モナコ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索
モナコ公国内を走る鉄道の様子。モナコは世界の国々の中でも人口密度がトップクラスである国の一つであるため、列車が満員になると、この写真のように、車内ではなく天井の上などに座って移動する人もいる。

モナコ公国(-こうこく)、通称モナコは西ヨーロッパの国家。世界でもトップクラスの小ささを誇る都市国家であり、地図上では非常に発見しにくい。しかし知名度はヴァチカン同様高く、人口密度も香港並である。しかも態度だけは大きくワシントン条約締約国会議ではこれでもかというくらい大ミエをはっている。

なお、銘菓「最中」やCLAMPのキャラクター「モコナ」とは全く関係ない。

目次

[編集] 歴史

[編集] 地理

サーキットしかなかったため、その中や周りに建物が作られていった。その結果、今では街とサーキットが完全に一体化している。この国では道=サーキットのコースであり、F1が走れない道を作ることは禁じられている(軽車両及び歩行者専用道路を除く)。近年ではジャンプ台やループなどテクニカルな道路も作られている。

ちなみにサーキット建造時のコースは国道1号線になっている。

[編集] 産業

レースの開催及びカジノが収入源である。観光客向けのレストランホテルなどは一流どころを揃えており、ベガスマカオに匹敵する巨大なカジノは、何億もの大金をスる大富豪であふれかえっている。しかしその一方で、住人向けのものはないがしろにされている。また、モナコブランドの各種グッズも販売しており、特に手軽に手に入るミニカー饅頭ペナント木刀UFOやる夫グッス各種の人気が高い。

[編集] モナカ(モナカ戦争)

モナコ国民はモナカが無いと凶暴になる。

以前フランスの商人にモナカをまとめ買いされたことにモナコ国民が激怒。

モナコ政府はフランスに宣戦布告を表明し、そのわずか2日後には

首都パリを制圧。食べ物の恨みは怖いものである。

ちなみに、その時のモナコ軍はわずか4人で、持っていた武器は火縄銃だったという。

[編集] 教育

国民は自動車運転免許の取得が義務である。モナコの運転教習所は他国の大学にあたり、免許取得は非常に難易度が高い。この免許があれば全世界のあらゆる種類の自動車を運転することができる。ただし飛行機船舶の教習所はない。

[編集] 政治

選挙の代わりにレースで政治家を選出する。そのため政治家は皆レーサーである。法律の制定なども投票ではなく代表者によるレースで決める。そのため優秀なレーサーはどの党からも引っ張りだこである。

[編集] 軍事

完全にフランスに依存している。全ての道が広いため、有事の際は国土全域に戦車などの大型車両を配備することができる。

[編集] 交通

国土の大きさの割に人口はあまりにも多く、しかも国土の大半は娯楽・賭博施設、F1サーキットなどに利用されているため、交通網の発達は著しく遅れている。現在は、鉄道高速道路は整備されたものの、鉄道は常に満員でグダグダ、高速道路の一部は、F1サーキットを利用している。当然、カーブが多いため、制限速度はせいぜい5,60キロであり、つまり、高速道路とは名ばかりの低速道路である。そのため、事故が多発しており、列車から人が落ちる、カーブを曲がりきれなかった車がガードレールを突き破るなどはまだいいとして、そのあまりの人口の多さのため、レールの上に違法に住宅が建てられ、そこに列車が突っ込んで多数の死者が出た、あるいは、名ばかりの高速道路でアウトバーン並みのスピードを出していたトラックが横転し、それに後続の車が衝突してたちまち数十台が関係する多重衝突事故になった、など、恐ろしい報告がもたらされている。

[編集] その他

当然だが、公国である。前のモナコ大公は女優と結婚したが、その子息はと言うと、姫達は皆、離婚歴を有し、現大公には黒んぼとの間に隠し子までいる。どうも「これ」と思い立ったら吉日と励むらしい。詳しくはお察しください

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「モナコ」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「モナコ」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文を読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「モナコ」の項目を執筆しています。


個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語