ヤマハ・ドラッグスター

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ヤマハ・ドラッグスター」の項目を執筆しています。

ヤマハ・ドラッグスター(DragStar、又はドキュン・スター)とは、ヤマハ発動機が発売しているアメリカンタイプのオートバイであり、排気量別にDS250、DS400、DS1100とクラッシクモデルであるDSC400、DSC1100がある。

特徴[編集]

他のメーカーとは違い国産モデルで唯一の空冷V型2気筒を使用し、ライバル車との違いを見せ付けている様に見えるが実際はハーレーパクリ丸出しである。 名前の由来はドラッグをキメているDQNが運転していたらいつの間にかになったことが由来と言われている

車種[編集]

DS250
ドラッグ・スターシリーズ唯一の軽二輪モデルであり値段も安価である事から比較的低所得な人やDQNや身長が156cmのような小柄な人が主に乗る
特に車検が無いから何やっても良いと勘違いしている馬鹿が多発し、爆音マフラー、スピーカー、156cm以上のシーシーバー等と見た目重視で走行性を明らかに無視しているカスタムにしたがるのでバカスクと良い勝負である。
DS400&DSC400
DS250に比べて車体が大きく堂々と走れるし、乗る人間もそこそこ裕福な人に人気であると同時に、ドラッグ・スターシリーズで一番人気なモデルでもあるがただ単に大型自動二輪の免許が取れない可哀想なに普通自動二輪の免許しか持ってない人たちがこのモデルに飛びつくのが実情。
しかも車体の割にはパワーが無く乗り心地は今ひとつで、まさにデカイだけである。
DS1100&DSC1100
ドラッグ・スターシリーズで最上位モデルであり、値段も高価な上に大型自動二輪の免許が必要なため、乗り手の質は良い。
しかし総重量が300kg近く、国産モデルで一番取り回しがし難いので立ちゴケを引き起こす確立が高くなる、ちなみに筆者は一回やりました。
アメリカンらしく堂々と走れるもののスポーツバイクとは違い120km以上の速さで走行すると振動がひどく乗り味が最悪なのでチンタラ走るのが望ましい。
その他
海外仕様のモデルではDS400をベースに作ったドラッグ・スター650(VStar650)やさらに貧乏な人向けはDS250をベースにしたドラッグ・スター125(XVS125)等がある

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

この項目「ヤマハ・ドラッグスター」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)