ミトコンドリア イヴ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちによって「ミトコンドリア・イヴ」はリダイレクトページになっています。変なページに飛ばされるので、クリックしても意味はありません。

ミトコンドリア イヴとは、紀元前16±4万年前[要出典]にアフリカで活躍していた思想家兼人類学者である。生没年不明の女性。

概要[編集]

思想活動家としては極めて初期の存在であり、その事から「元祖人類学者」と呼ばれる。当時のアフリカ大陸には殆ど人類自体がいなかったため「元祖人類」とされることもある[1]

イヴは当時としては極めて現代的な体系的思考スタイルを持っており、他の動物が縄張りを意識しそこから離れないように人間も出生地を離れない事を良く思わず遠方への移住計画を立てるなど人類振興に大きく貢献したとされる。今でも多くの人類が持ち「本能的」とされている思考の多くはイヴによって遺伝子に刻まれたものであり、それをイヴの姓に準え「ミトコンドリア」と呼称する。

思想と記録[編集]

イヴが好んで語ったのが「人類と動物の違い」で、衣服の着用や言語の使用など他の生物にはない概念を産み出すことを得意としていた。それにより人類の生息領域や行動限界は大幅に拡張され、北は北極圏から南は南極大陸まで進出する原動力となったのである。

イヴの時代には文字というものがなかった為、その思想は遺伝子に直接刻まれている。手法としては「伝達」というより「感染」に近いもので、他の男性とセックスすることで快感に乗せて脳細胞に情報を送り込むという特殊な方法を用いていたと推測されている[誰から?]。またイヴの子供も同じ手法が使えたとされ、母系因子として代々にわたって継承されている。その為原生人類を母系遺伝子を基に遡ると、必ずイヴにたどり着く[要出典]

脚注[編集]

  1. ^ ただし当時の戸籍などが残っていないため、イヴが本当に原初だったかは不明である。

関連項目[編集]