捨てた人間に復讐すべく、下水道を泳いで元のトイレに戻り、そこから貞子の如く這い出でてくる」、と言う有名な都市伝説がある。

これは、「トイレットペーパーを一度に何枚も使うような無駄遣いを戒める教訓である」と一般的に言われているが、果たしてそうであろうか。夜中に一人でトイレに行ったりすると、便器が急に開いてヌッと包帯に巻かれた手が……うわなにをするくぁwせdrftgyふじこlp

[編集] 関連項目


この項目「ミイラ」を書いていたミイラ取りはミイラになってしまいました。ニフラムを唱えてくれる方を求めています。 (Portal:スタブ)
個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語