リンゴ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「リンゴ」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「リンゴ」の項目を執筆しています。

リンゴ(林檎)とは、バラ科リンゴ属に属する樹木、またはその果実。つまりバラである。よって青いリンゴは存在しないとされている。

概略[編集]

りんごは聖書にも登場し、アダムとイブが食したとされ、長らく伝説上の植物であるとされていた。なお、聖書のどこにも「りんご」という言葉が出てこないことや、聖書が書かれた当時のパレスチナエジプト一帯にはりんごが存在しなかったので聖書を書いた人たちはりんごを知らないことなどから考えれば、アダムとイブがりんごを食べたという事実はこの果物の神秘性を表す重要な証拠となっている。

このように存在そのものが曖昧だったりんごであったが、17世紀にニュートン重力の実験中に偶然、次元の歪みからりんごを出現させ、それ以来世界のいくつかの地域ではりんごが採れるようになった。

日本におけるりんご[編集]

日本においては、青森県が主な産地とされているが、これは恐山イタコの存在など、青森県が的な力に満ちていることに関係があるのではないかとされている。

何て言ってるのか聞き取りづらい歌では、腐りかけのリンゴが登場する。

また、日本には「死神はりんごしか食べない」というが存在する。ちなみに意味は文の中に暗号を隠すこと。この事からりんごが、死神といった超常的な存在と昔から深い係わり合いがあったことが分かる。

欧米のりんご[編集]

ヨーロッパでは、その特徴から「リンゴの実が赤くなると医者が青くなる」という諺がある。リンゴは摘んで放置しておくと老化ガスとをかくため、それを見た医者は老化してしまった急患が訪れると勘違いしてしまうからである。

使用方法[編集]

白雪姫にも登場したリンゴ。
に食われたリンゴ

りんごにはいくつかの使用方法がある。ここでは主要な使用方法4つを紹介したい。

みかん成熟法[編集]

りんごが発する老化ガスは、周囲の物体に多大な影響を与えることがある。 これを利用し、みかんをつめた箱にりんごを入れておくと、甘くなり、最終的にはオレンジジュースへと変容する。

ジャガイモと同居させておけば、腐ったような緑色になり、触手を延ばさせて奇怪な怪物に変容させることもできる。

ウィリアム・テル[編集]

りんごの毒々しいは昔から弓矢の的として最適であった。これを利用し、ターゲットへりんごを送りつけ、それを頭上に乗せ、ボウガン狙撃してもらうという暗殺方法である。

CDを出す[編集]

漢字林檎と書いた場合のみ可能な使用方法である。

りんご威圧法[編集]

りんごを片手でつぶすことにより相手に己の力を見せつけて威嚇することができる。 これは、りんごの持つエネルギーより自分のエネルギーのほうが勝っている事を見せつけるためである。

顔をそれこそ林檎のように真っ赤にして、握り潰そうとしても果たせなかった場合は、ミカンでも握っていればいい。

りんご健康法[編集]

りんごをかじり歯の跡を見せることにより、健康な歯をアピールすることにつながる。

また、りんごを齧り、歯茎から血が出るのは、不健康な歯肉をアピールすることである。

流通経路[編集]

元来は農家栽培収穫し流通ルートへのせるという販売方法を取っていた。 だが近年、農家の負担を軽減させるため、農家が栽培したりんごを自主的に収穫し、販売していく業者が登場し、拡大してきている。

関連項目[編集]

くくくっ、誰もリンゴに書き足していないじゃないか。
このままだと俺がデスノートに名前書いて消しちまうぜ。 (Portal:スタブ)