ラッカセイ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「ラッカセイ」の項目を執筆しています。

ラッカセイ(落花生)とは、の花びらである。

花びらにはとても見えない。

目次

[編集] 概要

落花生とは柿の花びらであり、落花生の名もそのまま生まれ落ちた花から来ている。柿の生産量一位は和歌山県であるが、和歌山県は柿の実を生産することに特化しており、所詮花びらである落花生には見向きもしていない。そのため、落花生の生産に特化した柿の木を育てている千葉県が生産量一位である。

[編集] 千葉県とラッカセイ

千葉県の落花生のキャラクター、ミスター・ピーナッツ

なぜ千葉県が柿の花びらでしかない落花生の生産に力を入れているかというと、千葉県では柿の木を植えた当初は、柿の実はもうけのために東京に売り払う必要があり、一般庶民は柿の花弁でしかない落花生しか食せなかったからである。そのため、落花生を食する郷土料理が発達し、落花生はいつしか千葉県民の味となっていった。千葉県民の落花生好きっっぷりは、千葉県が豊かになり、東京に全ての柿を出荷しなくてよくなっても、落花生の味が忘れられない千葉県民が柿よりも落花生を買い求めたほどである。そのため落花生を生産するための柿の木が生産されるまでに至ったのだ。そんな千葉県だからこそ、落花生生産量一位になったのだろう。

金の工面の為、ラッカセイを東京へ売却し、自分達はそのおこぼれのラッカセイで我慢するという構図は、猿蟹合戦において、柿の実を猿に食われ、その猿から柿が欲しければ種でも食ってろと種を吐き捨てられた蟹を彷彿とさせた。そのため、蟹とラッカセイは親和性が強いのではないかという考えが生まれ、蟹のつまみにラッカセイが用意されたり、蟹チャーハンにラッカセイが混ぜられたりするようになった。しかし、お世辞にも、ラッカセイと蟹を合わせた味は上手いとは言えない。それどころか、千葉県民以外からは、うしのくそのような味がすると嫌われている。だが当の千葉県民はラッカセイと蟹を混ぜた食品を美味いと思っているようで、よそものがまずいと思うのは、そいつらが野蛮で卑しい、猿蟹合戦の猿だからだと思い込んでいる。

[編集] 調理

いちばん有名な調理法は、柿と一緒に乾燥させて乾物にした柿の種であるが、その他にも様々な調理法がある。有名どころでは落花生を溶かしたピーナッツバター、チョコでコーティングするチョコボールなどがある。変わったものでは、カキはカキでも牡蠣と一緒に炒めた牡蠣の炒め物もあり、絶品である。

まあ、一番おいしい調理法は千葉県民に聞くのが一番早い気がするので、一度千葉県民に聞いてみるといいだろう。

健康に良い、美肌効果があるなどとエセ栄養士の間で持て囃されているラッカセイだが、非常にカロリーが高く、一粒でどんぶり飯一杯ぐらいのカロリーを摂取できてしまう。3粒も食べれば痩躯の人間でもピザ体系になれる。柿の種には一袋辺り10粒以上のピーナッツが仕込まれており、酒のつまみにこれを食べたオッサン達をおしなべてメタボリックシンドロームに追い込んでいる。甘言に騙されないようにしよう。

[編集] 関連項目

個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語