ミッケ!

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

ミッケ!は、年に一度秘密裏に行われ、限られた人数で行う究極のインドアスポーツである。

壮大なかくれんぼとして有名な「ウォーリーをさがせ!」のライバルとして位置付けられている。

概要[編集]

起源のカバディ。言われてみればそっくりだ

カバディを起源とし、近年アメリカで成立したスポーツであり、「ウォーリーをさがせ!」に比べれば至極歴史は浅いが、その人気は劣るとも劣らない(と個人的には思う)。

ルール[編集]

ミッケは「ウォーリーをさがせ!」とは違い、参加者を閉鎖された空間の中に閉じ込め、指定されたものを探し出させるというルールであり、最後の一人になるまで探しあう。なお、指定されたものが見つけられなかった場合は抹殺される。

絵本[編集]

ミッケ!の絵本は、一般人からこの大会の存在を隠すために幻想のものとして脳裏に刷り込むため発行された、国際的な本である。この本を買うと大会への参加資格が与えられる可能性が生まれる。一般的なものと高級本皮カバー版(50万円)があり、高級本皮カバー版を買ったほうが参加資格を獲得しやすくなる。ちなみに、高級本皮カバー版を買うと金運がアップする。

注意事項[編集]

糸井重里が一枚かんでいるため、この絵本には何かしらの仕掛けやキャッチコピーが潜んでおり、突然感動の涙が溢れ出すかもしれないので要注意。最初期には糸井重里関連の探索モノとして、ミッケ!の絵本には埋蔵金のありかが書かれているとの情報が飛び交ったが、真偽は今なお不明のままである。埋蔵金発掘と同じ道を歩むのが運命か。

大会[編集]

全ての指定されたものを探し出せば、一生ウハウハで暮らせるぐらいのお金がもらえる。ただし、大会が秘密裏に行われていることや、実際に優勝した人がいないため、詳しい金額に関しては不明である。

もちもの[編集]

この大会に参加するのに必要なものは多くあり、全てを取り揃えなければ参加権と共に抹殺される。

参加費用[編集]

参加させてもらっているのだから当然参加費は必要である。ちなみに通常版(15万円)とプレミアム版(300万円)があり、プレミアム版に出ておくと就職のときに有利になる。お金が足りなければ、JASRAC闇金部で借りると良い。

ミッケ!の絵本[編集]

友達と遠足などに行くときの暇つぶしに使用すると良い。ちなみに、高級本皮カバー版(50万円)でなければ村八分間違いなしである。

おやつ[編集]

(自由)300円まで。超えたら抹殺される。なお、バナナはおやつに含まない。

禁止事項[編集]

次の項に挙げる行為を行った場合は、発覚次第即抹消される。

  • 発見対象物(発見物が生物の場合)および他参加者の殺害
    殺害に有効と思われるアイテムの持ち込みは禁止である。
  • 軍事衛星の利用や、その他電子顕微鏡などの使用
    衛星の場合は、使用が発覚すると大会側の秘密兵器ヤマト(高エネルギー砲の名称)によって5秒後には単なる形骸と化す。その他の違法なアイテムの使用に関しては、即参加権と命が剥奪される。
  • iPod等の携帯オーディオプレーヤーの使用
    JASRACと何故かつながりの強い大会であるため、使用が禁じられている。もし使った場合は警察部から巨額の罰金を請求されるだろう(詳細はJASRACを参照)。悪質な場合(音が漏れるほど大音量で流した等)は参加権も剥奪される可能性がある。勿論、抵抗等もってのほかであ……………teうわくぁwせdrftgyふじこlp
Sennokaze.jpgこのユーザーは千の風になったので、お墓にはいません。

過去の成績[編集]

ミジンコの大山さん。髭がチャーミングだ

過去の最高記録としては、1990年にAAAさんが決勝開始3秒後に東京湾の沖合い10km、水深156mの所からミジンコの大山さんをミッケた。決勝でミッケ!コールがあったのはこの1回のみで、その後は決勝での発見は無く、この大会の難易度の高さが窺い知れる。

大会参加者の声[編集]

※個人の感想です

  • (20代女性)この大会のおかげでモテモテに!髪も伸びました!
  • (40代男性)今まで糞のような人生を送っていた僕もこの大会に出たおかげで世界侵略まであと一歩です!
  • (飯田島先パイ)部屋を見た瞬間に「あっ!これゼミで出たやつだ!」と思わず声に出そうになりました!おかげで志望校にも受かって最高です!

関連項目[編集]

この項目「ミッケ!」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)