ユダヤ人

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
この記事にはユーモアが不足しています。治療には十分な栄養と日光愛情鉄分が必要です。
ユーモアの摂取方法にも十分気をつけましょう。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ユダヤ人」の項目を執筆しています。

ユダヤ人(-じん)とは、三度のメシより勉強が大好きな変人グループだったため、19世紀半ばまで世界中でフルボッコにされた謎の集団を示す慣用句である。その勉強大好き精神のおかげで、不勉強な奴らから徹底的に憎まれボコられ追い出され、土地に価値を見い出せなくなり金の亡者になってしまった。結果、世界初の為替保険などを発明するに至った。なお、ヒトラーさんにこっ酷く苛められたと一般人は思ってるようだが実は1000年以上前からヨーロッパ各国でボコられており(ポグロムと呼ぶ)、マインフューラーがやったのはその大規模版であって決してマインフューラーだけがジークハイルなわけではなく、アレはホロコーストなんて連中の付けた呼び名ではなくスーパーポグロムと呼ぶのが正しい。

「Sieg Heil! Jude ist das minderwertigste Volk! Tötet jeder!(皆殺しにせよ!)」
ユダヤ人 について、総統閣下

ユダヤ人の定義[編集]

  • 勉強が大好きな人にはユダヤ人の素養がある。本を読むのがメシより好きなら先祖の誰かがユダヤ人だった可能性がある。ユダヤ人であるかどうかは、「得た知識を同族以外に教えたくない」かどうかで判定する方法が一般的である。なので、ユダヤ教旧約聖書選民思想超能力)を信じ、「神に選ばれ、人類の中でも最優等人種である我々が最後には救われる」と思い込んでいなくてもいい。ちなみにこの思想が所謂「シオニズム」である。
    • さっきも言ったが、マインフューラーはユダヤ教についてよく理解せず、ユダヤを宗教ではなく民族だと誤解してしまってスーパーポグロムを実施した、というのは誤りで、ガリ勉がなんとなくムカついたのでボコっただけである。これは人類史から見れば単なるポグロムの一つでありいちいち気にかけるほどの事ではないが、戦後プロパガンダとして利用されまくってしまったのはマインフューラーも予想外だっただろう。
    • ユダヤ教は後にキリスト教やイスラム教の原型となり、それらは世界中で「聖戦」だの「ジハード」だのいろいろと名目を付けられて、十字軍を始めとする戦争の口実にされるようになってしまったのだが、ユダヤ教は「自分たちだけ救われる」という身勝手な思想が幸いし、世界に大きく広まることはなく、よって戦争の口実にはされない平和的な宗教となった。何が幸いするか分からない。おまけに戦争で儲けちゃってるのである。
    • しかしながら、ユダヤ教は常に自分との戦いに悩まされていた。幼児への割礼や安息日などは元来律法で厳密に定められているわけではなかったが、キリスト教がのさばり始めると、ミシュナーやタルムードといった統一された規定を作らねばならなくなり、分裂と今に至る偶像崇拝的な信仰を引き起こした。しかもキリスト教徒は自分たちが苦しんでいるのはユダヤ教徒のせいだという風に、勝手に被害妄想を得ることとなり、それゆえ反ユダヤ主義が世界中に巻き上がった。なお、ユダヤ教徒の商魂はこの当たりから逞しくなった様で、キリスト教徒が禁じる金融業(正確にいえばキリスト教徒は「共同出資」として、投資者の商売にも口を出せるような形で金融を行っていたが、これは商人同士に限られた上、後には地方領主と敵対的なギルドの活動が強まったため、地方領主や司教領など人気のない統治者への金融はユダヤ人が行っていた)を筆頭に、様々な商業に手を出して成功するようになっていった。これは特にエジプト・トルコ等、イスラム圏を利用して行われたので、キリスト教徒は更に嫉妬するようになった。
    • ユダヤ教徒の中には迫害に抵抗し続ける者もいたが、キリスト教やイスラム教に改宗することで、同化をはかりユダヤ人で無くなってしまった人も多い。そのため、キリスト教徒の金融業者もいつの間にか登場するようになってしまった。
    • ユダヤ人の女性から生まれた子供はユダヤ人である。という命題が古来よりあり、これはモーセによって証明された。よって、ユダヤ人の女性から生まれた子供が生まれた時からユダヤ教を信じていることは自明なのだ。

グローバリズムとユダヤ人[編集]

共産主義というものを作ったのはユダヤ人である。

ナショナリズムが台頭している国々はトランプ総統閣下と同様の自国民第一主義に傾倒しているので、第三者としては金儲けがしにくい。そこで、その国で落ちぶれた適当な左翼の奴を洗脳してグローバリズムバンザイに仕立て上げる。こいつが革命を起こしたらカネをブチ込みまくって応援し、革命が成功したら背後からゴニョゴニョして支配する。ということをずーっとやってるのがユダヤ人だ。

例えば、国際共産主義運動の中でレーニン敗戦革命論を唱えたが、これは手っ取り早く言えば、世界のあちこちでドンパチを誘発させて疲弊させ、プロレタリアート革命を起こして世界共産化を推し進めようとするものだ。日露戦争に負けたために成功したとも言えるロシア革命を逆手に取る手法である。通説によれば、ユダヤは長年に渡るポグロムに対し復讐心を燃やし、日本に戦費を貸し出すと共にロシア帝国の滅亡を画策したという。マルクス・レーニン主義はそれに都合の良い建前であったとする陰謀論もあるが、これについては本題と違うため割愛する。

レーニンの死後を継いだスターリンはナショナリストであったために、一国社会主義を提唱してマルクス原理主義を大幅に修正したものの、すでに成立しつつあったナチズムファシズム、及び勢力を拡大し続ける日本への対抗措置としてアメリカに近づく事となる。

これに呼応したのがスーパーポグロムにキレてアメリカに渡っていたユダヤ財閥、そしてグローバリストであったルーズベルトである。彼はソ連との国交を樹立すると共に共産主義に傾倒していった。当時ルーズベルトは日本を殲滅してしまおうと考えて原爆とか作ろうとしていたが、その理由として納得行くものの一つに、日本のナショナリズムが存在する。仮にルーズベルトが終戦まで生きていたなら、日本という国は消滅していた可能性がある。

ただ、アメリカの共産主義はスターリン主義ではなく、あくまでも資本主義をベースとした上に成り立つ共産主義であり、内容としてはマルクス原理主義あるいは国際共産主義に近い概念、つまりユダヤ思想であった。レーニンは革命のために世界のあちこちでドンパチしようとしたが、アメリカ(ユダヤ財閥)は金儲けのためにドンパチしたがった。現代で言うところの共産主義はスターリン主義の事であり、マルクス・レーニン主義あるいはトロツキズムは共産主義の左派と見做す形になっているものの、その系譜はアメリカの中に息づいているといえる。アメリカがドンパチ大好きな理由がよく分かるよね。 大戦後のアメリカではマッカーシズムによって、ルーズベルトの側近であったスターリン主義の共産主義者の多くは政界を追われる事になるが、財界に巣食うアシュケナージは無傷であり、戦後アメリカの推進力となる。これが後にネオコンと呼ばれるようになったわけだ。

このように、アメリカの系譜は共産主義と密接に関わり、その根源となる概念はユダヤ思想である。海岸沿いにお住まいのインテリ層がトランプ総統閣下を嫌うのは、スターリンを嫌った理由と同じく金儲けの邪魔だからである。

救世主待望病[編集]

歴史的に迫害されっぱなしの感のあるユダヤ人には、まるで四番ばかり集めて守備をザルにする野球チームのように、常時救世主を待ち望む癖がある。これは、迫害されても天国に行けば幸せになれるという教えから一歩進んで、救世主なら現実の世界でも幸せにしてくれる、という妄想の結果である。

実際にそんな救世主が現れないことは、若手が活躍するとすぐに救世主扱いしてほめ殺すどこかのチームとマスコミが実証している。さらに、この思想は色々と発展を遂げており、ローマ帝国時代に「ユダヤ人以外にもユダヤ教を教えたら面白くね?」というDQNが現れたとき、当初はカルト扱いで結局言いだしっぺがはりつけにされたにもかかわらずに、いつの間にか全世界の救世主にまで格上げされてしまった。

これは、本人がユダヤ人だったためと、死んでしまったらいくらでも都合のいい話を捏造できるためである。その後、この考えはイスラム教にまで伝染する

ちなみに、この救世主待望病に関する最大の喜劇は、17世紀、実際に多くのユダヤ人に救世主とたたえられたサバタイ・ツヴィ・ベン・モルデカイの事例である。世界中のユダヤ人から救世主とたたえられた彼は、1666年にあっさりとイスラム教に改宗している。しかも、その後、ユダヤ教の祈りをしたとして、イスラム教からも追放されている

これは、ユダヤ人にとって最大最悪の黒歴史禁則事項)である。なお、横浜ベイスターズの救世主にして半黒歴史である大魔神Sの歩みと大変似ているのは、目の錯覚である。

ユダヤ人に関する問題[編集]

  • ヴェニスの商人
    ウィリアム・シェークスピアの名作であるが、内容は裁判方の「喜劇」となっているものの、実際にはキリスト教徒がグルになったことで、当時差別されていて金融業などといった卑しい仕事にしかつけなかったユダヤ人が、貶められ財産を奪われるれっきとした「悲劇」である。この作品が現在まで人気を集めているのは、キリスト教徒の陰謀に他ならない。と、ユダヤ人は被害者意識丸出しの発言を垂れ流しているが、この作品こそユダヤ人の生態を活写した最高級の戯曲である。
  • ユダヤ陰謀論
    世界中の悪い事は全てユダヤ人のせいにしちゃえ、という説のことで、実際にはユダヤ人による自虐的な思想、ユダヤ陰謀論こそがユダヤの陰謀である、とされている。
  • イスラエル問題
    昔から嫌われている所為もあってか、被害者意識が高いユダヤ人。そのため彼らは「我らに祖国を!」と世界でも有数のユダヤ人を有する国家であるアメリカ合衆国に訴えた(始めイギリスであったが、バルフォア宣言によって共同体は作るが国家ではなく、それもアラブ人の権利を阻害してはいけないことが明記された上、39年マクドナルドがドナルド・マジックでユダヤ人移民規制の白書を発表したので見限ることになった)。ところでアメリカにユダヤ人が渡ったのは大航海時代が最初で、この時の彼らは南側の都市に住んでいたが、実際にニューヨーク・ユダヤ人(ウォール街のユダヤ人)と呼ばれ、その後勢力を伸ばし運動を起こしたのは南北戦争直前のドイツからの移民とともにやってきたユダヤ人達である。さんざん北側を煽り戦争を駆り立て儲けたドイツ人とユダヤ人のうち、前者は後に祖国へ去って行ったが、ユダヤ人達は前者の残した下地もあったのと特にドイツへの帰属意識も薄かったので、多くは現地と同化しアメリカ人になった。もちろん南側に居て散々戦争の被害を被り商売的にも苦しかった生粋のユダヤ人達には何の救済もなく、まさに彼らは大後悔することになったのである。後にイタリアでドゥーチェが台頭すると、アメリカに帽子の伊達男、ラッキー・ルチアーノが逃亡してくる。禁酒法の時代をユダヤ人と共に東欧から密輸されたウォッカで酔っ払いながら潜り抜け、ニューヨークでマフィアとして勢力を伸ばした彼は警察・経済とも結びついていた。こうして大統領選挙に必要不可欠と云われたニューヨーク票は40年代には過半数以上が彼らの組織票になり、ミリオタで名高いルーズヴェルトが急死し、文民主義でICBMを使う事にウズウズしていたトルーマンに代わるとキリスト教国のアメリカは、ライバルで同レベルの宗教であるイスラム教殲滅するチャンスと考え、アラブ人の国のど真ん中にイスラエルというユダヤ人のためのユダヤ人によるユダヤ人のためのユダヤ専用の無法地帯を捩じ込んだ。ちなみにルチアーノはユダヤ人が退去した後もまだ土地の権利がユダヤ人に残っていたレバノンの元ユダヤ人居住地域を借り受け、ヘロインの栽培を始めた。これらは中東戦争などの勃発を促し、間抜けな課題となっている。

関連項目[編集]


Hitlerefficiency ハイル・ヒットラー!
このユダヤ人は、偉大なる我らがアーリア民族の築き上げた最高の文化的作品である!
この記事を書き上げてこそ、ユダヤ人を殲滅できるのだ!
この記事をつまらなくする者に宣戦布告を!!ジーク・ハイル!!!! (Portal:スタブ)