メキシコ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

メキシコ(Mexico、またの名をメヒコ)とは、アメリカのすぐ南にある国である。ラテンアメリカの国家の一つで、経済大国アメリカにラテンアメリカ国家では最も近く、最も発展している。この先も更なる経済発展が期待できる国である。

危険情報: この国の全土、及び一部地域には、日本の外務省から退避を勧告する、危険情報が出されています。
詳しい情報は外務省海外安全ホームページで公開されています。
それでも行ってみたいという聞き分けのない貴方は自己責任という言葉を親御さんから教わるか広辞苑で調べてから検討してください。


歴史[編集]

中世の頃はアステカ文明が繁栄していた。アステカの人々は厳格で、勇敢な人々であったが、スペインからやってきた侵略者に皆殺しにされ、生き残りも多くは性奴隷にされたりした。その後、長らくスペインの植民地であったが、イダルゴやフアレスが奮闘して、スペインからメキシコを独立させた。その後、フランスアメリカの干渉を受けながらも、メキシコは国家として自立してきた。また滅びたアステカ人の勇敢な気質は、現代でもメキシコ人達の中に連綿と続いている。

危険情報: この国の全土、及び一部地域には、日本の外務省から退避を勧告する、危険情報が出されています。
詳しい情報は外務省海外安全ホームページで公開されています。
それでも行ってみたいという聞き分けのない貴方は自己責任という言葉を親御さんから教わるか広辞苑で調べてから検討してください。


文化[編集]

ラテンアメリカの人々は総じて陽気で鷹揚である。タコスを食いながらサボテンのある荒野で楽器を奏でるマリアッチ達の姿はメキシコの代名詞となっている。近年はアメリカの影響で工業、農業の発展も著しい。

かのラテンアメリカ文学の巨魁、ガルシア・マルケスはメキシコの大地を人生終焉の地と定め、メキシコで没した。ガルシア・マルケスが最期を過ごす場所として選んだように、メキシコの荒野とそこに吹く温暖な風は、人の精神の中にある文学的なセンスを刺激し、社会に新たな境地を切り開いている。

危険情報: この国の全土、及び一部地域には、日本の外務省から退避を勧告する、危険情報が出されています。
詳しい情報は外務省海外安全ホームページで公開されています。
それでも行ってみたいという聞き分けのない貴方は自己責任という言葉を親御さんから教わるか広辞苑で調べてから検討してください。


自然・気候[編集]

熱風が吹き荒れているイメージがあるが、実は緯度はさほど日本と変わらない。砂漠に高原にと自然が多く、アステカの遺跡は観光地として有名。荒野や砂漠に繁茂するサボテンはいざという時武器として使える他、トリップ出来るクスリの原料にされることもあり利便性は高い。

危険情報: この国の全土、及び一部地域には、日本の外務省から退避を勧告する、危険情報が出されています。
詳しい情報は外務省海外安全ホームページで公開されています。
それでも行ってみたいという聞き分けのない貴方は自己責任という言葉を親御さんから教わるか広辞苑で調べてから検討してください。


経済・産業[編集]

経済の発展は近年著しく、GDPのランキングは上位を推移しており、中南米においてはブラジルに次ぐ高さである。

就中農業が発展しており、膨大な畑が巨大なメキシコの国土のあちこちに見られる。ここで産出された農作物はアメリカにも輸出される。

危険情報: この国の全土、及び一部地域には、日本の外務省から退避を勧告する、危険情報が出されています。
詳しい情報は外務省海外安全ホームページで公開されています。
それでも行ってみたいという聞き分けのない貴方は自己責任という言葉を親御さんから教わるか広辞苑で調べてから検討してください。


教育[編集]

教育水準は高く、皆最新鋭の武器の扱いに長じている。母語はスペイン語だが、アメリカの人々との取引を生業としている人も多く、英語が流暢なメキシコ人は多い。

危険情報: この国の全土、及び一部地域には、日本の外務省から退避を勧告する、危険情報が出されています。
詳しい情報は外務省海外安全ホームページで公開されています。
それでも行ってみたいという聞き分けのない貴方は自己責任という言葉を親御さんから教わるか広辞苑で調べてから検討してください。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「メキシコ」の項目を執筆しています。