メガネドラッグ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「メガネドラッグ」の項目を執筆しています。

メガネドラッグとは麻薬の一種。「見る麻薬」として知られる。


説明[編集]

メガネドラッグ以外の多くの麻薬の場合、人体への摂取方法は、血液を経由して脳へ薬物を送り込む方法がほとんどである。その手段として、そのまま飲む経口摂取のほか、舌下する、粉末状の麻薬を歯茎に塗布する、粉末状の麻薬を鼻孔へ吸引し鼻腔粘膜から吸収する、直腸粘膜から吸収する、性器粘膜から吸収する、喫煙する、蒸気を吸引する、注射器による静脈注射・筋肉注射、などがある。経口摂取の場合、主に小腸から吸収され、肝臓で一旦解毒された後血液に混じるため、肝臓で分解される物質は、経口摂取以外の方法を採られる。

しかし、メガネドラッグはそうした摂取方法はしない。

メガネドラッグは、メガネのような形をしており、それをかけることによって視覚を脳で味わうものである。

見た目はメガネと同じで、メガネをかけているようにしか見えない。

メガネドラッグをかけ、それを通して風景を眺めるといろいろな幻覚を見ることができる。個人差があるが、自分が桃太郎になり、サルキジを従えて歩いているような風景が見えることが多いらしい。そのときに見える犬、サル、キジはメガネをかけているように見えるらしい。

重度の中毒になると、のぼり旗を持って外を出歩くようになる。のぼり旗を持ち、「メッメッメガネもよいメガネ~、品質表示の良いメガネ、メガ~ネドJASRAC検閲により削除よいメガネ~」と歌いながら外を歩くという。そのとき、本人にはイヌ、サル、キジが見えているという。 最近はメガネをかけた鬼も見える報告例もある。

生産[編集]

日本ではメガネドラッグの原料となりうる特定種のメガネの製造については、視力矯正や紫外線防止の必需品であるため厚生労働省の委託を受けた特定工場での製造、ならびにメガネ園(福井県鯖江市)での展示目的の製造以外は違法である(市販されている視力矯正用のメガネは麻薬成分を含まないメガネである。

関連属性[編集]