モンティ・パイソン

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
この記事は、他言語版のアンサイクロペディアから翻訳されたものです。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「モンティ・パイソン」の項目を執筆しています。
「これらは死んでるんじゃない。休んでるんだ!」
モンティ・パイソン について、オスカー・ワイルド
「くそいまいましいヘビがこのくそいまいましい記事にいるんだ!」
この記事 について、ジョン・クリーズ
「当BBCは先ほどの引用についてお詫び申し上げます。このような古い冗談で安易な笑いを取ることはBBCの方針ではありません」
前の引用 について、BBC

モンティ・パイソン(英:Monty Python)とは、「」そのものである。

英語圏においては、誰もが一度は目にしたことのある存在である。が、生態や、個体数・個体の分布地域、発生と進化の経緯などについては、全てが謎に包まれており、その正体は詳らかになっていない。日本における妖怪に相当する存在ではないか、との説もあるが、日本でのモンティ・パイソンの目撃例が極めて少ないため、この観点からの研究も全く進んでいない。

そもそも、日本ではモンティ・パイソン研究は余り盛んではない。そのため、我々日本語版アンサイクロペディアンも、残念ながら本記事においては他言語版のアンサイクロペディアに頼らざるを得ない。

以下、主として他言語版アンサイクロペディアでの記述をもとに、「モンティ・パイソン」について最新の研究成果を紹介する。

研究史[編集]

「モンティ・パイソン」として知られている事物の正確な分類は、長い間とても難しいとされていた。その理由は根本の部分で矛盾のある主題の複雑さにあり、頭の狂いがオーストラリアのビールをかっ喰らった科学者を苦しめた。

これらの困難にもかかわらず、科学者はそれを3つ(いや、5つ)のカテゴリーに絞った。

ヘビ[編集]

モンティパイソン(学名Comedia Brittania)は、時折北カナダの極寒の荒野で見つかることができる珍しい種類のヘビである。長さ10メートルまで伸びることが出来、カナダ騎馬警官隊メンバーだけから成る、ダイエットを受ける癖の悪い動物、もしくはカナダ騎馬警官隊員である。しかし、それを分類した生物学者は誤植をし、しかしながらそれによって巨大な動物は現在モンティパイソンとして知られている。

モンティパイソンが、滅多に起こさない行動ではあるものの、世紀末に起こった100人以上のカナダ騎馬警官隊員の殺害との関連があった。そして、1961年11月12日、Chippachawanakanuk(オンタリオ)で、悪名高いカナダ騎馬警官隊員マッカーサーを含む12人の高級官僚カナダ騎馬警官隊員役員が死亡した。

モンティパイソンの発生の起源は、謎である。カナダ騎馬警官隊員しか食べないので、カナダ騎馬警官隊が設立される前に、種がどのように生き残ったかは知られていない。最近の噂は、カナダを征服するために全面的な侵入を開始する前にカナダ防衛力を弱めるために、ヘビが米国のサダムフセイン大統領による大量破壊兵器として発育したというものである。

しかし、パットロバートソンを崇拝する原理主義者キリスト教徒によると、「モンティパイソン」は「Mountius Pennisula」とよりきっちり呼ばれていて、アダムとイブが結合の神の器官に伝えた名前であるという。このことは、ベッドで12:60に買った聖書((Reverend Loveshade's Ek-sen-trik-kuh Discordia 版)に、「長さ60フィートだった」と書かれていた。

ドキュメンタリー作家[編集]

モントゴメリー(モンティ)パイソン(1934-)は、あらゆる時代を通してもっとも尊敬を集めているドキュメンタリーフィルムメーカーである。彼の仕事の範囲は、比類なく詳細なアーサー王伝説「聖杯の探求」から、イエス時代のイスラエルにおける、ユダヤ-ローマの宗教-政治問題を網羅した「ブライアンの生涯」そして実存の真髄をを深く追求した「人生の意味」まで幅広い。

1934年、デラウェア州ウィルミントンに住むドイツ軍将校と日本人工場労働者の間に生まれたモンティはつらい幼年時代を過ごす。 常日頃その巨大なペニス(成人の基準でも)のためにいじめられ、彼は6歳で町を出る事を決意した。

1942年、ニューヨークで成功を収め、モンティは12歳でマシュマロ工場でフェラ職人の職を得る。彼の巨大なペニスは注目を集め、彼はすぐにフェラチームの監督に昇進する。

モンティは、1969年まで工場で働き、新しいカメラを購入する。そのカメラで彼が撮ったのが、かの有名な「なんで俺の映画のタイトルに『ファック』って入れさせてくれないんだ?」。キリスト映画の宣伝に「ファック」という言葉は使えないと考えているハリウッドの馬鹿どもに関するドキュメンタリーである。この言葉は残念ながらあまり注目されることはなかった。

しかし、ジョン・レノンは注目し、ただちにモンティとドキュメンタリー製作の契約を結ぶ。その後は歴史の語るとおりである。

モンティは19人の別々の殺し屋の襲撃を切り抜けた後、完全に発狂。ノースダコタの上、北西数マイルのグレープゼリーとチーズクラッカー工場の中でワラビーと生活している。

不幸なことに、まぎれもなく天才的なパイソンの仕事は主にUnited Spadesでは誤訳されている。かの愚か者どもは、ドキュメンタリーの中の印象的な文章を極端に繰り返し、さらには独自のドキュメンタリーを作ろうと試みる。これらがであることは世界中の誰もが同意するところである。

タレントエージェント[編集]

モンティ・パイソンはまた、伝説的でさまざまな論議を呼んだ英国出身のタレントエージェントの名前でもある。1921年に生まれたパイソンは、1950年代、英国の大衆がすぐにでも古典的な芸能に飽きて、彼だけが提供する風変わりな見世物を選択するようになるだろうとの観測の元、奇妙で異常な芸人を集め始めた。パイソンのクライアントには、たとえば、自分の脳みそ吐き出してからピアノコンチェルトを演奏する、自分のひじを食べながらハーモニカを吹く、そしてクンニリングスしながら自分のオルガンを演奏するふたなりなどがいた。この時期パイソンはごく限られた観客を得てあいまいな成功を収めていたが、1960年代に、年間上流階級悪口コンテストを開催した事で、自身のいるべき場所を見出した。生きたオウムを丸ごと食べてトロンボーンを演奏できる既婚女性との不倫関係が噂されて以降、パイソンのキャリアの殆どの部分にはスキャンダルと論争が付きまとった。1970年代、パイソンは「空飛ぶモンティパイソン」と呼ばれるテレビショーをプロデュースする。これは彼の珍しい演劇を集めた、贅沢なバラエティとして企画されたが。しかし、ほとんどの視聴者は役者がひっきりなしに観客にはきかける口汚い言語に不快感を抱いた。そして実のところ、ほとんど全ての役者の演技の中にマスターベーションが含まれていた。彼らは後に世界を制する事になる。

パイソンは1981年、プルースト要約コンテストに参加中、突然死亡した。それは「スワンの家の方へ」と「花咲く乙女たちのかげに」までの要約を成功させた時だったと推定されている。彼の心臓は「ゲルマントの方」の要約作業に伴うストレスに耐えられず停止した。彼のタレント会社「信じられない位じめじめと濡れたパフォーマーたち㈱」は現在も彼のビジネスパートナー、ディンズデール・ピラニア氏の運営で存続している。

真実の姿[編集]

モンティ・パイソンの真実の姿は1979年まで謎に包まれていた。多くの人々が彼がメシアであると考えた。しかし、後にそうでないことが明らかになる。彼は大変ないたずら小僧で、誰もがまさかの時のスペイン宗教裁判!

私たちはここで皆様に注意を促す必要があります。これらの「引用」のいくつかはモンティパイソンのものではなく、テレビシリーズ「パパのホモだち」第一及び第三シーズン、サム・ペキンパー監督の映画「サラダの日」、匿名の若いウェールズ人の乾杯監督による「サハラのスコット」からのものでした。あれ?スコットランド人だったかな?ちょっと考えてみよう。でもまあぶっちゃけどうでもいいよね。どっちだろうとあの辺の連中全員人間以下なんだから。

「もういい!やめろ!馬鹿馬鹿しい。全くもって馬鹿馬鹿しい。最初の方のモンティ・パイソンに関する小さな項目はよかったわよ。だがこのあたりはどんどん馬鹿馬鹿しくなっておる!もうやめろ!全員解散!お前ら全員だ!」
この項目 について、メジャー軍曹

関連項目[編集]