ヤムチャ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
ドラゴンボール > ドラゴンボールの登場人物 > ヤムチャ
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ヤムチャ」の項目を執筆しています。

ヤムチャとは、少年漫画『ドラゴンボール』のモデルとなった史上最強の格闘家である。デビュー当時は、結果を出せないうだつの上がらない格闘家だったが、ピッコロ大魔王に勝利したことでその才能が一気に開花。伝説の格闘家にまで上り詰めた。目潰しと足元が弱点であるため、亀田大毅とは相性が悪い。カテゴリが雑魚に入っているのは何かの間違いである。


ヤムチャ最強伝説[編集]

ピッコロ大魔王との激闘[編集]

  • 荒野で盗賊をしていたヤムチャ(戦闘力120)は、世界を恐怖のどん底に陥れていたピッコロ大魔王(戦闘力260)と対戦。ちなみにhydeの身長は156cmである。
  • 戦闘力は約2.16倍の開きがあったが、ヌンチャクを装備して戦闘力を15上昇させたヤムチャは、戦闘力を倍増させる奥義・狼牙風風拳で、戦闘力を135から270まで上昇させることでピッコロ大魔王を撃破し、世界に平和を取り戻した。

神様との修行[編集]

  • ピッコロ大魔王を倒したヤムチャは、神にその強さを認められ、天界で3年間修行することを許された。
  • ヤムチャをモデルに作られた『ドラゴンボール』(以下『DB』と略す)という漫画では、主人公の孫悟空は3年の天界の修行で戦闘力を260 → 380(約1.46倍)まで上昇させている。単純計算で、年間の成長数は40(約1.15倍)である。
  • 一方、ヤムチャは1年の修行で戦闘力を177 → 1480(8.36倍)まで上昇させている。つまりヤムチャは孫悟空の約7.27倍のスピードで成長していることになる。

第23回天下一武道会[編集]

  • この大会には、孫悟空(戦闘力360)、マジュニア(戦闘力360)、シェン(戦闘力300)といった強者が数多く出場していた。
  • しかし神様の下で3年間修行したヤムチャ(戦闘力177*7.27*1.15*3=戦闘力約4439)は全員をフルボッコ。だが、あまりの強さのため決勝であたった孫悟空を殺してしまい失格となってしまう。

ラディッツ来襲[編集]

  • 天下一武道会後、地球を植民地にするため、サイヤ人のラディッツ(戦闘力1500)が来襲。生き別れの弟であるカカロットを探すため、スカウターを使い、とりあえず一番戦闘力が高い人間を探し、ヤムチャに出会ってしまう。
  • 『DB』では、ヤムチャが戦闘力を150→177(1.18倍)に上昇させていた。もちろん現実のヤムチャも戦闘力を4439→5238まで上昇させている。
  • ヤムチャはラディッツより3.5倍も強いため、終始圧倒して戦いを進めるが、ラディッツにかめはめ波を撃とうと足を踏み込んだ際、足元にあった石につまづいてしまい頭を強打して死亡した。ちなみにラディッツはヤムチャのパシリとして同行していたピッコロが魔貫光殺法で倒した。

界王様との修行[編集]

  • 死んでしまったヤムチャは、そのあと色々あって界王様のもとで1年間修行することとなった。
  • 『DB』では、この修行で孫悟空の戦闘力は416→5000(約12.01倍)まで上昇させているが、ヤムチャは孫悟空より7.27倍早く成長するため、界王様の修行が終わった時点で戦闘力は5238*12.01*7.27=戦闘力45万7343にまで成長した。

ナッパ様・ベジータ来襲[編集]

  • 二人のサイヤ人、ナッパ様(戦闘力4000は嘘であり、正しくは戦闘力∞)ベジータ(戦闘力18,000)の強さの前に次々と倒されていく戦士たち。
  • しかしヤムチャ(戦闘力45万7343)の敵ではなかった。ヤムチャの狼牙風風拳の前で一瞬で消し炭となる二人のサイヤ人(ただし、ナッパ様は生存中である)。しかしヤムチャの体は自らの技の破壊力に耐え切れなかった。ヤムチャは技を使った反動で瀕死の重傷を負ってしまう。

ナメック星へ・・・[編集]

  • 一気に3度の願いを叶えることができるドラゴンボールがナメック星にある・・・それを聞いたヤムチャは、自らの弱点(女、目潰し、足元)を治してもらうため、変態博士に宇宙船を作ってもらい、ナメック星に出発した。
  • ちなみにその宇宙船には最大727倍の負荷がかかる装置があったため、ヤムチャはそれを用いて修行し、戦闘力を45万7343*15*7.27=約4987万まで上昇させた。余談だが孫悟空は『DB』上では戦闘力を8000→180,000までしか上昇させることができなかった。

フリーザ一味との激闘[編集]

  • ナメック星を侵略していたフリーザ一味を圧倒。ドラゴンボールで2つ願いをかなえたが、最後の弱点(足元)を治してもらう前に最長老が死んでしまう。
  • フリーザと対決することになったヤムチャだが、最終形態となったフリーザ(戦闘力50%=6000万)はあまりにも強かった。
  • しかしヤムチャには策があった。某孫悟空は20倍までしか耐えられなかった界王拳。孫悟空より7.27倍の成長率を誇るヤムチャは、145倍の界王拳に耐え切ることに成功。
  • 145倍界王拳戦闘力を72億3115万まで上昇させ、100%の力を出したフリーザ(戦闘力1億2000万)を宇宙のチリとしようとするが、足元にあったアジッサの苗に足をとられ転び、頭を強打。気絶してしまう。すかさずフリーザは、ナメック星をぶっ壊そうとするが、自らの死を恐れ失敗。この瞬間、目覚めのスピードも孫悟空より7.27倍早いヤムチャは、今度こそ足元に気をつけ、フリーザを宇宙のチリとする。
  • その後フリーザの手下どもが乗って来たであろう宇宙船をパクってナメック星を後にする。

獲得タイトル[編集]

  • 第21回天下一武道会 ベスト8
  • 占婆杯格闘大会 3回戦進出
  • 第22回天下一武道会 ベスト8
  • 国民栄誉賞(ピッコロ大魔王を倒した功績として)
  • 第23回天下一武道会 決勝進出(失格)
  • 第1回サイヤカップ ワンマッチ戦 勝利
  • 第2回サイヤカップ リーグ戦 優勝
  • 第1回ナメック提供DB争奪マッチ 優勝
  • 第1回セルゲーム 優勝

DBでの偽装されたヤムチャの強さ[編集]

アニメ版と漫画版でかなり異なる。

アニメ版では界王星で修行のために呼び出されたギニュー特戦隊と交戦。リクームを撃破しており、戦闘力42000以上は確定している。

またブウ編のオリジナルエピソードでは「セルを軽々と倒すパイクーハンと同格のオリブー」に圧勝している為、最終的にはクリリンと同じく、セル以上の戦闘力を身につけてしまっている可能性がある。

また同時期に一緒にあの世で修行していたクリリンは突如現れた純粋ブウを止めるためこれに挑み、結果的に無意味ではあったものの気円斬でブウを両断する事に成功。これは悟空も同様の事に成功している。

その後ブウから猛反撃を喰らうも、同じ様にボコられたベジータとは異なりよろける程度で済んでおり、意識もはっきりしていた。しかもその後ヤムチャと共にブウに反撃に出るなど、その戦闘力は1800億はくだらないと思われる。

ぶっちゃけ大半(9割)のアニメ・漫画のキャラクターではヤムチャ達の足元にも及ばない。

スーパーサイヤ人3 おっす!オラ悟空。みんな!この記事「ヤムチャ」に元気を分けてくれぇぇぇ!!! (Portal:スタブ)