リバータリアン

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Aonisai.gif

この項目は、主に現役中二病の視点により書き込まれています。

この記事は主に勉強部活もやらずに暇をもてあました中高生が中二病全開で執筆しています。内容には受け入れがたいものがある可能性があります(ただし執筆した当人は本気で面白いと思っています)。あまりの痛々しさに直視できない場合は、ウィキペディアに逃げてそちらの記事を改善するか、検索サイトでも使っててください。発達心理学者の方は、まれに研究対象として役に立つかもしれないのでがんばって読んであげてください。

リバータリアンとは、米国の「立派な大人」が自称するという妄想じみた「企業厨」である。

概要[編集]

全てを個人と企業に任せ、国家のあらゆる介入を排除すれば、全ては上手くいくという信念を持つ人間がリバータリアン、その思想がリバータリアニズムである。より極端になると、国家など無用、警察や軍隊も民営で十分と唱え始めることもある。単純明快な思想なだけに世界に普及しているが、口先なら世界一の自由の国、米国で特に人気が高い。

国家無用と聞くと、アナーキズム系左翼思想の香りがするが、放課後ティーパーティーに集うリバータリアンは企業への無条件な信頼をもとに、むしろ右翼保守思想への親近感を示すことが多く、類似性を突っ込まれると「俺らは決して無政府主義のサヨクに非ず」と応答してくる。彼らにとっての民主党はナチスと同義語だ。  

主張[編集]

これらがリバータリアニズムの主な主張である。「個」の称揚については後述する。

国家よ、俺たちは私生活へのあらゆる干渉に反対する
国家よ、俺たちの個人情報をそんなに把握しようとするな
国家よ、お前のセーフティーネットなんて糞くらえ
国家よ、健康保険なんて要らないぞ
国家よ、累進課税の所得税を通して財産を奪うな
国家よ、妊娠中絶やゲイの生活に干渉するな
国家よ、銃規制をするな
国家よ、外国の安全保障なんかのために基地を国外に建てるな

これらの主張は、企業を主語にするとこのように変化する。

企業よ、俺たちは私生活へのあらゆる干渉に賛成する
企業よ、俺たちの閲覧履歴をしっかり把握し、おすすめ商品を提供してくれ
企業よ、失敗しても再起できるようなセーフティーネットをきちんと用意しろ
企業よ、君たちの健康保険ならどんなに高金利でも大歓迎だ
企業よ、逆進価格になるよう価格差をしっかりつけて貧乏人から財産を奪い取れ
企業よ、妊娠中絶者やゲイが冷遇されるように顧客管理しろ
企業よ、キチガイに銃を売ってしまわないようしっかり規制しろ
企業よ、海外進出企業の利益のために民間軍事会社を通して護衛してくれ

しかし、セーフティーネット云々は企業が用意しそうにないので、結局自分たちの「慈善団体」が用意することになったのだとか。

個の称揚[編集]

リバータリアンはまた、団体に対する個の自由を称揚する。「個」への信用は極めて強く、仲間や友人という概念など不要と思えてくるほど個を信奉する。その思想ゆえに孤高の存在となっても、気が狂ったような大声を人前で上げるようになっても、個への信用が揺らぐことは決してない。

しかし、企業とは団体であり、チームプレイが何より重視される組織である。個が裁量を効かせられる場面は極めて少なく、そうしたことができる地位に出世するためには数年間の我慢が必要とされるのはどこの業界でも常識だ。しかし、リバータリアンはこうした相克に対して真剣に思考することを避ける傾向にある。

実像[編集]

国家は否定しても、企業ならどんなに干渉しても構わないというのがリバータリアンの信念である。そう思い込めるのも彼らが自分たちをグローバル経済を勝ち抜ける「エリート」と自己定義しているからだ。

しかし、彼らは本当にグローバル経済の勝ち組なのだろうか?米国の叡智を真に支えているのは、進化論を否定された環境で育つ貧しい白人ではなく、ティーパーティーなリバータリアンから共産主義者扱いされているエリート大学の面々のはずだ。そんな俊英たちが、国家と企業との間でこんなにユーモラスな顔をみせる言説を大真面目に信じるとは想像しがたい。

個を何よりの基盤に置き、聖書を引用して何かの天才幻想に浸っているリバータリアンの主張をきいているとむしろ、その根拠なき万能感を企業に都合の良過ぎる言説にとらえられ、踊らされている姿がみえてくる。実際には起業するだけの人脈も資金も商才も備えていない「自称・超万能完璧超人」が、リバータリアニズムの虚妄性を奥底では知っていても客前では信じている振りをして金儲けするCEOによっていいように操られているだけにみえる。

彼らの抱く魔法めいた「エリート」幻想とは実のところ、実態ある能力に支えられている訳では決してなく、客観性という科学の前にあっさり解体させられる程度のものに過ぎない。よしんば、リバータリアンがある程度の能力や資格を持っていたとしても、商才を持っていなければ、その思想を奉じる振りをして貧困者から富を吸い上げるCEO様にその才能を激安価格で買い叩かれるしかない。それも企業社会の冷酷な真実だ。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「リバータリアン」の項目を執筆しています。