ユダヤ陰謀論

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

ユダヤ陰謀論(ゆだやいんぼうろん)ないしユダヤ人陰謀論(ゆだやじんいんぼうろん)とは、ユダヤ人陰謀を企てているとする説(主に予感女の勘・虫の知らせの類い)。この記事をコメントアウトしようとして失敗した痕跡はもちろんユダヤの陰謀である。

<!--

概要[編集]

この説は、ユダヤ人が何処にでも居ることを挙げ、何等かの自分に対する不都合(特に経済的なもの)は、全部ユダヤ人が秘密結社を通じて結託しているせいだと思い込む説である。同説の信奉者たちは、便所に入った際にロール紙が切れていてもユダヤ人の所為にする。たとえそれが日本人おばちゃんの仕業だったとしてもである。風説・陰謀論の全てがそうであるように、同説の信奉者たちは、事実関係がどうであるかは立証する必要が無く、単に明確な存在としての憎悪対象として、ユダヤ人を挙げているに過ぎない。

ユダヤ陰謀論は古代からあり、インドではアブラハムの民族、つまり、ユダヤを指すブラフマン(アブラハムの妻サラはサラスヴァティーと呼ばれる)と呼ばれる選民が全ての宇宙の事象を操り、マーヤーという宗教というかマスコミとも呼ぶべき思想の力で人々を騙させてるという。その偉大な力に平伏す故に彷徨えるユダヤと行動をともにするインドからのバックパッカーであるジプシーが反ユダヤ主義者の標的にされたのである。

類似するものでは、(在日)韓国人陰謀説ミトコンドリア陰謀説・草加陰謀説・文系陰謀説・大阪陰謀説・フリーメイソン陰謀説・野良猫(ないしシュレーディンガーの猫)陰謀説・反日勢力陰謀説など枚挙に暇が無い。

実情[編集]

実質的に、ユダヤ人資産家は世界経済に対して影響力を保有し、自民族への帰属意識をもちつつ、経済的活動に従事する事は、世間ではおおっぴらに行われている。そこには秘密結社を介在させなくとも、相互に連絡しあって協調することも可能だ。また「同じユダヤ人だから」ということで、仲良く大っぴらに交友を深める行為も行っていることから、やはり秘密結社による秘匿された活動は必要とされない。このため、ユダヤ人陰謀論自体が実在しないフィクションである。また大袈裟なユダヤ人陰謀論を流布する事自体が、世界の人々からユダヤ人達に対する抵抗心や反抗心を失わせ、ユダヤ人の支配を磐石なものとする事にも繋がる。

つまり、

ユダヤ人陰謀論自体が、ユダヤ人の陰謀である。

といえよう。

ただし、旧約聖書はその舞台が現在のイスラエルあたりでありちょっと遠出したとしてもエジプトくらいであり、その主人公はいつもユダヤ人であり、アダムとイブは普通に聖書を読んだだけなら全人類の祖先ではなく全ユダヤ人の先祖と解釈するのが妥当だ。絶対的な存在=主なる神のご加護を受けていると解釈できる文面が旧約聖書にはクソ長く書き綴られている。恐らくはユダヤ陰謀論とはこのことに対する欧米人などの妬みの類と考えてほぼ間違いない。そもそも、現在でこそその財力で世界を牛耳っているなどと揶揄されるユダヤ人であるが、そのルーツは農耕民族である。牛や羊を放牧しているシーンは旧約聖書では散見される。しかし、よくよく考えると現在では石油が出る土地ではあるが昔はただの砂漠である。ほんとに砂以外何もない荒野が延々と広がっている。そんな場所で放牧などできるのかという疑問をぬぐうにはどうすればいいのか。

効能[編集]

「実質的にユダヤ陰謀論は、多くの場合に於いて経済的にあまり潤っていない愚衆の、精神的安全弁であると見なす事ができる。彼らは、資本主義社会では自分の能力が足りずに出世・成功出来ないという現実から目をそむけ、ユダヤ人という仮想敵を設定する事で、自身の精神的健康を維持しているのである。これは近年日本における、主に下流層やニート達や所謂ネットウヨ達による嫌韓ブームや在日廃絶運動(ブームや運動等と言っても主にネット上のみの出来事)に対しても同じ事が言える。

しかるに、ユダヤ陰謀論を最初に流布したのは誰か。それは他ならぬユダヤ人自身であると考えられる。実際、オットー・ヴァイニンガーというユダヤ人が反ユダヤ主義をつくったのである。聡明なる彼らは、愚かで愚図な大衆が、劣等感生産性を落とす事がないように、仮想敵として自身の虚像を与えたのである。そして、ありもしない秘密結社の噂を流す事で、実際の支配に対する反撃を被らないよう講じたのであろう。

実際にこの試みは多くの場合において成功している。なぜならユダヤ陰謀論を本気で信じるほどの愚か者は、非常にエキセントリックである事から、常識を弁えている者には相手にもされず、波及効果でユダヤ人を敵視する事を忌避させるためである。また、ユダヤ人を本気で敵視する者も、在りもしない秘密結社を求めて迷走する事になる。この試みはアドルフ・ヒトラーの登場でさらにエスカレートする。アドルフもユダヤ系というコンプレックスとユダヤを憎み過ぎた故に自らをメシアと呼んだり、ゲルマンを選民とか言って異民族の聖絶を行うといったユダヤと全く同じことをするようになったのである。日本でもこれと同様なことが起き、リチャード・コシミズという陰謀論者風のネット芸人によって同様の効能が得られた。

この効能は近年の日本でも似たような、しかし微妙に違う形で実践され、実際に同等の効能を発揮している。主にネットのみを活用している底辺層やニートや難民などで構成された所謂ネットウヨ達が、最初の文で紹介した嫌韓ブームや概要で言った在日陰謀説を本当に信じ込み、実際あるかどうかすら疑わしい在日特権や、もはや廃絶不可能なまでに肥大化した巨大産業であるパチンコ廃絶に動いたり、いろんな所に行き無駄なことをさせ、迷走させ、実際の在日の日本支配には何の影響も講じないようになっている。そして一つ上の文のように一般の日本人にはろくに相手にされず、波及効果もあるのかK-POPや韓国ドラマを始めとする韓国芸能が日本を席巻し親韓感情が非常に日本で高まっているのもそのせいだといえよう。

実際、彼らが最も信仰する政治家である小泉純一郎朝鮮人疑惑があるということも知らなければ、信仰する自民党自体が、朝鮮宗教である統一教会創価学会の指揮下にあることさえ目をつぶっている。要するに愛国・憂国にこと付けた現実逃避なのだ。仮に某陰謀論者の言うように在日朝鮮人達が欧米ユダヤ人達の日本支配の代理人だと言うのが本当であるならば、在日朝鮮人達はユダヤ人の生き写しと言えよう。その策略と巧妙さはある意味では誠にあっぱれである(笑)。」


・・・とまあ、以上のような読むのもしんどいうざったらしい長文を寄稿するあたりが、ブサヨと揶揄される左翼系思考の連中の特徴である。アンサイクロペディアで何が求められているかは全く無視、これこそがウィットに富んだ文章だと自画自賛してそうなあたりが彼らの典型的KYな特徴である。 彼らは総じて面白くない。「ソウカツ?ソースカツですか?」とか言おうもんなら、取り囲まれて大説教である(実体験) 彼らは生まれてこの方、さばの味噌煮にマヨネーズをかけるかどうかを悩むくらいにしか使ってこなかった脳みそをちょっと揺らしただけで、世界を変えるとんでもない思想の持ち主になった気になるので、とにかく相手をするのが辛い。

またその稚拙な思想に比べてプライドだけはマゼラン銀河に届くくらい高い。 自分には答えが出ないものはありえないとする「無視・思考停止」というバルカン思想体系だけは体得しているので、やせ我慢だけは天下一品である。 たとえば好きな子を目の前でヤリまくる姿を目の当たりにして全力で勃起してても「これはエーテル作用だ」とかなんとか、とにかく自分には正直にはなれない。 「それこそ陰棒ちゃうんかw」と横槍を入れたりすると、尾行、盗聴、電波攻撃ありとあらゆる左翼的ネガティヴ手段でじとじと攻撃してくるので注意しなければならない。

さらに、汚職事件で辞職したはずの辻元清美が、周囲の大反対の声に対し「へこたれへん!」などと意味不明なキャッチフレーズを振り回して議員に返り咲いたエピソードも、その四次元スルー能力が如何なく発揮された結果、なんだか逆にこっちが悪いことしてる気になってくるという敵ながら天晴れな戦術として新大久保の個室マッサーでキヨミ似のユナ嬢(韓国籍・39)からマッサージを受ける際にはよく語られている。 これもめぐりめぐっての陰棒ではないだろうか。

しかしながら、そのプライドが崩されそうになると全力で他者を否定する、というか相手の存在そのものを調整する方法、いわゆる粛清や根本的解決といった物騒な方法をちょいちょい取りたがるので、できるだけお付き合いしない方が無難だといえる。

その意味で彼らのお仲間がロシアや中国といった広くて活動しにくい土地に隔離されていた冷戦時代はまだ平和であった。 活動的なバカほど怖いものはない、とはまさに彼らのことであろう。

同説を信奉している人々[編集]

主に米国ヨーロッパでは、一定数のユダヤ人資産家が、実質的に誰かしかの生活を支配する立場にいることから、同説は人気がある。しかし日本では、ユダヤ人は元より大和民族以外が比較的少ない事から否応無く目立ってしまうため、最近までは同説はあまり人気がなかった。

しかし最近では副島隆彦らがロックフェラーやロスチャイルドと言った欧米世界支配層らをユダヤ系であると主張したり、リチャード・コシミズと言う自称日本人がこの説を主張しているがこういった人物の多くは何故か中国などの周辺諸国を批判しない。

なお、一応ユダヤを仕切っているイルナミティ悪魔の13家というのがあり、

バンディー家・オリックスの監督だったコリンズのおっさん(シルクの元彼)・デュポン化粧品・フリーマン・ケネディー家・李さん一家(実はまだ中国にいたのです)オナシス家・ロックフェラー家・ロスチャイルド、後3つは忘れたが、この連中が世界を仕切っているそうである。

どう考えてもオリックスすら優勝させられなかったコリンズのおっさんや間借り人の李さん一家等がユダヤを仕切っているというのは何かの間違いであろう。日本のプロ野球ぐらい制覇してから世界征服を考えてみてはどうか。もう少し頑張ったほうがいいな。

日本人はユダヤ人を見慣れていないどころか、それがユダヤ人なのか、さまよえるオランダ人なのか、若しくはユダヤ人に敵対しているドイツ人なのかすらの区別もつかないため、彼らが陰謀しているイメージを喚起できないことから、日本のユダヤ陰謀論支持者は少ない(創価陰謀論等が人気である)。

ユダヤ陰謀論支持者の一部は、ユダヤ人がゴーレムとかいう改造人間と巨大ロボット光線銃と空飛ぶ秘密兵器UFO)と「鷲鼻の黒い魔法少女」で世界征服を企んでいると思っているようだ。

しかしその一方で、同説の信奉者は人種の如何を問わず、自分の理解の及ぶ範疇でしか思考しない事から、実際にユダヤ人に支配されていたとしても気付かないケースもある。例えばあるユダヤ陰謀論信奉者は、自分の慎ましい貯金財テクをして株券取引で失敗、これを「何処かの見たことも無い秘密結社に属するユダヤ人」に結び付ける事はあっても、自分が勤めている会社の親会社の会長や大株主がユダヤ人であることに気付いていなかったり…といったようなものである。このためユダヤ人は、ユダヤ陰謀論の信奉者に気取られる事無く、彼らを支配する事も可能である。

なんて甘い。

1992年8月24日の韓中国交回復時に、台湾を裏切って国を挙げて狂喜した事を1000年忘れない!(2013年朴クネ大韓民国大統領発言を拝借)」様にしないと、大韓民国人とは付き合いきれない。なぜここで朝鮮半島人が出てくるか。李さん一家は実は南北李兄弟だとも噂されている。

昔から日本人には、不逞鮮人等の謀略はよく知られていた。民間人の間でも一般的に、葉っぱ一枚を被ったり咥えたりして化ける狐狸〔こり〕として知られ、汚い物を飲食させられたり、汚い所に入れられたり、仕事を深刻な状態に破壊されたり、エロ女に化けて来て誑かされたり、散々な目に遭わされた多くの被害でも知られている。悪戯や犯罪を見掛けて犯人を追い払う時に「コリャー!」と叫ぶ慣習は、元は彼等の名を呼んだ所からである。日韓合併後に流行ったと言われる降霊術で、出現して自らをコックリ〔狐狗狸〕と名乗ったのも彼等である。

超仙人〔チョーセンジン:宗主国の孔子より「過ぎたるは及ばざるが如し」〕は、「宇宙の根源自慢」「諸悪の根源自慢」である。悪事に関しては、「天下の広道〔Up-Dowm-Broadway:ふんぞり返り媚びへつらう広き道〕」を自らの欲望フィルターで見て真っ直ぐに進歩する事が、彼等にとって純粋な事であり、同胞から羨ましがられ崇拝される元となる。その軌跡には、多くのシボウスネイルの足跡の様に残され、Shine〔輝か〕されて来たと噂されている。読んでみても謎の部分がある方は、OINK専門用語修行不足であるので、最低限としてOINK分析検定三一段程度の能力を身につけてから再挑戦してみて下さい。

そう言うわけで、ユダヤ陰謀の後ろには、サムソンとアップル、ビートルズと○○○○、キリストと韓国人キリストの様に、常に彼等の影が見え隠れしている事は、陰謀論では抜かす事のできない現実なのである。


-->

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ユダヤ陰謀論」の項目を執筆しています。