リオネル・メッシ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索

リオネル・アンドレス・メッシ(Lionel Andrés Messi1987年6月24日~)は、FCバルセロナに所属するアルゼンチン出身のサッカー選手である。ポジションはトップ下および下がり目のフォワード、21世紀を代表するプレイヤーと言われている。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「リオネル・メッシ」の項目を執筆しています。

目次

[編集] 芸(サッカー)は身(hyde)を救う

Messissi.jpg

彼は生まれつき成長ホルモン分泌の異常によりhydeよりも身長が伸びないという奇病に悩まされていた。だが、アルゼンチン中を探しても、そんな奇病に対応できる医者は居なかったので、ヨーロッパに渡って治療を行うことを彼の家族は決断し彼が13歳である2000年に(ちなみにこのときの彼の身長は0.92hyde)、親戚からのカンパによりスペインバルセロナにあるサン・パウ病院で治療を受けることになった。しかし芳しい治療結果が出ず、滞在費も底をつきかけていた。 そんなある日のこと、両親は彼がサッカーボールを器用にリフティングしているのを見て、ひょっとしたらサッカー選手にすることができたら、大金が稼げて息子の病気も治り、あわよくば自分たちも貧乏生活から脱出できるのではないかという期待を抱いた。 そして彼は両親の期待に見事に応えたのである。FCバルセロナの入団テストで、彼は実技試験は100点満点、筆記試験もカタルーニャ語の成績が悪かったのを除けば、他の科目は合格基準を満たしていたので見事に世界を代表する名門サッカークラブの一員となることができたのである。しかも、入団後クラブの方から治療費を全額負担してくれるという特典がもれなく付いてきたので、病気は完治し、2008年現在では身長1.08hydeである。まさに「芸は身を救う」といったところであろう。

[編集] マラドーナのn人目の後継者(n = 自然数)

バルサに入ってからの彼の活躍は目覚しくカンテラと呼ばれる下部組織で頭角を現し、2004年にはトップチームに昇格、そのシーズン終盤で初ゴールを挙げた。この時17歳10ヶ月の若さであった。 2005年のワールドユース大会ではアルゼンチン代表のエースとして優勝に貢献、2006年のドイツ・ワールドカップでもゴールを記録し、この試合を見ていた英雄ディエゴ・マラドーナは「彼こそが私の本当の後継者だ」と絶賛した。だが、現在ではヤク中の心臓病メタボリック症候群患者と成り果てたかつての英雄は少しでもイキのいいフォワードやトップ下の選手が現れると次々と後継者認定していったので、メッシも表面上は英雄のお言葉に喜んで見せてはいるものの、内心は複雑な感情を持っていることは間違いないだろう。ちなみにマラドーナが認定した「後継者」は分かっているだけでも、アリエル・オルテガフアン・ロマン・リケルメパブロ・アイマールハビエル・サビオラアンドレス・ダレッサンドロカルロス・テベスセルヒオ・アグエロと大勢存在する。

[編集] バルサの中での評価と将来

また彼はバルサでもスピードに乗ったドリブルから左足の鋭いシュートでゴールを量産しており、バルサのサポーターからは「メッシが居れば高級住宅地に住んでいる音楽家気取りACミランでもアーセナルでも行けばいいさ。でも、レアルだけはやめてね」と、今ではロナウジーニョを凌ぐまでの存在にまでなっている。でも、かつてレアルに所属していた、スペインを代表する歌手フリオ・イグレシアスは「カタルーニャの田舎もの諸君、せいぜい今のうちに騒いでいればいいさ。メッシはきっと僕の後輩になるだろう」と予言している。実はルイス・フィーゴがバルサで活躍したときもフリオはこのような予言をしており見事に的中した。よってただでさえレアルOBということで憎まれているバルセロナ市民からは「『黒い瞳のナタリー』しかヒット曲の無い一発屋野郎め!KYしろ!」とますます忌み嫌われているのである。

[編集] 伝説

• 7シュート20ゴールは当たり前。調子がいいときは0シュートで23ゴールを決める。

• メッシに睨まれたキーパーは失禁する

• あまりに点を取るので攻撃方向のゴールをなくして試合が行われたが、20ゴールを決めた。

一寸法師より小さい頃でも、QBKと違いボールが来ても受け止めてしっかりゴールした。

• まだ生まれてもいなかったのに、キャプテン翼のモデルとなった。

[編集] 電子蹴球妖精説

スタープレイヤーと呼ばれるにふさわしい能力を持つ彼だが、一部の関係者は「メッシはプレステの選手」と、彼の正体は「ゲーム業界が放ったサッカーマシン」であることを暗に示すコメントを残している。最近はウイニングイレブンFIFAシリーズのイメージキャラクターを務めるなど、ゲーム業界との結びつきを公表している模様。出自には諸説あるが主に以下の三つが有力。

サッカーデバイス説
任天堂ファミコンロボの延長と考えれば分かりやすい。彼はサッカーをするために作られた「道具」で、操作や判断は中の人がリモコンで行っているという説。ただし中の人にもウメハラ級の実力が要求される。
サイボーグ説
身体を機械化して高い身体能力を得たという説。彼が少年期に受けた低身長の治療は改造手術のカモフラージュと言われる。
ロボット説
身体も頭脳も全て機械であるという説。人間離れした判断力やセンスを持つ理由にも説明が付く。メッシの私生活をよく知る者は「メッシはとても寡黙でストイック」と語るが、これはコミュニケーションAIの能力不足を誤魔化すためと言われる。彼のAIが形成したサッカーアルゴリズムはゲーム業界に還元されサッカーゲームAIへ移植される、と尾ひれが続く説もあるが、メッシのAIを流用した割にゲームのAIは弱すぎるので信憑性は薄い。

[編集] 関連項目

この項目「リオネル・メッシ」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)
個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語