モエ・エ・シャンドン

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

モエ・エ・シャンドン(仏:Moet & Chandon)はフランスが誇る世界有数のシャンパン製造会社、あるいは同社が製造するシャンパンに貼られた商標。

歴史[編集]

萌え絵の描かれたラベル

創業年は1743年。創業者がソレナンテ・エ・ロゲの助言を受けて、エロゲのキャラクター(もちろん萌え絵)をあしらったラベルを貼ったシャンパンをブルボン王室に献上。王室御用達となり、数々の貴族らに(中身よりラベルが)愛された。

ルイ15世の愛妾ポンパドゥール夫人は実在の人物ではなく、実はこのシャンパンに貼られた女性キャラであるという説もある。(出典『鹿の園とつぼ八の比較』ヴォルテール著)

ルイ16世も萌え少女の妄想に耽って、マリー・アントワネットに関心を示さなかったため、「あいつ包茎なんじゃないの?」と不名誉な疑惑を向けられた。流石のルイ16世も包茎疑惑は苦痛だったらしく、義兄のフランツに相談したところ「お前、現実の女の方が検閲により削除だぞ」と励まされ、その後の夫婦生活はそれなりだったようだ。

またフランス革命期前後においては「二次元なんて恥ずかしい」と注文に躊躇する御仁も確実に萌え絵を楽しめるよう、配送テロ防止の観点から丁寧なカモフラージュ梱包を交えた自社直送を行っていた。パリ在住のナポレオン・ボナパルトはもとより、遠くアメリカトーマス・ジェファーソンがこのサービスの恩恵に浴したと伝えられている。

芸術性[編集]

モエ・エ・シャンドンのラベル作成には多くの有名な芸術家が関わっている、アルフォンス・ミュシャもその一人である。モエ・エ・シャンドンのラベルは多くの王侯貴族にコレクションされ、高価で取引されている。ついでに内容物も取引されている。

内容物[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「モエ・エ・シャンドン」の項目を執筆しています。

単なる葡萄の汁を発酵させて、泡が出るようにしたものである。珍しくない。


酒乱幼児.jpg この項目「モエ・エ・シャンドン」は、まだまだ執筆者が酔っていないので、ハメをはずしきれていませんどんどん呑んで、中川大臣の待つバッカスのお膝元にこの項目を飛び立たせてください。 (Portal:スタブ)