メス

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

メスとは医師が自衛の為などに用いる投擲武器である。特に外科医などは高いスキルを要求され、名医と呼ばれるほどになると一瞬の内に数十本のメスを投げ同時に複数の目標に命中させるほどの腕前を持つ。マントやコートの裏側などに複数本を常時携帯するのが一般的である。

ブラックジャックなどの名医になると、人間国宝級の職人に作らせた特別なメスを使用する場合もある。

種類[編集]

Undictionary Logo Text.png
この記事「メス」は何故かアンディクショナリーにも項目がありダブっています。どちらが真実なのかは神のみぞ知ります。

近年では科学の進歩によりいろいろなメスが登場している。

電気メス
高圧電流によって相手を感電死させる。雷属性が追加されている。
レーザーメス
怪しい光線でまっぷたつにする。この光線はかなりの温度に達するため、切ると同時に焼く効果がある。が出ないので、グロ耐性のない人や18歳以下のお子様でも安心して使える。
超音波メス
粉々にして殺す。体の表面ではなく内部を攻撃する。実際、180dBぐらいの大音量に晒されると、本当に人間は死んでしまうらしい。
水流メス
の圧力でまっぷたつにする。水道代がバカにならないため、ケルヒャーの高圧洗浄機が用いられる。

近年ではメスを使用せず、内視鏡で相手の恥ずかしいところを覗いたりして羞恥攻めで精神的に崩壊させて身を守るなど、人体に負担のかからない自衛手段を用いる医師が増え、多様化が進んでいる。

競技[編集]

技術の向上を目指す有志の集まりからエクストリームスポーツへと発展した物が存在する。特に、ヘルドクタークラレと呼ばれるマッドサイエンティストによって本格的な競技化への動きが加速されている。競技は数種類あり、「エクストリーム・メス投げ」「エクストリーム・メス研ぎ」「エクストリーム・目隠しオペ」「エクストリーム・メスに頼らず手刀でがんばる」などがよく知られている。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「メス」の項目を執筆しています。


やめられない、止まらない この記事「メス」は病気にかかっています。
どうかこのかわいそうな記事が早く治るように、治療をしてあげてください。
お願いします。 (Portal:スタブ)