税姫絶唱ミシェル・バックマン

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索
お前らはFOXニュースでも見ていろ
FOXニュース認定

本項の文章と内容は完全に正しい事実FOXニュースディレクター及びプロデューサーと共和党及び軍産複合体の馴れ合いで定められました。
この資料を疑った者は、合衆国愛国法により、テロリストとして国際指名手配され、グアンタナモに収容されます。

「彼女の税には血が流れている」
ミシェル・バックマン について、サラ・ペイリン

税姫絶唱ミシェル・バックマン(ぜいきぜっしょう…)とは、俺たちティーパーティーの新歌姫の活躍を描く本格リパブリックロマンスだ。左からのノイズを退けて絶唱する彼女は次の共和党大統領になるだろうから、この経歴をよく覚えておくんだぞ。

目次

[編集] 議員になるまで

バックマンは1956年アイオワ州に生まれた。しかし、両親が離婚すると母親ジャンから「アイオワにいるとIオワタになってしまうと警告され、ミシガン州ですくすくと成長した。母親は東方の櫻井理論をモデルに娘を教育し、左からのノイズを無視すると、「よしよし、よいこだね」と褒めそやした。

そしてパックマンはウィノスの称号を獲得し、イスラエルに渡って聖器物の欠片に触れ、大いにプロライフの福音を授けられた。帰国後、レイgunの光り輝く選挙活動に参与して共和なる自立精神を身に着けた後は、より高度な技術を身に着けるべく、私立ウィリアム&メアリー税務学校大学科に通って税法の歌唱技術を習得した。そしてミネソタ州の連邦組織IRSに潜り込み、1993年まで実務経験を積んでいたが、この年退任した。

これは、同年に共和党民主党に負けるという認定特異災害が発生したためだった。ホワイトハウスの君主となったクリキントンの怪物がヒラリーの瞳など構うまじとモニカの腕をひらりと掴み取り、紊乱行為の限りを尽くしていた。バックマンはそんな君主の垂れ流す雑音と不協和音に通常物理法則を超えた不快感を体得し、国会議員になってそのノイズを税金の歌で倒そうと志した。しかし、民主ノイズは強く、なかなか絶唱しきれず落涙したが、フロリダのからやってきた正義の味方の御蔭で2000年なお昏き深淵の底から復活するように議員に当選した。

[編集] ティーパーティーの顔に

藪からやってきた正義の味方は減税政策を唱えて正義の政策を推進したため、暫くの間は安心して任期を陽だまりに翳りなく休むことができた。大型減税案は民主の藪から大ノイズを受けたが、仲間が大声で絶唱したので誰も気にする者はいなかった。

ところが、2008年になると風雲が変わった。オバマ旋風が吹き荒れる中、リーマン兄弟サブプライム砲に撃たれて坂を滑り転げると、増税を訴えるケニア系が大統領に当選してしまったのだ。白と黒の逆転を齎したその社会主義ノイズにバックマンは大いに動揺し、絶唱で撃退する機会を伺っていた。

丁度その時、サントラの叫びが電磁界よりこだました。サブプライム砲は貧者のテロだというお告げだった。バックマンはそのこだまを絶唱した。そして、フリーダムワークスと大富豪のコーク兄弟より同時に「君という音奏で尽きるまで」とお茶のスカウトを受け、ティーパーティーという新興女子バンド団に入会した。

バックマンはそこでサラ・ペイリンというアラスカ女とユニットを組んだ。コーク兄弟より無敵のツヴァイハンガーと命名され、各種のユニット活動を行っていたが、2011年転機が訪れた。サラ・ペイリンは売国ノイズを左より垂れ流す議員を標的にして、アームドギアの絶唱訓練に励んでいた訳だが、2011年2月ギフォーズ・ショックという惨劇がペイリンの身を襲ったのだ。ペイリンはブラッドリベルという必殺歌を繰り出して生命を繋いだ訳だが、民主ノイズはこの歌詞が人種主義だなどというクレームをつけ、ペイリンに深手を負わせた。ペイリンは自分に突き刺さった聖遺物をバックマンに渡し、今後のティーパーティーを任せることにした。

[編集] 上限絶唱デットバトル

ユニット活動の最中も、オバマ旋風のノイズはいよいよ猖獗を極めていた。ホワイトハウスからのGМバンクラプトというノイズが車産業を炭素の塊にし、オバマケアを通して社会主義の認定特異災害を保険対象にしようとしていた。

そして2011年、このオバマ旋風はフェデラルデットの上限を吹き飛ばそうと提起した。これはもちろん、社会主義災害カトリーナを全米に広げるのがその目的だった。

ペイリンを喪ったバックマンはこの真意を素早く見抜き、新歌謡曲「電球選択フリーダム」を発表した。「電球を風が鳴るようにガンガン使いましょう」と訴えるその歌詞は逆光のフリューゲルに喘いでいたアメリカン・マジョリティーを大いに鼓舞し、ワシントンにはオバマ旋風をファッショの手先と呼ぶ支援者たちが詰めかけた。

しかし、ホワイトハウスからの旋風が吹きやむことはなかった。そこでバックマンはワシントンの議場へ押し寄せ、学生時代からの必殺歌謡曲「税法ミリオン3.8」を絶唱した。「税ト云う音響き、その先に」と始まるその歌詞は天羽々を斬る大量破壊兵器のごとく、議場に木魂した。正に彼女は「防人の歌手」だった。デットの上限をかけた生死闘争に富豪たちは大いに熱狂した。

怒れる防人バックマン、マイク無しで絶唱す

ところが、富豪の味方のはずのS&Pムーディースはミリオン3.8の出来栄えにケチをつけ、信用レーティングを下げると不当な内政干渉を仕掛けてきた。しかし、バックマンは「撃ちてし止まぬ国運のために」と大アメリカの主権性を誇示し、見事ウォールからのノイズを撃退した。この時のバックマンの表情は正に「怒りの女王」だった。

[編集] そして財政の崖へ

そして2012年、バックマンは大統領候補を目指して独自の動画「フィギュアスター」を発表し、オバマ旋風への抵抗姿勢を鮮明にした。ところが、プロデューサーのコーク兄弟からキャピタルヒルでのアイドル活動にもうしばらく専念してほしい、今回の選挙はVain Capitalになりそうだからと説得され、出馬を断念した。バックマンはティーパーティー急行に乗ってライブ活動を行ったが、結局はプロデューサーの言う通りになった。そして、オバマ旋風が再度吹き荒れた。

オバマの社会主義ノイズはいよいよブッシュ減税の恩恵をプッシュアウトせんばかりの威力を誇り、財政を崖っぷちまで追い詰めた。バックマンはオバマケアのノイズこそ、米国が崖まで追いやられた最大の原因だと事態を正しく見抜き、富裕層への増税でなく、貧者ゾンビへの債務削減を求める戦姫として、撃槍ガングニールのごとくバランス保守を目指して今日も絶唱を続けている。その成果は近く表に出ることだろう。

覚醒の鼓動はすぐそこまで迫りつつある!


[編集] 関連項目


Hito.png この項目「ミシェル・バックマン」は、手抜き状態のため発狂寸前です。正気に戻すかもっと発狂させてください。 (Portal:スタブ)
個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語