ミハエル・シューマッハ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索
ミハエル・シューマッハ
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「ミハエル・シューマッハ」の項目を執筆しています。

ミハエル・シューマッハMichael Schumacher)は、最強のF1ドライバーの一人と言われるドイツ(大阪との説も)製のロボットである。制作者は彼の名は「ミヒャエル」であると主張しているが、本人は「マイケル」と名乗っている。愛車が「キット」だったかどうかは誰にもわからない。埼玉の某所にある警察署に突撃するのが得意。交番にも突撃したことがある。

通称「赤い皇帝」

目次

[編集] 履歴

[編集] 実戦投入

ヨーロッパ生まれのスポーツであるF1で、当時世界最強といわれたオヤジの魂のエンジンを使う音速の貴公子が勝ちまくっていたことに危機感を覚えたドイツ靴職人協会が、世界一の工業力を生かし、覇権をヨーロッパ勢に取り戻すために特製のロボットを2体制作した。その1号機がミハエルである。

実際にF1に投入する前、靴職人協会は実験的に、1990年にF3、その後F3000に彼を投入した。調整不足は否めなかったものの、十分な戦力を持つことが証明される。そして翌年1991年、中途ながらF1に投入。さらなる調整が必要であることは明白だったが、それでも好成績を残し、アイルトン・セナ追撃へ向けて万全の体制に入った。

[編集] 大暴走と再調整

もともと危険な運転の多かったセナに対抗するために手段を選ばないようプログラムされていたミハエルだったが、肝心のセナが1994年に事故死し、ミハエルは目標を失って暴走を開始した。

彼は誰それ構わず特攻し、当時の実力者英国紳士的眉毛ハゲメガネもその餌食となった。他のF1ドライバーからも批判を受けることとなる。これは靴職人協会が彼に肝心のスポーツマンシップをインストールし忘れたことが原因であった。

1999年、ミハエルは走行中にハングアップを起こして機能停止、自ら壁に激突して大きく損傷した。靴職人協会はこれを機会に細かな機能の修正とOSのバージョンアップを敢行することとなった。

[編集] 赤い皇帝

調整後のミハエルは、新たなOSとの整合に時間はかかったものの、それまでの傍若無人ぶりは(やや)影を潜め、代わりに尊大になってさらなる批判を浴びた。困り果てた靴職人協会は、セナの代わりにセナと同じブラジル人のルーベンス・バリチェロいじめられ役兼番犬としてあてがった。これは成功し、苦労人でベテランのバリチェロはミハエルを上手に御し続けた。

この年から、ミハエルの無敵の時代が始まる。バリチェロが後方の車を追い払い、ミハエルは思う存分暴走するという「あまりにも強すぎるフェラーリ」時代は5年続き、2号機であるラルフですら「僕たちは赤い車の後ろ姿を見飽きている」と発言した。とは言え、F1をヨーロッパに取り戻すという本来の目的は達成された。それが今のどうにもならないほどサムいF1を築いていったのは事実だが。(背後にFIAが絡んでいたことも一理ある)

しかしロボットとしての機構の老朽化は避けられず、2005年にはバージョンアップに失敗してスペイン製眉毛に敗北、2006年には緊急のパッチあてが行われたが追いつかず、ついにお役御免となった。

[編集] 再出撃

一時は完全に消えていたが、2010年にバージョンアップや燃料補給をしてメルセデスより再出撃することになった。

しかしこのバージョンは地雷だったらしく、あまり速くも無い上に突然時速300キロで髪の薄いかつての仲間を撃墜しようとするしでもう大変。 もう色々と限界なのかもしれない

[編集]

ミハエルの秘密兵器は巨大なである。

F1では、車体にはレギュレーションが存在するがドライバーには無い。この盲点をついて装備されたのが彼の顎である。顎の角度を調整することで、直線では空気抵抗を減らし、コーナーリングではダウンフォースを生む可変スポイラーとして機能した。顎の形状は世界一のドイツの工業力が生んだ秘密のテクノロジーで作られたため、最後まで誰にも真似をされることは無かった。

2号機であるラルフはこの顎が小さかったため、ミハエルほどの強さを発揮できなかったことは有名な話である。

なお、この顎も既に時代遅れとなったことは否定できない。事実彼は、新たなテクノロジーである眉毛に敗北している。しかし、その最新テクノロジーが惜しみもなく投入されたスペイン製眉毛フィンランドの酔っぱらいについうっかり負けてしまったので、2008年に向けて早くも次世代デバイスの登場が期待されている。

[編集] その他の特徴

  • ロボットなので、正確無比な運転を誇る
  • ロボットなので、疲れない
  • ロボットなので、ファッションが出鱈目である。
  • ロボットなので、いつも同じ表情である(後に表情再現プログラムがインストールされたが、やはり同じ表情である)
  • ロボットなので、パパラッチに追われない
  • でもたまに怒る。バージョンアップであまり怒らなくなったが、日本製ミサイル神風アタックを食らったときにはさすがに怒った。98年のベルギーGPではペヤングに対してものすごく怒った。
  • 自分の周りに亜空間を作る機能を持っている。この亜空間では時間が速く流れるため有利に戦うことができたが、一方で彼の老朽化を早める結果となった。
  • 自分が地元のタクシードライバーを代わって引き受けたことがある。この出来事にそのタクシー会社は何だかんだ話題で大きな臨時収入が入ったことは有名である。
  • ライダーとしての性能は高いが、安定性が今ひとつであり、参加したレースではすべてクラッシュによるリタイアであった。とはいえロードレースでのテスト走行で新記録を樹立した。このことから、モータースポーツにおける戦闘兵器としての汎用性は高いと思われる。
  • 一説にはルーデルの魂の一部が封入されており、また自身も守護神として崇めている為、どんな事故が起ころうが実戦においては不死身である(?)。 

[編集] 余談

  • フェラーリ時代はイタリア製の車にドイツ人のドライバーが乗り、日本のタイヤを使っていたため、半世紀ぶりの三国同盟の再来という話もあった。もっともその点では、日本の車をドイツとイタリアのドライバーが運転していたTOYOTAチームも負けてはいなかったが、どちらにしてもドイツはまだ「イタリア抜き」が実現しないようであった。2010年にはドイツが本腰を入れ始めたらしく、日本のタイヤを除いてオール・ドイツを達成したのだが、今度は日本が悲鳴をあげたらしく、2011年には再びイタリアのタイヤを履いて出撃するらしい。
  • 彼は日本とは浅からぬ縁がある。ブリヂストンとは長いつきあいであるし、カラオケが大好きである。もっとも日本との縁という点ではラルフのほうがずっと深い。亡きセナは生前「引退後には日本で暮らすつもりだ」と発言していた。
  • サイバーフォーミュラへの参戦への意思表明をしているものの、現時点では搭載されているCPUの限界処理能力を超えていたため、新たなボディと共にやってくる予定である。
  • 実は彼のF1参戦と鈴鹿GPの開催と密接な関係を指摘する専門家は多い。しかし、実は鈴鹿GPの行われる鈴鹿サーキットが目的ではなく、サーキットのある三重県鈴鹿市の隣、同県津市に有る超ウルトラ高級食肉販売店「朝日屋」の霜降り松阪牛の肉が手に入るかどうかが重要である事が一部のレース関係者の証言で明らかになっている。「フジ、カラ、ツハ(朝日屋のある津の事らしい)、トオ、スギル」とのレース無線を傍受したとの消息筋からの証言もある。つまり、多忙な彼が朝日屋に肉を買いに行くにはF1マシンをもってしても富士スピードウエイからでは遠すぎることで、鈴鹿サーキットでのレース開催が無くなったのを機に引退を表明、鈴鹿復活に合わせてレース復帰したのである。

[編集] 関連項目

  ドイツ
地理: ドイツ - フランクフルト - ベルリン - ハンブルク - ブレーメン - ミュンヘン - ハノーファー - ドレスデン
人々: ドイツ人 - ゲッベルス - カント - ゲーテ - ヘーゲル - アインシュタイン - ルター - エック - ベネディクト16世 - ハイデッガー - マルクス - ニーチェ - シューマッハ - ベッケンバウアー - エンデ - ケーラー - メルケル - キーボードクラッシャー
軍事: ルーデル - ハルトマン - ヴィットマン - カリウス - ヘッツェナウアー - シュライネン - マルセイユ - ビスマルク - ヒトラー - ヒンデンブルク - タイガー重戦車
言語: ドイツ語 - バイエルン・オーストリア語 - ウムラウト - エニグマ暗号
音楽: バッハ - ベートーヴェン - ブラームス - ワーグナー - ヘンデル - ノミ
歴史: 第二次世界大戦 - ナチス - ホロコースト - ベルリンの壁 - チェックポイント・チャーリー
その他: ビール - ウインナー - ドイツ無政府主義ポゴ党 - ヴェルタース オリジナル - ミュンヘンオリンピック
個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語