ミュンヘンオリンピック

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ミュンヘンオリンピック」の項目を執筆しています。

ミュンヘンオリンピックとは、1972年8月26日から9月11日まで、西ドイツミュンヘンで行われた夏季オリンピックである。

ハイライト[編集]

パレスチナ選手団[編集]

パレスチナは、この大会がオリンピック初出場で、射撃選手8人を送り出した。AK-47を用いた彼らの腕は非常によく、世界中の関心を集めた。

彼らはまた、門限破りの常習犯であった。9月4日の夜には特に遅くまで出歩き、選手村の宿舎へ帰ったのは翌5日の午前4時頃だった。敷地のフェンスを乗り越えて帰った[1]が、これは当時門限に間に合わなかった多くの選手が行なっていた方法であった。この時には全員、イスラエル選手団の宿舎へ立ち寄り、その日に出場競技がない者たちとともに、午後10時ごろまで語らいあった。実は当時パレスチナとイスラエルはお互い憎悪と怨恨の感情を持っており、極めて仲が悪かったのだが、この様子がメディアで報じられることで、二国の関係が取り戻されたことと、パレスチナ人の陽気さが世界中に印象づけられた。またこのとき両者は、イスラエルに収監されているパレスチナ人234名の解放を約束したが、実際にはそれには至っていない。

射撃競技では、地元ミュンヘンの選手と5人とメダル争いを繰り広げ、結果的にパレスチナ選手が初出場で金メダルを獲得した。ところが、はしゃぎすぎたパレスチナ人たちが競技用の銃を乱射し、イスラエル選手などに怪我を負わせる事態となったため、以降1996年アトランタ大会まで出場禁止処分となった。

サッカー[編集]

サッカー競技におけるドイツギリシャの試合も有名である。

この試合での得点は、ギリシャ代表のキャプテンであるΣωκράτης選手が試合終了1分前に決めたものただ1つのみで、ギリシャの勝利となった[2]。しかし、このゴールが決められるまでの間のプレーに賛否両論が起こった。この間選手らはぐるぐると歩き回りながら何かぶつぶつ言っているばかりで、とても試合に集中していたように見えないという意見が出たのである。また、両チームとも選手らが全員幽霊だから足が使えないなかったのではないかと揶揄する者まで現れた。この発言に対しては、フランツ・ベッケンバウアーが抗議したものの、ほかの選手らは全員なぜか閉口してしまったという。

脚注[編集]

  1. ^ フェンスはさほど高くなく、防犯上の危険性が指摘されていた。幸い何事もなかったが、仮に不審者が忍び込もうとしても簡単に乗り越えられたと考えられている。
  2. ^ オフサイドだったことは誰も気にしない

関連項目[編集]