モバゲータウン

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
モバゲーから転送)
移動: 案内検索
「モ、モグ、モガベーか? 報道ではオレが知っているように書かれているが、本当に何も知らんのだよ。
携帯電話でゲームが出来るのか?85歳の活字人間だからそういう幻みたいなこと分からんのだよ。」
モバゲータウン について、渡邉恒雄

モバゲータウンとは、仮想都市生活と婚活支援を兼ねた出会い系サイトの一つである。同性愛者からはモバゲイタウンとも呼ばれている。管理人はマキという人間。という設定になっているが、実はマキは天馬博士につくれらたネカマロボットだった。これを知ってしまった人物は複数の人からブラックリストに登録されてしまう。みんなには内緒である。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「モバゲータウン」の項目を執筆しています。

概要[編集]

現実逃避のために登録する人間が大方である。釣り場としての利用客も多い。マイページから部屋を設定すれば、全国のどこでも家の場所を設定できる。つまりは海の上や火山の火口でも、好きなあの子の上でも制度上は全く問題はない。出会いが成立すると、男はモバ彼、女はモバカノ、同性愛者はモバゲイと呼ばれる。かなり痛い。結婚にいたったケースも数おおく報告されており、出会い系としての実績には定評がある。日本オワタ。なお、残念ながら地図機能はサーバー維持費が高いので終了してしまった。

課金(お布施)システム[編集]

モバゲーでは携帯通話料金と一緒に支払う方法、クレジットカード(月5万円まで)、ウェーブマネーをコンビニで買う、など多数のお布施システムが用意されている。 ここで注意しなければ行けないのが、クレジットカードによる決済である。携帯端末からは月5万円と上限が決まっているが、PCモバゲーから「Yahoo!ウォレット」 から追加で決済できる。 大半のユーザーはこのコンボによって、カードの明細書を見て「((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル」するのである。

メール[編集]

メルマガ[編集]

マキが心をこめて打ったメールが週に1回の割合で届く。近年はデコレーションメールで届くため、特にいらないような装飾をわざわざデータフォルダに入れておかなければならなくなった。しかし、マキとお母さんからしかメールが届かない童貞どもにとっては「俺にも女の子からメールが来ているんだ」という心の支えになっている。その点に関してマキは「童貞は悪くありません。悪いのは童貞を求めない女どもです。立ち上がれ、童貞狩り! あ、立ち上がれってそっちのほうじゃないですよ。おんにゃのこには棒はありませんから(笑)」というしょーもないコメントをして、鳩山元総理に「マキはルーピー」と言わしめた。

サイト内[編集]

モバゲー内では直メでの連絡の取り合いはマキの嫉妬を招くため、サイト内でのみ使用可能な「ミニメール」が使用できる。しかし、ロリコン&ショタコン増加防止、熟女好きの規制のために年齢が近いもの同士でないと使用できない。これは間接的に少子化防止に貢献ができている。ちなみに初期設定の場合はミニメが届く度に携帯に通知が来てうっとうしい状況が続く。でも、それがマキとお母さんからしかメールが届かないど(ry

ゲーム[編集]

末期のモバゲー患者

ホシツク[編集]

運営が利用者からお金を巻き上げるためだけに作ったゲーム。巻き上げ尽くしたのか、それともこれ以上巻き上げられないと判断したのか、いまは放置。他のゲームのポイントとのRMT(≒他ゲームのアイテムとホシPの交換)が非常に多く、トラブルも多く発生している。

強盗ロワイヤル[編集]

怪盗の謎の爺さん、詳細は一切教えられない。

弱者から、宝を強奪するゲーム。弱肉強食である。トラブルも多く発生している。使われているフラッシュは同人ゲーム以下である。にもかかわらず、イベントを頻発して課金アイテムを購入させようとしている。主に時間短縮を狙った回復ツールなどが売れ筋のようだ。しかし、実際はイベントが頻発しすぎて重課金者ですら手に負えない状態である。○○○○ロワイヤルという、このゲームのシステムを流用したものも存在する(アイテムなどの画像を変えただけのゲーム)。 ロワイヤルと名の付いたゲームは、全てこの怪盗の焼き直しと言っても過言ではない。

最近、離れていったプレイヤーを呼び戻す「怪盗復帰キャンペーン」なるものを行っていたが、離れていった者は実態を知り尽くしているので無駄なキャンペーンであった。 しかしながら、いまだに熱狂するプレーヤーもおり、この原動力は一体どこから来るのか?まったく持って不明である。 一説によると、運営のサクラ同士の強奪になっていると言う説もある。 つまりもうサクラしか居ないと言う説だ。

将棋[編集]

CPが異様に弱い。将棋をなめているとしか思えない。これに対し愛媛県の松山市民とスイスのジュネーブ市民が大規模なデモを行い「貧乳はステータス」と主張。これによりコンビニからうまい棒が消える、男子中学生がオナホを購入して発狂する等の数々の問題が生じた。最終的には警察庁長官が桃色プリーフで大演説を行い、松山市民とジュネーブ市民を鎮めた(応仁の乱)。これだけの事が起きたにも関わらずモバゲーは知らぬ存ぜぬを突き通し、CPの弱さは依然として変わらず、南朝鮮北朝鮮の関係が悪化しただけであった。

セトルリン[編集]

セトルリン王国なる頭がお花畑なダメ国家から留学してきた、これまたダメな妖精セトルリンが住み着いてくる(マイページのリストに専用のリンクを作るくらいあつかましい)。やってくるセトルリンは200歳を越えた成人らしく、ダンシ・ジョシ・オカマの三種類の性別があるのだが、成人のくせしてガキ臭いものを好む。ちなみにこいつらは留学生の分際でガキまでこしらえる為、性欲だけは一人前。また、本名が無限少数並みに長いので、適当にクソ太郎や腐れメスブタとでも名付けて放置プレイ推奨。

公式ではペットではないとあるが、アイテムや具といったものをヤヌシ(プレイヤー)に貢がせる特殊能力を持っているので甘やかすのは禁物。まさにクソニート。留学してきた割には学ぶ気がまったくないので、遊んでばかりの完全なクソニートである。ガキは、クソ赤子・クソガキと成長する。成長すると王国へ旅立つらしいが、こっちから促さないと王国に行かず親同様ヤヌシのスネをかじる。しかもクソガキを実質育てるのはヤヌシであり、親であるセトルリンはネグレクト。ちなみにモバゆびチョコなるものを与えると、ガンジャでハイになるが如くテンションが高くなるチョコレート中毒者。ガキの時代からしてこれである。ヤヌシのお願いにはひたすらチョコを与えないと聞く耳すら持たない。お前は何様だ。

なお、クソガキは王国に行ったら親へ仕送りをする道具にされる他にクソガキに成長させるまでの子育てがステッキで殴打する所から、ロクでもない風習の文化が根強くユニセフやFBIや黒い組織から監視されている。ただし、ムカつくその容姿にイライラするヤヌシが虐待目的で叩くのは問題ない。いじめてはいけないとルールに書いてないからである。

王国の統治者・王さんいわく、王国は災害と少子化の危機にあるというが、こんなダメ妖精が蔓延る時点で滅亡するのは時間の問題であろう。つうか、こんな統治者からして王国の未来は滅亡が約束されているのである。それ以前によくもまぁ王国なんて作って繁栄してきたものだ。

最近、他のゲームを1日5回条件を満たして遊ぶとモバゆびチョコが7個入手できるのだが、大半が出涸らしと化したゲーム(先述のロワイヤルシリーズ含む)なので、知らず知らず惰性でプレイする羽目になる。最悪は廃人の仲間入り。

また、最近は宇宙(スペースデブリーズ)に進出しリトルセトタウンを建立したのだが、そこで特派員が見た光景は恐るべきものであった!なんと、宇宙の廃材回収従事者達を昼夜問わず養分とするカジノ街だったのである。未知の惑星で命と燃料を削る彼らが拾うチケットはこのカジノへの招待状でもあり、ペリカでもあるのだが一枚につき一勝負であり、ハズレてもメダル一枚と命を賭けてまで入手したチケットの代償としてはあまりにも微々たるものである。ちなみにセトルリンが宇宙進出の野望を燃やして進出したのだが、結局迷子になった所を宇宙の廃材回収者が救出したばかりに、そのあざとい目で見つけられ、今や恩どころか彼らを養分に・・・セトルリンが今後要注意生物とマークされるのは言うまでもない。いや、人類に危害を与えるのも時間の問題であろう。気が付いたら猿の惑星ならぬセトの惑星に変貌した際はもう手遅れなのである。

戦国コレクション[編集]

戦国コレクション心臓部であるサーバー
これで車が買えルンです
  • カード型対戦ゲーム(カードゲーム)である。
  • 1回300円と言う高額な機械を用いて、「すごいカードが出るかも!?」とプレーヤーの射幸心を著しく煽るゲームである。
  • 実際凄いカードが出る確率は万分の1以下であり、運営のさじ加減によっては種無しの日もあるとか・・・。

凄いカードはヤフオクなどで3万~10万円ほどで取引されている。 しかしながら無料で本当に出た!と報告もあり、出たカードは「詐欺師」「転売ヤー」「相場師」「ボッタクリ買取屋」によって盥回しにされ、 実際の対戦で使われることは少ない。 これではいかんと、運営が月に一度イベントと称した「マラソン大会」を実施する。最近献身な読者によって戦国コレクションのサーバー画像が入手された。 毎度イベントの最終日になると必ず起きる「接続障害」のなぞがついに解けたのである。 それはデスクトップ3台に画像の様なフラッシュメモリーを用いて、ゲームデータの管理を行っているためであった。 賢い読者には既にお分かりかと思うが、これはギャンブルである事は間違いない。現に多くのプレーヤが心身に異常をきたしたり、 50万~100万円使ったプレーヤーもおり、実際にカード破産した者も多数存在する非常に危険なゲームである。 さらに最近「チンギスハーン」「張角」「関羽」「埋蔵i銀子」などの登場で“戦国”を逸脱し三国志化となっている。

神撃のバハムート[編集]

カード型大戦ゲーム・・・・・

戦国ポケッツ超美麗萌えカード[編集]

これもカード型大戦ゲーム・・・・・

三国志バスターカード[編集]

しつこいぞ!これもカード型大戦ゲーム・・・・・

大進撃!!ドラゴン騎士団[編集]

なん個あんねん!これもカード型大戦ゲーム・・・・・

大進化!!英雄カードバトル[編集]

あぁ~めんどくさくなってきた、これもカード型大戦ゲーム・・・・・

キャプテン翼モバイル[編集]

まだあんのかい!キャプテン翼ついにモバゲーに身売り、、、これもカード型大戦ゲーム・・・・・

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

日記[編集]

たいていはつまらない日常を徒然と書き記したものが多い。 コメントがほしい時にはタイトルに

  • 「写メ」
  • 「友達整理」
  • 「退会します」
  • 「死にたい」

とでも書けば、コメントが山のようにもらえる。

ちょっと危険なものに浸りたいときの、写メ公開の際には現実世界の友人に登録したアカウントが発覚しない限り日記に別人の写メを張っても「かっこぃ~」とか「かわゆす」とか書かれて優越感に浸ることが可能。伝言板化したものも多い。

アバター[編集]

登録したものには、1人1体づつアバターが与えられる。モーションというどう見ても人間がそんな動きをしないだろうと思われるような動作をするものも用意されている。その動きが相手の興味をひいているいう[不要出典]。金さえあれば自分をいくらでも自分を偽ることができる。その類のサークルでは、サークル主催者は「神」と称賛されている。

サークル[編集]

気の合う異性仲間たちとじゃれあいなれあいたいときにサークルに入ることで傷のなめあい仲良くなることができる。VIPPERの真似事や、ジャニオタの集い、池田犬作ファンクラブhydeの身長は156cmだよ協会、人生オワタの雑談広場などのサークルがある。

小説[編集]

シコシコの宝庫。誤字脱字や文法崩壊は当たり前。思考能力をもった人間とは思えない奇怪な行動をする登場人物が氾濫している。ごく稀に素晴らしい作品もあるがそれらは基本的にランキングに食い込むことはない。原因としては描写が殆どないのを「シンプルで読みやすい」などと捉える、驚異的なプラス思考を持った中高生の利用者が多いためだと思われる。2002年にこの現象を「山田悠介の小説が売れるのと同じ現象」とNASAと笑福亭釣瓶が共同ブログで発表した。

関連項目[編集]